■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヨーソロ 三笠」 最終章 坊主頭
平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。筆者の実体験に基づく奇想天外な物語。もちろん、フィクション。

まずは第1章から第14章までお読み下さい。

 源太は、はっと目を覚ました。携帯電話を片手に自分が今、目にしているのは楽隊の演奏だ。艦尾の甲板上である。そして、艦が止まっている状態、いや固定している状態であることに気付いた。そして、それは源太にとっては三ヶ月以上も前に目にした光景だったことも。
 そうだ、今は二〇〇八年五月末日の横須賀の三笠公園にいる。源太は携帯電話をポケットにしまった。手で頭を触った。髪の毛がふさふさに生えている。三ヶ月間、ずっと坊主頭だったのがふさふさで長く伸ばした状態に戻っている。着ている制服には血などは全くついていない。
 源太は、ずっと夢を見ていて、それから覚めた状態であるのに気付いた。だけど、それは立ったままで、ほんの数秒のことだ。たった数秒のことが三ヶ月以上に感じられた。不思議な感覚だ。あれは時空の旅だったのか。だけど、夢だとしても、とてもリアルな夢を見た気分だ。
 楽隊の演奏が終わり、日本海海戦記念式典は終了。一同解散となった。源太は自分の荷物を取りに甲板下の着替えをした部屋に行った。制服を脱ぎ、元着ていた服に着替えるが、パンツ一丁になった時、源太はあるものが気になった。テーブルに置かれたかつての水兵が着用していたという白い褌だ。なぜか今着ているパンツの着心地がいいものとは思えない。これの方が着心地がよさそうだ。せっかくだから着替えようと思い、パンツを脱ぎ、白褌の下着に着替えた。パンツはバッグの中へ。
褌

 ああ、この感触だ。体が覚えている。どういうことだ、まさに着なれた下着という感覚だ。
 源太は記念艦を降り公園に出た。自衛隊員勧誘のテントに向かった。多神に会うためだ。制服と水兵の帽子を返さなければならない。だが、テントに田上はいなかった。その場にいた勧誘の隊員に「多神さんはどこに?」と訊くと、
「ああ、多神さんは急に用事があって基地の方に行ってしまいましたけど」という答えが返ってきた。仕方ないので、制服と水兵帽はその隊員に渡し、源太は原子力空母配備反対運動の活動事務所へ向かうことにした。その前に、携帯で電話を入れようと思った。源太は携帯電話の電源を入れた。そして、電話をした。出た相手は、平和団体の女性だ。名前は玲奈という。彼女は、源太の彼女、友達以上に親しい関係の女性である。画家というアーチストで世界中を回って平和運動をしている活動家で、大学時代から知り合い、そんな深い関係になった。
「玲奈さん、源太だよ。これから事務所に向かおうと思っているんだけど」
「いや、もう直接、会場のヴェルニー公園に向かって。すでにみんなも向かって準備をしているから」
と玲奈の返事。
「そう、分かった。向かうよ」と源太。と、突然、通話が切れた。携帯電話の電源が切れたのだ。あれ、と源太は思った。今朝、フルに充電した状態で持って行ったはずなのに。フルに充電すれば丸二、三日はもつのだが、どうしたのだ。まあ、大したことではないと思い、源太はヴェルニー公園へと向かった。
 

続きを読む >>
スポンサーサイト
三笠 | 22:18:07 | Trackback(0) | Comments(0)
「ヨーソロ、三笠」 第13章 覚悟の乗艦
平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。筆者の実体験に基づく奇想天外な物語。もちろん、フィクション。

まずは第1章から第12章までお読み下さい。


 艦上での朝礼の時、砲員長である多神は源太が整列の中にいたのを発見して驚いた。同時に、艦橋から水兵の列を眺めていた東堂長官も驚きを隠せなかった。
 朝礼が終わると、多神が話しかけようとしたが、士官の男が源太に近付き、長官室に行くように命じた。源太は、多神に一礼して長官室へと向かった。
 長官室で東堂は、やや怒りの表情をして、
「おはんはいったいどげんつもりでおんのか。本物の戦闘となったら、おはんなど耐えきれんぞ」
と怒鳴って言った。
「長官、陸に戻っても意味がないと思ったのです。お分かりのように、この時代には僕は何のつてもありません。長官のお知り合いの方が世話をしてくれるのでしょうけど、どうせこの時代で自分がまともに生き続けられるとは思えません。これでも二十世紀の歴史については知っています。それに僕はこの艦にいながらこの時代に来てしまいました。そして、それにそれなりの意味があるのだと思うのです。逆を返せば、元の時代に帰りたいとしたらこの艦にいなければならないと。この艦にいて一縷の望みに賭けたいのです。もしかしたらそれが神様から課せられた使命かもしれません」
 源太は緊張しながらも、自分の決意を語った。軍隊的にいえば少し身勝手な行動を取ったのかも知れない。だが、自分は特殊な立場である。
 源太の言葉を聞いて東堂の表情が緩んだ。
「ほう、おはんのいうことはもっともなように聞こえる。確かにじゃ、おはんが陸に戻っても、この時代を生き続けるのは大変じゃろ。しかし、覚悟は出来るおるのじゃな。おはんも知っておるじゃろうが、この艦にもかなりの砲弾が飛んでくる。一つ間違えば、死ぬことになる。それにこの艦にいる限り、戦闘員として訓練で習ったように敵艦に砲弾を撃ち込まなければならん。戦争は嫌だと言っとっただろう。おはんには、その覚悟ができておるか?」
「この艦に居続ける限り、どんな命令にでも従います。規律を乱すことをするつもりはありませんし死ぬことも承知済みです。お願いですからいさせてください。どんなことでもしますので」
 源太は深く頭を下げて言った。
「よかろう。ただし、この艦の軍楽隊員に課しているように負傷兵の手当や運搬、甲板の整備や消火活動を主にしてもらう。ただ分かっておるように、いざ砲員が足りなくなった時は、交代要員として砲撃をしなければならんぞ」
「はい」と源太。
「それから、これはずっとおはんが持っていなさい」と東堂は言い源太の携帯電話を差し出した。電源を切った状態だ。
「おはんはこれを使っている時に、この艦で時空を超えたのだから、これが必要になる時が来るかもしれん」
と言いながら源太に手渡した。
「ありがとうございます」
「ところでだが、この際、聞いておきたいことがある。おはんの話を聞いて思ったのだが、この戦争が終わった後に、いったい日本で何が起こった。第二次世界大戦とか言っておったな。もしかしてそれがおはんの、その平和主義といかいうのと関連があるのではないか」
 東堂のぎょろ目をした表情を見て源太は、思い切って話すことにした。話してはいけないことかもしれないが。
「この戦争の後、二つの世界大戦があり、日本はどちらにも宣戦します。一つ目はヨーロッパでの戦争に協力する形で、中国大陸でします。日本は勝った側について戦争が終わります。問題はその後です。貴方がお亡くなりになる後の話ですが、日本は中国大陸で戦争を始め、そして、ヨーロッパ諸国で起こった大戦に関わる形で世界大戦に加わります。そして、この戦争では日本は大敗するのです。多くの犠牲者を国の内外で出してしまい、それにより日本は二度と戦争をしない国となる道を歩むことになるのです」
 源太は淡々と語った。東堂は無表情に聞いていたが、しばらく沈黙の間をおいた後、
「なるほど、おはんがあんなことを言っていたのも頷ける。負けたからこそ、そんな考え方になるのじゃろう。おはんの国では、軍隊はどうなったのじゃ」
「軍隊は新しい憲法によって廃止され、代わりに自衛隊という名の自衛を目的とした軍隊を持つことになります。ただ、それは軍隊ではないので、武器は持っても戦闘はしないことになっております」
「何? 武器があるのに戦闘はしてはならぬというのか。それはおかしな話だな」
「二度と間違った戦争を起こさないためにも、軍隊としての活動は制限しようという考え方です」
「ほう、実に奇妙じゃが、それは戦争に負けると勝った国が課してくる要求じゃな。この艦は記念艦になっているということじゃが、おはんはいったいどうしてこの艦に来たのじゃ。戦争は嫌だと言っとたではないか」
「単なる偶然です。道に迷って辿り着いたのです。本当は別のところに行くはずでした」
「別のところ?」

続きを読む >>

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

三笠 | 20:16:53 | Trackback(0) | Comments(0)
「ヨーソロ、三笠」 第10章 現実主義者
平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。筆者の実体験に基づく奇想天外な物語。もちろん、フィクション。

まずは第1章から第9章までお読み下さい。

「なぜ、平和主義者でないと言い切れるのです」と言い返した。自分は、誰よりも、少なくともこの艦にいる者たちのなかでもっとも平和主義な人間であると源太は思っている。
「武器を持たずして、平和が守れると思っておるのか?」
「武器があるからこそ争いが絶えないのだ。そもそも、戦争など愚かなことだ。こんな戦艦を出しに行くほどの争い事をどうしてしてしまったんだ?」
と源太は東堂を責め立てるように言った。
「おはんは、この戦争のことを知っておるのじゃろう。渡した紙にも書いてあっただろう」
「はい、知っています。ロシアと中国大陸で争ったことでしょう。その紙以外にも、学校で歴史の時間に習いました。今ここでは、真っ最中のことでしょうけど」
「そうじゃ、まさに真っ只中で我々は戦っておる。結果の分かっているおはんの時代と違い、これからどうなるかも分からない手探りの状態に置かれておる」
 手探りの状態、と聞いて、一郎は東堂に訊きたかったことがあった。
「バルチック艦隊が日本海を通るか通らないかを含めてですか?」
「そうじゃ」と東堂。
「僕が、この時代に来て、まるで神の遣いのように、その問いに答えたということになりましたね」
「ふふ、おいどんは、当初から日本海を通ってくると予想しておった。だが、それでも相手が裏をかくということもよくある。あらゆる可能性を頭に入れておかねばならん」
 東堂は、微笑んで答えた。源太は、面白い人だと思ってしまった。
「でも、そうまでしてロシアと戦わなければいけなかったのですか、この戦争ではたくさんの兵士が死にます。今、この艦にいる兵士の中にも、死者がでることは確実です。なのに、どうして、話し合いはできなかったのですか?」
 源太は迫るように言った。
「話し合いという外交は、さんざん尽くした。外交はうまくいく場合もあるが、いかない場合もある。相手が頑として譲らないのならば、最後は武力にして訴えるしかない。最後は力が正義、力が法となる。それが世界だ」
「それが愚かなことだ」
「ほう、ならば、それでものごとは解決するのか? こっちが何もせねば、相手は好き放題にしてくるぞ」
「だけど、人と人が殺し合うなんて許せないことだ」と一郎は怒りを込めて言った。
「これは人と人との争いではなか、国と国との争いごとじゃ」
「でも、戦争では人が殺される。ロシアの人がそんなに憎いのですか?」
「憎む? 憎んでなどおらん。彼らは我々と同じだ」
「同じ?」どういう意味だと思った。

続きを読む >>

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

三笠 | 15:17:25 | Trackback(0) | Comments(0)
「ヨーソロ、三笠」 第9章 平和主義者
平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。筆者の実体験に基づく奇想天外な物語。もちろん、フィクション。

まずは第1章から第8章までお読み下さい。

 不思議なタイムスリップ入隊から数週間、思いのほか、艦での生活には慣れていった。支給された衣蓑の中の服は全てサイズを直し、甲板掃除、砲身磨き、朝の体操、砲弾訓練など、どんどんこなしていった。艦内では誰よりも体力があったので、何ら肉体的についていけないことなどなかった。唯一、こまったのが、入浴が週に一回のみということだろうか。だが、水が貴重品の艦ではそれもやも得なく思える。
 本当に、この艦、いや船が戦争に向かっているのだろうか信じられない思いである。それほどまでに艦での生活が自分に合っている感じがした。
 だが、あることで、それが一変する。それは水兵たちを集めての戦術講習の時間での出来事だ。ある部屋に数十人ほどの水兵たちが集まる。教官として黒い制服の士官が黒板と影絵の書かれたボードを使い、これからの戦闘に関しての詳しい解説をするのである。
「すでに我々は戦闘態勢に入っておる。これまでも、この戦闘がどんなものになるかは解説してきたが、間近に迫った今、改めて説明をし直そうと思う。まずはこれが何だか分かるな」
 ボードを持ち上げた。白い背景に黒い影絵が、船の形のようだ。
「くにゃー、スワロ」
と数人が言うと、
「クニャージ・スワロフだ。ロスケの名前は覚えにくいのう。国親父、座ろう、と覚えておくものだ。要は、しっかりと見分ければいい。バルチック艦隊の旗艦だ。この艦の中にあのロジェストウェンスキー中将が乗っておる。これをたたいて沈めれば勝利はこっちのものだ」
 たたいて沈める、この言葉に源太はびくっとした。
「我が軍は、バルチック艦隊二十隻以上と対峙しなければならない。敵は、はるばるロシアから一万八千海里を渡ってくる。かなり疲れてやってこようが侮ってはならない。ましては我々は奴らがどこを通って、ウラジオストックに向かおうとしているかさえ掴めてない。対馬海峡で待機しておるが、必ずしも対馬海峡であるとは限らん。太平洋を北上して、津軽海峡を通っていくのかもしれん。もしそんなことになったら、せっかくの準備も台無しとなる。場合によっては、これから太平洋に進路を変えなければならなくなるかもしれない。そうなると敵に追いつけなくなるかもしれん」
 この説明で、源太は東堂の言っていた「神のお告げ」が分かったような気がした。源太は東堂にバルチック艦隊が確実に日本海を通ってウラジオストックに行くことを伝えた。
「敵と出くわしたら、我々がすることは丁字型戦法だ。敵が進む前を横切るように、真上からみると丁字に見える形が理想だ。我々はその丁の横線となる。敵は縦線だ。敵は前方の主砲でしか我々を攻撃できないものの、我々は右又は左の機関砲全てと船首、船尾の主砲を方向を変え使える。断然、有利な攻撃態勢となる。だが、分かっておるな。敵もそのことは知り尽くしておる。黄海での大戦では、敵もそのことを読んでおり、並列の体制となり我々に膨大な被害を与えた。数多くの仲間を失った。今度は、そうならんためにも、ターンのタイミングが重要となる。なので、その態勢が出来上がるまで、この艦は敵を見ることがあっても攻撃はできん。そして、それまでは我々の側が徹底攻撃を受けることになるじゃろう。我々は先頭をゆく旗艦だ。なので、ひたすら堪え忍ばなければならん。一人一人、命をかけてもだ。いつでも死んでおく覚悟をしておけ」

続きを読む >>

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

三笠 | 20:47:15 | Trackback(0) | Comments(0)
「ヨーソロ、三笠」 第5章 未来の品々
平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。

まずは序章第4章をお読み下さい。

「ああ、知っておるが、モールス信号の無線と電話がどうしたというのか」
と訊く東堂。
「これは、その電話と無線機通信が合体して、どこでも持ち運べるようにした機器です」
「それは誠か?」
「ええ、だが、残念ながら、この世界では、その通信技術をご紹介することはできません。これに対応する電波基地が存在しませんから。ただ、これは電話や通信をするだけの機器ではないのです。この機器にはカメラ、つまり写真機と映写機の機能も入っているのです」
「なぬ?」
と言った東堂の表情を源太はボタンを押し撮った。「カシャ」と写真のシャッター音に似せた撮影が完了したことを知らせる音が響く。その音にまず驚くが、源太が、それを撮った画面を見せるとさらなる驚愕の表情になった。
「これは、おいどんではないか。それも色がついて、この、何だ? たった今、この板に写したのか。現像もせずにか」
「ええ、一瞬で写せるんです。もちろん、カラーで」
「ほう」
 東堂は液晶画面に写った自分の顔をまじまじと見つめる。
「次に、映写をします。同じくカラーで、動く写真。活動写真といえば分かるでしょうか」
「ああ、活動写真かね」
と言う東堂を源太は携帯カメラで撮影していた。約十秒足らずだ。そして、画面を見せ再生する。
「こんなに小さくて薄いものじゃが、音も吹き込めるのか。この時代の活動は絵は動いても音は出ん」
「ええ、そうですよ。僕の時代では当たり前のことです。そんな活動写真がたくさんあり、本来ならこれよりずっと大きい画面で見て楽しむことができるのです」
「これが未来の技術かな。となると、未来にはおいどんのような者にとっては想像もつかないような光景が見えるということか」
 未来の光景、想像もつかない、という言葉で源太はおもいついた。この時代でも変わらぬ未来の光景を見せよう。
「これはどうでしょう? 皇居、あ、この時代では宮城とか呼んでいたはずですよね。天皇陛下の住まわれていた場所ですが、それを撮った活動写真もあります」
と源太は、保存データから、一ヶ月前に訪ねた時撮った皇居周辺の動画を選び再生した。

 東堂が唖然とした表情で見る。
「これが陛下のいる宮城の辺りというのか」
 二十一世紀の宮城だが、石垣や濠、外苑、二重橋は変わらない姿だ。しかし、それらスポットの周囲には高層ビルが建ち並び、明治時代とは全く違った光景であるのに驚く。
「こんなに周りは変わっておるが、陛下はおられるのか」
「ええ、もちろん。ひい孫の方が跡を継いでおられますけど」
「ほう、天皇家は続いておるのか」
と何だか嬉しそうな表情だ。源太は、携帯電話の他にポケットにあるものとして財布を取りだした。
「これも見てください。未来のお金です。ご存知の方が印刷されているので分かるかと」
と源太は言いながら、財布からお札を三枚取り出した。丁度、一万円札と五千円札と千円札が一枚ずつ入っていた。
 福沢諭吉、樋口一葉、夏目漱石の肖像画が印刷されている。源太は一枚一枚見せて紹介した。
「おう、どなたもおいどんが知る人ぞ。福沢どんはよく存知あげておる。会ったこともある。一万円という価値はある方じゃ。それから、樋口一葉とは物書きとして有名じゃが。夏目漱石、おう夏目金吾郎は、この艦の参謀の秋山真之と学校で同期で予備門に入って帝大で教えておるとか、また、小説も書いてとるとか聞いていたが、ほう、未来ではお札になっとるか。それも千円札とは。大金じゃな」
「言っておきますが、この時代の価値と比べてかなり下がる額ですから、僕が未来から来た人間だということは信じていただけましかね?」
「おう、信じる。というか、おはんは、さっき最初に目にした時から、そんな人物だということは分かっておった」
 威厳たっぷりに東堂は源太を見つめて言う。


続きを読む >>

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

三笠 | 21:29:41 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。