■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
原発問題を考える小説: 記憶 第4章 レリーフ
原発に関する深刻な問題を問いかける。軽小説スタイルで。

まずは第1章から第3章をお読みください。


石版に情報やメッセージを彫り込むというのは、古代から人類に受け継がれ、最も原始的でありながら、もっとも確実に伝承のできる手段といえる。現代では、コンピュータを使いデータをディスク上に埋め込むのが最も最新の情報保存手段だが、これは電気がない限りできない。また、機械が壊れてしまえば、再生して読み込むことは不可能だ。精密機械は管理をどんなに徹底しても数十年としかもたないものであることは実証済みだ。何とかデータがディスクや機械が劣化する前に、新しいものに移し替えないと再生不能な状態になり記憶が消え去ってしまう。少ないスペースで多量な情報を保存でき、検索機能なので自在に情報を取りだし読み込める機能を持った最新鋭の媒体だが、長期の保存という観点では実に脆いものだ。

電子データより確実な方法というと、紙やフィルムである。それならば、手にとってすぐに情報が読めたり見たりすることができる。だが、これも劣化していき、判読不明な状態になる媒体だ。そんな柔らかいものに比べ、重く硬い石版は、彫り込めば、それがそのままの状態でかなりの長い時間、情報を保存できる。古代文明の足跡は、ほぼ石版を読んで多くの場合知り得ている。
なので、この文明の人は、そのことを考え、写真を正確にレリーフ化する技術を発明し、後世に伝える手段を取ったのだろう。

その壁面、何枚かの写真レリーフが連なって彫り込まれているようだ。場面が移り変わり物語のようになっている。まずは、子供たちが手をつないで遊んでいる様子。実に楽しそうだ。服装や外見は今と変わりない。人種は、色が分からないので特定できない。顔付きの特徴からすると、やや浅黒い有色人種のような感じがするが、白人ということもあり得る。いずれにせよ、人類であることは間違いない。森の中で歌ったり踊ったりしている感じがする。
そして、街の通りの様子。暗い夜に灯りが灯った状態を写している。テレビを観ている人々。コンピュータらしきものを扱う人々の姿。工場で機械を動かす人々の姿。どうやら電気を使って生活していることがうかがい知れる。実に高度な文明だ。その高度な文明と共にとても豊かな生活をしていたことを伝えているらしい。
「すごいぞ、すごいぞ。まさにオーパーツだ。かつて、現代に匹敵する高度な文明が古代に存在したんだ」と興奮気味のインディ。

リヒャルトは、インディと同様に興奮を感じていたが、同時に思った。そんな文明がなぜ、現代まで続かず消えて、こんな遺跡として発見されているのか。古代から現代の間、いや古代から我々の知りうる有史の始まりまでの間に何が起こったというのか。

すると、その次の写真レリーフに目が留まった。これは火山の噴火か。大きな煙の柱が立っている。その下に岩のようなもの。はあ、この辺りに火山はあったかな。どんな火山かと思い、煙の元である写真の下の方を見ると、それは火山にしては、形が変だ。山にしては形が人工的なような。山形というより、幾何学的な台形に近いような。となると、何か人口の建造物。それが大爆発を起こした?

そして、その隣の写真を見る。驚きの写真だ。苦しむ人々の表情。最初に見た子供たちとはうって変わって重い病気にかかったような子供たちの表情だ。実に苦しそうだ。子供以外に、大人の病人も移っている。そして、その子供や大人を看ながら涙する人々。何が起こったのか。その爆発が影響したかのような印象を与える。
「きっと火山爆発で被害を受けた人々なんだ」とインディ。
「でも、この辺りには火山はないと思うが」とリヒャルト。
「かつてはあったのだろう。もう死火山となって地中に埋もれたのかもしれない」
「そうか、それは考えられるが、この病人たち、火山の影響という割には、怪我はしてなく、何か病気にかかったように見えるんだが」
レリーフから見る限り、怪我人というより、内臓をやられた病人のように見える。
「火山から有毒ガスが撒かれ、やられたんだよ。きっと」
「そうか、それなら説明はつくな」
「うわあ」とクルーの叫び声が聞こえた。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

原発 | 21:47:30 | Trackback(0) | Comments(0)
原発問題を考える小説: 記憶 第3章 星とピエロ
原発に関する深刻な問題を問いかける。軽小説スタイルで。

まずは第1章第2章をお読みください。

ロゼッタストーンとは、エジプトで発見された古代エジプト文字とギリシャ文字が刻まれた石碑である。エジプト文字の文とギリシャ文字の文が並列に同じ分量で書かれていたので、内容も同じものだと推測された。18世紀に発見され、19世紀に解読がされた。その解読を手掛かりに他のエジプト文字の文書も次々と解読されるようになったという。

見た感じ、壁面はロゼッタストーンのように多言語の同じ内容の文章が並べられているように見える。多言語の境界にはロゼッタストーンのように横線が引かれている。6カ国語ほどだ。だが、どれも見たことのない文字や記号だ。古代エジプト文字でもギリシャ文字でもなければ、それ以外の思い当たる古代文字にも当てはまらない。もちろんのこと、現代で使われている言語の文字であてはまるものは全く見られない。西欧の言語で使われるアルファベットでもなければ、ロシアや東欧でみられるキリル文字でもなければ、中東のアラビア文字やペルシャ文字、東洋の漢字やハングルやカナなどでもない。
「これぞ新発見だ。未発見の古代文明を証明するものだ。大手柄だぞ」と目を輝かすインディ。このインディは古文書解読の天才でもある。その彼が、未発見というのだから、これは未だに発見されていない古代文明で使用されていた文字であったということか。

何と書かれているかは、これから探り出すことになるのだろう。しかし、ロゼッタストーンと違い、比較するためのギリシャ文字のような我々にとって理解可能な文字が全く見当たらない。いったいどうするのか。新しい文字や記号だけでは何も分からないではないか。
「おい、絵らしきものも彫られているぞ」とクルーの一人が指し示す。

続きを読む >>

テーマ:まったり小話 - ジャンル:小説・文学

原発 | 14:58:50 | Trackback(0) | Comments(0)
原発問題小説: 記憶 第2章 トレジャーハンター
原発に関する深刻な問題を問いかける。軽小説スタイルで。

まずは第1章からお読みください。

インディは野心家の考古学者であった。これまでに数々の遺跡発掘を成し遂げ考古学者として世界的に名をあげている男だが、それは名誉のためだけではなかった。彼は、考古学者であると同時にトレジャーハンターでもあることで知られているのだ。古文書を元に場所を突き止め、地中深く穴を掘り、そこから過去の権力者が埋蔵した財宝を探し取り出す。それを博物館に研究用に寄付することがあれば、発掘者として財宝を保有し、リッチなコレクターに売っては大金を稼ぐのだ。稼いでは、その金を元手に、さらに発掘をし新たな財宝を探し当てる。

リヒャルトは、これまで何度も、インディの発掘作業の手伝いをしてきた。当然、それなりの報酬もいただいて、とても嬉しい思いをさせてもらっている。だから、少々忙しくとも断ることはなかった。他より優先させても、それだけのメリットは十分過ぎるほど享受できる。休暇などとるのはもったいない。

飛行機とバス、ジープを乗り継ぎ、数日後、そのジャングルに着いた。そこでリヒャルトと数カ月ぶりに再会。相変わらずの自信満々の表情であった。
「リヒャルト、これは大獲りものだぞ。おそらく考古学史上、最大の発見だといっていい。この辺で、ダム工事のボーリング調査をするため掘削したら、こんな入口が見つかったんだ。何とかドアをこじ開けてみたら、地下に通ずる道があって、そのうえ、地下深くに延びる階段とエレベーターらしき空洞があったんだ」
「エレベーターらしき? おい、でもこれって、過去の遺跡だろう。そんなものがどうしてだ?」
「それをこれから探ろうっていうのだよ。俺の分析では、この当たりの地形からして、ここを入り口として、地中深く穴を掘れたのは1万年ぐらい前だと推定される。お前も地質学者だから分かるだろう」
「1万年前?」
1万年前といえば、エジプトのピラミッドやアラブのメソポタミア文明よりも古い。そんな時代に誰が。それほどの科学技術を持った民がいたとなると、それは、明らかに考古学上の大発見になること間違いない。

続きを読む >>

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

原発 | 17:22:03 | Trackback(0) | Comments(0)
対決小説「御用学者vs.市民科学者」 プロローグ
2011年3月

 東北地方を強い地震が襲った。大地震のあとには、想定外の大きさの津波が襲い、広範囲に渡っての被害が報告されている。地震列島の日本では、地震は年中行事といっていい。だが、この地震はいつものとは違った。それは、地震の後に大津波が襲ったことと、その津波の直撃を受けた海岸沿いの建造物の中に原子力発電所があったことだ。

 テレビでは、どのチャンネルも、地震と津波の被害についての報道を流し続けている。地震発生から半日ほどの時間が流れ、海岸沿いの町の崩壊した建物や火災の中継映像が続々と流れている。同時に、被害状況を報告して対策を発表する所轄官庁の記者会見映像も続々流れる。その中で、経済産業省の原子力保安院の会見映像が流れた。
 内容は、現在、福島県の東日本電力浜通り原発で異常放射能が検出されたこと。地震で外部電源が切れた上に津波により非常用電源も被害を受け、現在、懸命の復旧作業に当たっているとのことであった。

 テレビは報道スタジオの映像に戻った。番組は、二人の原発に関するエキスパートを参加させている。国の原子力委員会の委員長を務めたことのある東都大学原子力工学博士の寺田惣一氏と市民の立場から原子力に関する情報を長年に渡り発信してきた男、高嶺義雄である。二人は同年齢で、東都大学出身の同期生である。かつては同じ研究室にいたことがある。
 二人の真ん中に座るキャスターは、寺田の方を向いて話した。
「寺田さん、この状況をどう分析すべきでしょうか?」
 寺田は、ほがらかな表情で言った。
「問題ないでしょう。只今、電源喪失という事態ですが、原子炉は無事に停止したわけですから問題ございません。今は冷却過程に移ったわけです。その冷却も電源が復旧すれば順調に進みます。余計な心配をされる必要はございません」
 その寺田を睨みつけるように見つめる高嶺。キャスターは高嶺の方に顔を向けて話す。
「高嶺さんは、どう見られていますか?」
 高嶺は、寺田とは正反対に、深刻な表情をして眉間に皺をよせ言う。
「テレビをご覧の皆様で浜通り原発周辺にお住みの方、いや、原発から周囲50キロ圏内にお住まいの皆さま、原発は大変危険な状態にあります。ただちにできるだけ遠くへ避難して下さい」
 その言葉にキャスターは凍りついた表情になった。キャスターだけでなく、寺田博士もである。寺田は、高嶺とh初めて出会った過去の記憶を想い起した。高嶺も寺田と初めて出会った時のことを思い出していた。それは、もう三十年以上も昔のことだ。あれからなぜ二人は別々の道を辿ることになったのか。



 続きは、様々なリサーチをした上で書かせていただきます。原発のこと、原子力政策のこと、原発事故のこと、原子力村のこと等など。みっちりリサーチしたうえで続きを書かせていただきます。


原発 | 19:24:45 | Trackback(0) | Comments(0)
原発問題を考える小説: 記憶 第1章 穴倉
原発ターミネーター」につづく原発の深刻な問題を問いかける。軽小説スタイルで。

地質学者のリヒャルトは、地下600メートルの穴倉にいた。

ここは、とあるヨーロッパの国の森林地帯の真下にある。何でも、高濃度核廃棄物を埋蔵し保管する施設だそうだ。核廃棄物は、原子力発電所から送られてくる。世界中に25万トンあるとされている。その多くは、このような地下埋蔵施設に送られ保管されるのだそうだ。

核廃棄物は、キャスクと呼ばれる金属とコンクリートの容器に入れられ運ばれてくる。リヒャルトは、この施設の建造における掘削のための地質調査員として雇われた。当然のことだが施設は頑強に造られなければならない。そのためには、掘っていく地層の地質を綿密に調べる必要がある。主に粘土層と呼ばれるところが最も適しているといわれる。

なぜ、こんなに地中深くに埋めて保管しなければいけないのか、それは核廃棄物は地上で保管するには大変危険な代物だからだ。いざ、廃棄物が空気中に放たれると、大変有害である。放射能を撒き散らし、人体や生物に害をもたらす。被曝により細胞の遺伝子が傷つけられ、例えば、癌や白血病を患わせ、妊婦が受けると胎児は障害を持って生まれてくることがある。場合によっては、死に直結することもある。

だから地中に埋め込み、そんな危険物を閉じ込めてしまおうという考えなのだが、この施設は、他の地下施設とは、ちょっと違った複雑な事情がある。それは、施設を完成させ、廃棄物で満杯にした後、封印をする。その後は、半永久的に誰も立ち入らせないようにしなければならない。

なぜか。

続きを読む >>

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

原発 | 13:30:03 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。