■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インペリアル・ホテル 第13章 小夜子嬢を未来に誘う
タイムスリップ・ファンタジー、真実の愛を求めて現代から大正時代へ。

まずは序章から第12章をお読み下さい。


 翌日、敬介は小夜子嬢一家の邸宅にいた。その日は、明日の結納準備で大忙しの中であったが、小夜子嬢は、どうしても最後の仕事を仕上げたいということで、二人きりで応接室にいる時間を作ってくれた。遠乗りの後、乗馬倶楽部で話しをする予定だったが、西園寺の前では出来ない話をしたかった。なので、遠乗りの後、建築についての話しをするつもりであったのを、またもや「用事があるので失礼」と言うと、小夜子が「ならば明日、私の家にいらっしゃっていただけません。その方がゆっくりと話しができますわ」と返したので、それにうまいこと乗る形で二人きりになるチャンスを獲得した。
 小夜子嬢の住む朝倉邸は渋谷にあった。千坪以上はある敷地に建つ豪華な洋館だった。彼女の一家、朝倉家は、当主の朝倉子爵を筆頭にした華族一家だ。同じく華族の西園寺家と結ばれるというのは、当時としてはありふれたこと。特に西園寺家は華族の中でも超名門として知られているので、ある意味、玉の輿でもあるそうな。
 小夜子嬢は、ソファに座りノートと万年筆を持っていた。今日中に原稿を仕上げて、この日を最後の活動日にするという。女性記者としての最後の仕事に渾身でのぞんでいる。だが、明日には、この世からいなくなってしまう。結納の前に祖父と駆け落ちを企んでいるようだが、それもかなわず、行方知れずとなり、死んでしまうことに。いや、正式に死亡が確認されたわけではない。記録上、行方不明とある。ということは、もしかして、死なず別の世界へ移ったのかもしれない。そして、その「別の世界」へ敬介が連れ出せるかもしれない。敬介は是非とも、そうしたいと考えている。
 時間は一時間程度しかない。ならば、すぐにでも切り出して伝えないと。
「敬介さん、それではさっそく話しをしたいのですけど、改めてこの場でインタビューとして聞きます。未来の建築というものはどんなものになると思われますか。例えば、この帝都にも摩天楼のようなとても高いビルが林立するような光景が見られるのでしょうか」
 敬介は、これはしめたと思った。
「ええ、もちろん、確実ですよ。そうなるということの証拠を見せてやりましょう」
と敬介はポケットから携帯電話を取り出した。小夜子は、何なのか不思議そうに見つめる。敬介は携帯電話の画面をさっと目の前に見せ、画面上に動画を流した。



続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:仮想物語 - ジャンル:小説・文学

帝国ホテル | 21:39:38 | Trackback(0) | Comments(0)
インペリアル・ホテル 第12章 馬に乗りながら西園寺と話す
タイムスリップ・ファンタジー、真実の愛を求めて現代から大正時代へ。

まずは序章から第11章をお読み下さい。


 翌日、クラシックカーで朝倉家から松原邸に出迎えが来た。クラシックカーというが、この時代では最新で且つ高級な乗り物だ。乗り心地は決していいとはいえない。二十一世紀の自動車と違い、がたがたと揺れやすい感じがする。道のせいもあるのだろう。当時は、今ほど隅々まで道路が舗装されていないのだ。
 三十分後、自動車は世田谷の乗馬クラブに着いた。敬介の時代より速く着いたなと思ったが、それもそのはず、道路を走る自動車の数が、断然少なく、渋滞も信号も全くなく辿り着いたのだ。世田谷も、二十一世紀の時代と比べ実に閑散としている。
 「世田谷乗馬倶楽部」と立て看板のかけられた建物の中に入る。
「松原さん、ごきげんよう」
と男の挨拶をする声が、西園寺だ。西園寺文隆、名門西園寺公爵の嫡男だ。ちなみに朝倉小夜子嬢は、同じく名門の華族だが子爵家だ。公・侯・伯・子・男という序列だから、貴族社会の中では、いわば玉の輿の結婚といえる。
 西園寺は、すでに乗馬服に着替えていた。そして、敬介はこれから更衣室に行き着替える。愛知県から東京に来たばかりで、乗馬服がないと伝えると、乗馬倶楽部から服を借りればいいと薦められていた。
 更衣室には、敬介用に貸し出す乗馬服が用意されていた。さっそく着替えた。サイズもピッタリだった。紺のジャケットに茶色のキュロットだ。
 更衣室を出ると、西園寺が小夜子嬢と一緒に話しをしながらロビーのソファに座っていた。二人ともにこにこしながら会話を交わしている。
 敬介が来たことに気付くと、二人は立ち上がった。小夜子が「ごきげんよう」と挨拶をした。彼女は、赤いジャケットに白いキュロットズボンを履いている。西園寺と並んだ姿を見ると、何ともお似合いのカップルだ。
 さっそく乗馬をすることに。西園寺は、彼女に黒い気だてのいいアラブ馬を見せ、これが彼女のものだと言った。小夜子は、喜びの表情を見せた。敬介は倶楽部所有の馬をあてがわれた。
 三人を乗せた三頭の馬は、倶楽部ハウスの厩舎から、野原へと走った。この辺は、二十一世紀では住宅地だが、まだ、この当時は、田圃や野原が広がる郊外の田園地帯だったようだ。
 先頭を走る馬には、小夜子嬢が乗っている。手綱さばきは抜群だ。さすが、生まれた頃から乗りこなしていることを分からせてくれる。
 しばらくしていると、小夜子嬢の馬が、五十メートルも前を走っている状態に。彼女は何も気付かない様子だ。まあ、その程度離れることはたいしたことではない。敬介は、西園寺と平行に並んで走っていた。今、この男とじっくり話せるチャンスだと思った。

続きを読む >>

テーマ:戦前近代史小説 - ジャンル:小説・文学

帝国ホテル | 16:54:23 | Trackback(0) | Comments(0)
インペリアル・ホテル 第11章 婚約者に出会う
タイムスリップ・ファンタジー、真実の愛を求めて現代から大正時代へ。

まずは序章から第10章をお読み下さい。


 ああ、あの平塚雷鳥かと敬介は思い出した。
「ああ聞いたことあります。中学の頃、歴史の時間で習ったことが・・」
 あ、しまったと敬介は思った。歴史の時間、大正デモクラシーを習った時に、その婦人運動家であった平塚雷鳥が創刊した婦人運動雑誌「青鞜」の発刊宣言文の冒頭に書かれた有名な言葉だ。だが、今はその大正時代だ。
「歴史の時間ですって」
と小夜子が不思議そうな顔をすると
「いえ、勘違いで、最近、有名な方ですよね。確か婦人運動で」
「ええ、そうですわ。まさに新しい女性を目指している方で、男女の新しい生き方を模索していらっしゃる方ですわ。男の方と共同生活を送られていて、お子さまもいるのだけど、互いに籍に入っていないんですって、今の結婚制度は男女が対等に生きるためのものになっていないからだと」
 へえ、平塚雷鳥って、この時代に事実婚をしていたのか。学校でさらりと習った程度で詳しくは知らなかったが、さすがは日本のフェミニズムの大家だけはある。
「結婚すれば妻は夫のもの、いえ、夫の家のものになる。それでどうして男女がお互いを尊重しあえるのかって仰っていますわ」
「お会いしたことがあるのですか」
「ええ、昨年、法律の改正で女性も政治集会に参加できるように改正になった際に、私が雑誌のインタビューをするために、先生は意気込んでいましたわ。次は投票権だって」
「確かアメリカやドイツでは婦人参政権が認められている時代ですよね。日本も追いつけということですか」
と敬介。歴史の教科書でそう書かれていたのを思い出して言った。
「ええ、でも、平塚先生は、この運動は西洋かぶれな運動ではないと仰られておられましたわ。これは日本女性の本来の姿に立ち戻る運動だって。だから、「元始女性は太陽であった」という言葉を思いついたんですのよ。平塚先生が言いたかったのは、何も新しい考え方を採り入れるわけではない。かつては天テラス、つまり太陽神として崇められた私たち女性が、光を失い、月のように他の光でしか輝けなくなったのを、再び元のように自ら光る太陽へと返り咲こうという意味です」
と生き生きとした表情で小夜子嬢は言う。とても輝いている。なるほど、こんな考えの女性なら家同士で決めた結婚に縛られるより駆け落ちでもしたくなるものだろう。
「私思うんです。平塚先生も仰っていたことなのですけど、男尊女卑は、女性だけでなく男性にとっても損なことではないかと、個々の持った本来の性質を削いでしまう男女ともに不利益を被ってしまう考え方ではないかと」
 彼女の顔が、急に堅く重苦しくなった。やはり直面する現実は重すぎるということか。理想は所詮は理想でしかない。敬介は、ふと切ない気持ちになった。当時の女性は、敬介の生きていた時代では当たり前だとされていた自由が、かなり制約されていた。保守的な方の敬介でも、女性に選挙権がないことなどとてもいびつに思える。それに、親同士が決めた結婚を拒否することができない制度など、女性のみならず男性にとっても、嫌な制度だ。
「小夜子さん、偶然ですね、こんなところで会うなんて」


続きを読む >>

テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

帝国ホテル | 21:55:03 | Trackback(0) | Comments(0)
インペリアル・ホテル 第9章 祖父と風呂に入る
タイムスリップ・ファンタジー、真実の愛を求めて現代から大正時代へ。

まずは序章から第8章をお読み下さい。


 十分後、祖父と孫は、桐の浴槽に一緒に浸かっていた。ゆったりとした浴槽で桐の匂いがぷんとして、実に気持ちいい。外の窓からは、薪火の煙が上がっているのが見える。敬介は、祖父とこんな形で風呂を共にできることが奇妙であると同時に、何だかとても嬉しかった。祖父は、身長百七十センチの自分より少し小柄で、当時としては、平均より少し背が高いといった感じといえる。痩せ形で短足だ。
「敬太郎君、君は将来、父さんの跡を継いで物理学者になるつもりなのかい」
「はい、そのつもりです」
と敬太郎ははっきりと答える。
「本当に君が望んでいることなのかな?」
と敬介はちゃかすつもりで訊いた。この時代といえば、家督を継ぐことは美徳で、それに反することはとても不道徳なことと考えられている時代だ。もしかして本心ではないのではと好奇心が沸いた。
「もちろんです。僕は父を尊敬しています。父やアインシュタイン博士のようになるのが将来の目標です」
ときっぱりと言い切る。
「ほう、そうか」
と敬介は言い、その言い切り方に本人の強い意志を感じた。ならば、もう一つ訊きたいことがあった。
「小夜子さんという女性とは、もしかして君の恋人かな」
「とんでもない」
と敬太郎は、湯船から立ち上がって興奮した形相だ。座っている敬介の目の前に祖父のペニスがある。
 敬太郎は、浴槽から体を出した。
「小夜子さん、いや朝倉様とは、そんなふしだらな関係ではありません」
 照れているような怒っているような顔をしている。表情から、間違いなく恋していることがうかがわれる。
「ああ、悪かった。そうだな、婚礼前の華族令嬢とうつつを抜かすことなど絶対に許されないことだよな」
「当然ですよ」
「そうか、でも、もう会えなくなるのは寂しいんだろう」
「あくまで、それは仕事のお手伝いをしていただけで、変な気持ちなどありません」
「しかしすごいな、女性記者とはこの時代においてはばりばりのキャリアウーマンということか」
と敬介は、思わぬ言葉を使ってしまった。「ばりばりのキャリアウーマン」なんて言葉、理解できるはずがない。
「それって、「新しい女性」という意味ですか、ドイツ語か英語で」
と敬太郎が興味津々に訊く。
「ああ、まあ、そんなとこ」
と敬介は、苦し紛れにそう答えた。あんまり突っ込まれるとまずいと思った。
「新しい女性か、働く女性ね。働く女性は美しいよね」
と敬介は、白々しく言った。
「そうなんです。小夜子さんは、とっても美しくて、まるで輝く太陽のようなんです」
「輝く太陽?」
 敬太郎の表情は、何かに取り憑かれたように真剣そのものになっていた。これはかなり入れ込んでいる。
「しかし、その輝く太陽も、嫁入りするんだよな。良家のお嬢様なんだし、筆を捨てて立派な良妻賢母になっていくんだろう」
「女性が働いてはどうしていけないのでしょう、そんな考えおかしいとは思いませんか」
と敬太郎が思わぬ言葉を発して敬介は驚いた。若いといえども、彼は大正時代の男子だ。それが、そんなことを言い出すとは。
「君は、女性の自立とかに賛成なのか」
「小夜子さんは、一生懸命でした。雑誌の仕事に、それを奪うというのは残酷です。手伝っていたことも、中途半端になってしまいます」
「ほう、手伝っていたことって、雑誌の記事を書くこと?」
「特集記事の調べもので。以前は、物理学のことでした。今回は、建築に関することで」
建築?」
「何でも、未来の建築はどうなっていくのかと。地震の多い日本にも、ニューヨークのような高い建物を建てることはできるのとか、そんなことです」
「へえ、でも、君は建築のことは分かるのかね」
「ええ、だから、いろいろと調べものをして、建築家から話しを聞いたり、小夜子さんは昨年、フランク・ロイド・ライト氏と会ったこともあるとか。その後も手紙を出しあったりしているらしくて」
「へえ、そうなんだ。あの帝国ホテルの設計士として有名だよね」
「その帝国ホテルで明日会う約束だったのです」
「ホテルに?」
と敬介は思わぬ展開に驚いた。会うのは、九月一日だ。明日ではないはず。
「来月開館する新館を支配人の方に案内して貰えるのです。小夜子さんは経営者の御一族と親交があって、特別に出来たばかりの建物の中を見せて貰えるので」
「そりゃあ、またとない機会だよな」
「そうだ。敬介さんは建築の仕事をやっているのでしょう。どうです? 僕の代わりに敬介さんが行ってみては?」
「え、俺が?」
「建築の専門の方が一緒なら、話しが弾むはず、いい記事が書けるはずだ。何と言っても小夜子さんが記者として手がける最後の仕事になるのだから喜ぶはずです」
 敬太郎は、実に嬉しそうに言う。敬介は思った。その小夜子とやらいう女性の顔を拝んでみたい。せっかくの機会だ。

第10章へつづく。

テーマ:SF(少し不思議)自作小説 - ジャンル:小説・文学

帝国ホテル | 21:21:03 | Trackback(0) | Comments(0)
インペリアル・ホテル 第7章 祖父と対面する
タイムスリップ・ファンタジー、真実の愛を求めて現代から大正時代へ。

まずは序章から第6章をお読み下さい。


「敬太郎、おい、話しがある」
と博士。敬介が、玄関から靴を脱いで土間から上がってきたところだ。黒い制服を身につけている。敬太郎の祖父が目の前に立っている。
「何ですか、父さん」
 祖父は、曾祖父の憤った表情にとても驚いている。何事が起こったのか、事情が分からないだけに圧倒されている様子だ。
「いやな、ああ」
と博士は、話しの切り出し方に困っているようだ。博士は、敬太郎が手に持っている書物を眺めている。物理学の本だ。新書らしい。博士は、それが敬太郎が小遣いで買ったものであるとすぐに分かった。
「いやな、今日から大事なお客様が、うちに泊まることになってな」
と言いながら、博士は敬介の方に顔を向け
「敬介君でな。お前にとっては従兄にあたる人だ」
 敬介は、どきっとした。突然、自己紹介されたのだ。それも従兄としてである。博士も突拍子もなく、変な嘘を思いつくなと感銘を受けたが、まんざら嘘でもない。親戚であることには違いない。実際、従兄よりも関係は近い。
「あ、ああ、君が敬太郎君だね。どうも、よろしく。今日から、泊めさせて貰うんだ」
と敬介も博士に同調するように対応した。実に奇妙な感覚を覚えた。
「こちらこそ、よろしくお願いします」
と敬太郎は、さっきまでの緊張から表情を緩めおじぎをしながら言った。
 年齢は一八歳のみずみずしい表情。これが、記憶にはほとんどない祖父の若き日の姿。自分より半分も若い年齢の祖父。
「後でゆっくり話しましょう。僕は、面白い物理の本を書店で見つけてきましたから、それをじっくり読んできます。夕食時にでも話しをしましょう」
 敬太郎は、自分の部屋へと階段を上って行った。
 敬太郎と博士は、書斎に戻った。
「ということで、敬太郎の従兄ということで頼むぞ」
「はい、分かりました。今後ともお世話になります。ところで、敬太郎さんが設計士になることはとめないのですか」
と敬介は興味深げに訊いた。
「いやあ、さっき言っただろう。わしは未来のことなど知ってはならんのじゃ」
 博士は、そう言うと、ほっと溜息をついた。

第8章へつづく。

テーマ:ファンタジー小説 - ジャンル:小説・文学

帝国ホテル | 21:53:45 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。