■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第3章 新聞記者
テーマは、ジャーナリズム、民主主義、愛国心。歴史を振り返りながら考える。

まずは、まえがきから第2章までをお読みください。

「どなたです?」
「こんにちは。わいは大西哲夫というて大阪朝夕の記者やっとるもんや。白川源太郎とかいう人についていろいろ訊きとうて来たんやが、おまえさんはここの家のもんか?」
 何だ、ぶっしつけな、と龍一は思った。新聞記者とは、こんな人種なのかと警察官と会った時と負けないくらいの怒りを感じた。
「だから何です? 何も話すことはありませんから帰ってください」
と言った。新聞記者がここに来たのは初めてだ。事件は、警察の発表がそのまま紙面に載せられていて、取材に来る新聞記者などいなかったのだ。
「どうやら、おまえさんは、白川のせがれのようやな。わいはな、おまえの親父さんの汚名を晴らせるかも知れんので来たんや」
 龍一は、はっとした。この男は何を言っているんだと思った。たじろんだまま、男を見つめた。
「ええから、わいと話しをしようで、坊ちゃんよ」
 大西哲夫は、にたにたとしていた。

 龍一は、大西に紅茶を差し出した。大西は応接室のソファに腰を下ろしていた。
「おおきにな」
 大西は、カップの中の紅茶をがぶっと飲むと
「なんや面白い味がすんな!わしはこんなもん、飲んだことねえで」
 大阪弁のきつい話し方が耳障りな感じがした。龍一は、この関西の人々の言葉が馴染めなかった。父は横浜出身なので、関東地方で話される標準とされる日本語を話した。上海に住む日本人も出身はばらばらなので、お互い話すときは標準の日本語になることが多い。神戸に移ってから、関西の言葉に触れることが俄然多くなったが、最初のうちはよく分からず、意思の疎通に困難をきたした。何よりもびっくりなのは言葉が違うのもさることながら、アクセントの高低が激しく、普通の会話がけんかごしに聞こえてしまうことだ。
 龍一は、差し出された名刺を見た。名刺には「大阪朝夕新聞 社会部記者 大西哲夫」と書かれていた。
 大阪朝夕といえば、読売や毎日などと共に関西で名の知れた新聞社である。白川家でも定期購読をしていた。
「いいお手伝いさんがいるんやな。なかなかうまかったで、茶だけでなく、淹れ方もええからな」
「お手伝いは、もういませんよ。僕が淹れたんです」
「ほう、おまいさんのような坊ちゃんがか、さすが西洋館に住んどる人らはちゃうな」
 龍一は思った。決して自分の淹れた紅茶はうまいものではない。普段は家政婦が淹れてくれるのだが、たまたま淹れ方を知っていただけのことだ。めったに紅茶など飲まない人には、うまいと感じるのかもしれない。
「ところで、父の汚名が晴らせるってどういうことなんです?」
 龍一は言った。
「おまえさんの親父は、アヘンの密輸などやってないということや。誰かがおまえさんの親父に濡れ衣を着せたってことや。おそらく、白川源太郎さんは、その誰かがやっていることを知ったために濡れ衣を着せられたと思うんや」
 龍一はぎょっとした。そして、まさか、と思い言った。
「そんな、警察の話では、父は中国のマフィアと通じていて闇のルートを通じてアヘンの密輸をしていたって、父の会社の貨物にアヘンも発見されたことですし。新聞にもそう書いていたでしょう」
「おまえは、警察の言うことを信じるんか?」
 大西は、ぎょろりと龍一をにらんで言った。
「警察が嘘をついているとでも?」
「警察を動かせるもんが、嘘をついているといってもええかな、おまえの親父は、悪徳政治家とヤクザの連中にはめられたのかもしれん」
「何ですって?」
「鈴木宗ノ介って知っとるか? この辺の大物代議士や。こいつがな、白竜会とかいうヤクザと結託してアヘンを密輸しとるという噂があってな。うちらは、それが本当のことか必死で調べとうんやが、どうも証拠がつかめへんでな、おまえの親父さんのアヘン密輸容疑と聞いてピンときたんや。警察の動きもあまりに手際よすぎるしな」
 龍一は思った。なんだ、所詮は憶測で言っているのか、この男は。
「鈴木宗ノ介なんて人は、初めて聞く名前ですし、父の知り合いを誰から誰まで知っているわけではありません。もう父は死んだのです。これ以上、掻き回さないでください」
「何やて、貴様は親父をはめた奴らが憎くないんか、真実を知りとうないんか?」
 大西は、龍一をにらみつけている。龍一は、突然、貴様と呼ばれてぎょっとした。最初から、ずっとぶしっつけな態度には呆れる。いくら自分が年上だ、新聞記者だとしても、ずけずけと言い過ぎる。
「あなたは何様のつもりですか、新聞記者か何か知らないけれど、ずけずけと言いたい放題言って。父のことは僕があなたより、ずっとよく知っています。父は、あれで名うての貿易商でした。あの上海で財を築いたんです。上海ってどんなところか知ってますか? それこそ、いろんな人がいるんです。ギャングやマフィアなどが闊歩して無法地帯だともいえるところなんです。そんなところで成功を収めるには危ない橋も渡るし、まっとうなことだけしていればすむはずがないんです。父が、そういう連中とつるんでいたと聞いても驚くことではありません」
 龍一は、まくし立てるように言った。だが、言っていることに誇張はなかった。上海で育った体験からいえることだった。
「なーるほど、若造だが、海千山千ということやな。ま、言い過ぎたのは堪忍な。しかしな、わいは、このまま済ますのは納得いかんのや。何かあるんかと思うと気になってな」
 大西の表情が、悲しげになった。
「あなたがどうして気にするんですか? 父と知り合いでもない赤の他人なのに」
 龍一は言った。
「わいはブンヤなんや。真実を追うのが仕事なんや。そして、探し出した真実を多くの人に知ってもらう。それが、わいの使命にしとることなんや」
 大西がそういうと、二人はしばらく黙った。
しばらくの沈黙の後、大西はソファーから立ち上がり、この応接室の壁にかけられている数々の絵画を眺めた。
「これは、ヨーロッパかどこかの有名な画家の絵かいな」
 大西は雰囲気を和らげるかのように言った。
「いいえ、みんな無名の画家の絵です。父が、好意でお金を出して描かせた絵ばかりで、売っても何の価値もありません」
 龍一は、頭の中で遺産相続のことがよぎった。
「ほう、そうかいな。わいはいい絵ばかりだと思うで。名が通った画家が描いたからとて、いい絵とばかりは言えんのやで」
 そうかな? と龍一は、思った。龍一は絵画の価値などよく分からなかった。父は、貿易で美術品も扱っており、かなりの目利きであったのは知っている。しかし面白いことに、自分では高価な絵画などは購入しなかった。普通の西洋館と同様に室内を飾るため調度品や絵画は置いているのだが、この家と上海にいた時の家でも、絵画や調度品などの美術品は、評判や知名度よりも、自らの好みで選んでいた。
 そのうえ、絵画は、上海や神戸の売れない若い貧乏画家に描かせるのが常だった。父も、若い時代に苦労した経験があり、志のある若者の手助けをしたいなどと言っていたのを覚えている。
 いつも仕事で忙しく、ぶっきらぼうな父であったが、そんな一面があることを思い出した。
 龍一は、あらためて応接間の絵画を眺めた。上海と神戸の景色を描いた絵が数枚並べられている。まあ、まんざら悪くないなと思った。同時に、今まで見飽きるほど見ていた頃とは、全然違う感覚に襲われた。何だか、不思議な感覚だった。
「ほな、わいは帰るで」
 龍一は、大西を玄関の外まで送り出した。
「なあ、何か思い出すことがあったら、それか、何か見つけたら、わいに知らせてな」
「ええ、まあ」
 そんなものはないだろうと思いながら、龍一は答えた。
「ええな、このことはおまえだけのためやない。これはな、全ての民衆のためになるかも知れんのや」 
 大西は、大きな目をぎょろっとさせて言った。
「全ての民衆のため・・・」
「ああ、そうや、じゃあ、さいなら」
 大西は去っていった。
 龍一は、考え込んだ。「自分のためだけではない」という言葉が、心に響いた。

 ふと、大西に会ってから、何か事件と関わりのある何かに気付き始めた気がした。だが、それが何だかが分からない。多分、気のせいだろうと思った。

第4章に続く


スポンサーサイト

テーマ:戦前近代史小説 - ジャンル:小説・文学

白虹 | 14:20:53 | Trackback(0) | Comments(0)
第30章 直談判
テーマは、ジャーナリズム、民主主義、愛国心。歴史を振り返りながら考える。

まずはまえがきから第29章までをお読みください。


 翌朝、龍一は街を散歩していた。秋口に入ったせいか、なぜか心地のよい朝だった。いつもより遅く起きた。すでに正午近くになっている。龍一は、昨晩は放心状態だった。会社からつまみ出された感じで、これから先どうなっていくのか分からない、そんな不安が自らを襲った。何もかも突然で思考力が低下し、疲労がどっと襲ってきた。
 昨晩、大阪に来るはずだった銭は、通達を出した龍一が休職となったため結局、飛行機に乗ることができなくなった。せっかくのところだったのに、と悔しくてならなかった。
 ふと駅前の新聞を売っている店に立ち寄った。煙草、雑誌と共に数々の新聞紙が並べられいる道端の露店だ。出勤前のサラリーマンがよく立ち寄るところだ。
 龍一は大阪朝夕を含めて新聞は、配達もなければ露店で買うこともない。大阪朝夕新聞に関しては、たいていの場合、事前の記事は前日には把握しているので読む必要がない。また、他社の新聞も社で購読できるので読まない。独り身の上、社まで歩いて通えるところに住んでいるので自宅への宅配と同様、小銭を出して買う必要もないのだ。
 だが、今朝は違った。いつもと違い、大阪朝夕の朝刊にどんな記事が載るのかを事前に知らされてない。社にも休職命令があり行くことができない。ここで一つ、一般の読者の気持ちになって新聞紙を買おうではないか、今こそいい機会だと思った。
 露店の新聞紙の一面がずらりと並んだところを見た。相変わらず、どこの新聞も満州での軍の戦果を大々的に報じている。まるでスポーツの試合での勝利を祝うような見出しばかりだ。
 その中の大阪朝夕に目を留めた。
「さあ、理想国家実現のために 陸軍さらなる兵力投入へ」 一面紙面の見出しはこうだった。そして、兵士達が日の丸を掲げ、占領した戦地で万歳をする場面を収めた写真が大きく載っている。
 うそだろ、これが朝夕新聞の一面紙面なのか。ぱっと新聞紙を手に取り読み始めた。龍一は、同じ一面にある社説に目を通した。
「満州国成立実現は極東平和につながる」 題名から驚きだ。そして、読み進んでいく。
満州事変の影響により張学良率いる東北軍による軍閥政府は倒壊した。かねてから張学良に不満を持っていた中国人有力者の運動は次第に成熟して、満州に一独立国家建設にまで発展している。現在の国民党政府が、張学良を取り込み満州まで国家統一の理念を実現しようとするならば、日本の有する正当な権益は脅威にさらされ、近い内、衝突は避けられないことだろう。苦境に立たされた満州民の独立運動を支援するためにも、新政権を起こし、一新国家を起こし、更なる国際紛争の惨禍を防ぎ、極東平和の基礎を一層強固なものにしなければならない。我々は、この意味において、満州に独立国の生まれることについて歓迎こそすれ、反対すべき理由はないと信じるものである。
 龍一は、自分の目が信じられなくなった。なぜ、こんな社説に。事実に反することを述べている。確かに、張学良と対立する現地の有力者はいる。中にはかなり親日的な者もいるが、日本軍による独立国家建設を願っているかというと、それはかなりの事実誤認だ。満州を含め中国全体では、以前から欧米列強と並ぶ外来の帝国主義勢力として抗日運動が盛んだ。独立国家になることを願っている者がいたとしても、それは日本によって成し得ることを望んでるわけではない。
「いやあ、いい記事ですな。朝夕さんからこんなすばらしい記事が読めるとは思ってもいませんでしたよ」
 すぐ隣に、髭面の中年男が立っていた。一週間前に、朝夕の社屋まで不買運動の抗議書を携えやって来た男だ。
「これはあなたが書いたんですかな。やっと我々の意向を汲み取っていただけましたな。今こそ、国民一丸となって軍を応援しなければいけない時ですからな。は、は、は」
 髭面の男は高笑いをして龍一を見つめた。龍一は何も言わなかった。
「おばちゃん、一部頼むよ」
と男は小銭を露店主の年老いた女性に差し出し言った。
 龍一は、手に取っていた紙面をそっと元あった場所に置くと、その場を逃げるように離れた。
 これは何とかしないと。この状態を放置しておくわけにはいかない。
 龍一は、とりあえず社屋へ向かった。だが、行く先は国際部部室でも編集局長室でもない。社長室だ。社長に直談判するしかない。 入るのは気が引けた。階段を登って社長室へ行った。社長室に入ると秘書にまず会った。何度も面識のある若い女性秘書だ。
「何でございましょう」
「突然だが、社長に会いたい」
「こちらにはおりませんし、お約束はなかったと思うのですが、白川さん」
「緊急且つ重要な用件なんだ。どこにいるか教えてくれないかな」
 龍一は詰め寄った。
「残念ですけど、お教えできません」
「頼む。君が教えたことは分からないようにするから」
 龍一は、彼女をぐっと見つめた。
「いつものところで接待に、陸軍の方と一緒です」
と秘書はおそるおそる答えた。
「いつものところで接待」、それだけで十分であった。龍一も何度も行ったことのある料亭だ。朝夕新聞が要人との接客でよく使うところである。
 龍一は、走って社屋を出るとタクシーを拾った。そして、料亭へと向かった。
 
 料亭に着くと、龍一は顔馴染みの女将に会うと、挨拶をして自分が社長に呼ばれたと告げた。女将は、何の疑いもなく、龍一を通した。どこで接待をしているのかも知っている。この料亭の最高級座敷「松の間」だ。龍一は向かった。
 襖の前で立ち止まった。一息を入れた。何の約束もなしに客を接待している中、ずかずかと入っていくのである。
 襖の戸に手をあてようとすると、談笑する声が聞こえてきた。龍一は、体を止め耳を傾けた。
「いやあ、驚きましたね。今朝の朝夕新聞は。普段、あれだけ我々に批判的だったあなた方が、こんなにも変わるとは」
 陸軍の将校らしき年老いた男の声だ。話し方からして陸軍将校と分かる。階級もかなり上だろう。
「それはもう、風向きは変わりましたから。我が社は、これでも日本全国に百万部の売上部数を誇る大新聞へと成長しました。それは常に読者への要求に応えることを心懸けてきたからです。しばらくは様子を見ていましたが、こうなったからには変革の時です」
 三木谷社長の声だ。
「しかし、三木谷さん、そもそも線路爆破も、あの関東軍の輩が勝手に仕掛けたことです。そもそも、こんなこと私らは賛同していなかった。あまりにも無頓着すぎる。まあ、結果的にうまくいっているようですが、奴らが命令をきかずやっていることですからな。内心あなたの新聞が、謀略を暴いて、あいつらの暴走を止めてでもくれればと願っていたんですがね」  
「満州事変以来、世の中は軍を持ち上げる動きばかりです。軍を礼賛する記事を載せている新聞は飛ぶように売れています。控えめな我が社は、売国奴とまで蔑まれ部数を落としていましたからね。ここに来て、出遅れながら方針を変えたということですよ」
「ほ、ほう、勝ち馬に乗るということですな。しかし、あなたのところの記者達がそれでは納得しないでしょう。従業員との関係が気まずくなってくるんじゃないんですかね」
「心配には及びません。人事を刷新する計画です。ついてこれない者は、我が社にいてはならないのですよ」
「お、ほう、粛正ですか。怖いですな」
 龍一は、耳を疑った。あの社長が、線路爆破を知っていて、その真実を明るみにせず、むしろ軍を応援することを推し進めているとは。それも、売上部数を気にして。
 自分が休職になったということは、もう邪魔者になったということを意味する。元の地位に戻ることはできないだろう。それだけでなく、退職させられるのが目に見えている。
 目をかけて貰っていると思っていたが、それは、結局のところ持ち駒にされていたのに過ぎなかったと悟った瞬間であった。
 龍一は、さっと襖から離れ、静かに廊下を歩きながら玄関に行き、そして、靴を履いて外に出た。
 しばらく外を歩き、ほっと一息入れ、立ち止まって考え込んだ。
 三木谷社長は、英語でいう「ビジネスマン」だ。彼にとっては、新聞報道の公正さよりも、売上の方が気掛かりなのだろう。朝夕新聞は大衆向けの商業新聞だ。大事なことは会社として売上部数を維持して、さらには拡大していくことが目標とされる。そのため、かつて新聞紙法違反で存続が危ぶまれた時には、言論の自由を守ることよりも、権力との妥協を優先した。そして、今度は、真実報道よりも大衆に迎合して売上拡大を目指すことを選ぶ。筆は権力よりも、資本よりも軽いということか。
 龍一は絶望感に苛まれた。そして思った。今度こそ、この社を出ていかなければならない。そして、この狂った日本を。
 そうだ、上海に行こう。我が故郷である上海に。日本には、いづらくなった。
 翌日、龍一は、辞表を編集局長に提出した。何のお咎めもなく受理され、かなりの退職金が即、支払われた。まさに「渡りに船」という言葉がふさわしい。すんなりと、だが、とても寂しく社を去ることとなった。これまでの日々は何だったのか、新人記者から現在に至るまで、朝夕に入って様々な体験をした。大西記者との出会い、あの「白虹日を貫けり」という記事で社がとんでもない危機に陥ったこと、欧州特派員としての経験、アメリカ、満州での特派員経験。そして、最年少国際部部長に就任。
 しかし、その全てが、泡となって消えていくようである。何の意味も持たずに。

翌年、一九三二年三月、旧清国の最後の皇帝愛心覚羅溥儀を皇帝として、大日本帝国にとっての傀儡国家、満州国が中国東北部で成立する。

第31章へつづく

白虹 | 23:40:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。