■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第47章 リチャード・ホワイトリバー
テーマは、ジャーナリズム、民主主義、愛国心。歴史を振り返りながら考える。

まずは、まえがきから第46章までをお読みください。

一九四四年(昭和一九年) 六月

 リチャード・ホワイトリバーという名のアメリカ人がここに存在した。髪の毛も目の色も茶色。誰が見ても、白人のアメリカ人にしか見えない。そして、アメリカ国籍を持つ元日本人なのである。
 リチャード、人々は彼を「リッチー」と呼ぶ。リッチーはホノルル市内の映画館にいた。ロングランの大ヒットをしている話題の映画「風と共に去りぬ」を見ていた。
 女流作家マーガレット・ミッチェルによる同名の大ベストセラー小説の映画化で一九三九年に公開され数多くのアカデミー賞を獲得した総天然色フィルムの映画だ。映像のスケールの大きさには圧倒させられる。
 舞台は、南北戦争当時のアメリカ南部。数多くの奴隷を所有する大農場主の娘スカーレット・オハラが戦争を皮切りに優雅な生活からどん底の淵に追いやられる。だが、持ち前の気力で困難に打ち勝っていくという激動の時代を生き抜く人々のドラマだ。そして、このドラマの舞台となった当時の南部は、あまりにも大日本帝国に似通っている。
 南部の人々は、合衆国政府が奴隷制廃止を唱えるのが我慢ならず、奴隷制の伝統を守る独自の国家建設に意気込む。例え戦争になっても南部は必ず勝つと信じている。俺たちには勇気があるのだから。
 だが、工業化のめざましい北部と軍事力での差は歴然であった。いざとなったら勇気より大砲である。そして、戦争勃発、多大の犠牲の末、敗北する。奴隷制を柱とする南部の経済は崩壊し、農場主は土地を失い苦境に追いやられることに。
 大日本帝国海軍の真珠湾攻撃により二千人以上の兵士が殺された。数十人ほどの民間人の犠牲者も出た。
 東洋の小国日本が、強大な軍事国家アメリカと戦争、勝てる見込みなどないことは、当然、軍部の中にも多くいた。その現実的な思考を持っていた者にとっては、そもそもアメリカに勝利することは目的ではなかったのだ。目的とすることとは、東南アジアを手中に収め資源の確保をした上で、アメリカと和平講和に持ち込むことだったのだ。
 だが、それは大いなる賭けであり、真珠湾攻撃はその失敗の始まりであった。第一に、奇襲攻撃により必要以上にアメリカ国民の士気を上げてしまったことだ。第二に、太平洋艦隊を攻撃して、東南アジアでの戦線を優位に持っていこうと目論んでいながら空母を駆逐することができなかったことだ。主力空母は、真珠湾にその日、たまたまいなかった。航空隊を運ぶことのできる空母を攻撃できなかったことは、壊滅的打撃を与えたことにならない。さらに真珠湾攻撃により、日本自らが敵に対し、航空戦力の実効性を証明することとなってしまった。
 日本軍は東南アジアでの戦線を見事にやってのけた。フィリピン、シンガポール、ジャワ・スマトラを占領後、占領地域はビルマまで広げられた。また、ハワイやオーストラリアに迫るほど南太平洋の島々を次々と占領していった。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

白虹 | 19:15:24 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。