■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北京の恋 最終章 決意
北京を舞台とした短編恋物語。筆者の実際の体験を基にしたストーリー。

まずは第1章から第6章をお読み下さい。

 紅玲はさっと受話器を電話機にぶつけるように置いた。かなり気が立っているような様子だ。
 雅夫は、さっと視線を廊下の方に向け素知らぬ振りをして歩き去った。雅夫は、衝撃を受けていた。それは、紅玲が以前、外国人と結婚をしていたこと、そして、離婚を経験し、今は別の男性を好きになっていることを知ったからだ。何というか、最初から自分は太刀打ちできる立場になかったことを思い知らされた気分だ。
 授業の時間になった。雅夫は、先に教室の椅子に座っていた。王紅玲老師が入ると、お互い気まずい表情を付き合わせた。
 紅玲は椅子に座り、雅夫を真正面に見て顔を付き合わせる。真剣な目をして言う。
「雅夫、さっきはみっともないところを見せてしまったわね。気になるでしょうから話しておくわね。電話の相手は、カナダ人で私の元夫、二年前、私の生徒だった人よ。こことは違う別の中国語学校で教師をしていた時に出会ったの。彼は私に中国語を習いながら、私に興味を示して、私も彼に何となく興味を持ちだして、それで付き合いが始まり、結婚をすることになって、カナダに私は移住したの。だけど、結婚生活が始まって、半年もしない内に別の女性と浮気をして、私はすごく傷つけられたわ。それで、また中国に戻って最近、ここで教師を始めることになったの」
 紅玲は淡々と語った。雅夫は、圧倒されてしまった。なるほど、そういう過去があったのか。まあ、誰にでも、そんな体験はあるだろう。だが、何も自分にわざわざこんなことを話さなくてもと思った。慰めの言葉が欲しいのか。それなら、新しい恋人に求めればいいのじゃないかと思った。
 だが、雅夫は、紅玲が可哀想になり、男らしく振る舞いたくなり言った。
「君のような美人を妻にめとりながら浮気をするなんてとんでもない男だね。羨ましいだけでなく、許せない男だ、そのカナダ人」
 紅玲の表情が急に和らいだ。微笑みながら雅夫に言った。
「ねえ、雅夫はこれまで結婚をしたことはあるの?」
「僕はまだだ。いつだってしたいと思っているけど」
 彼女にそんなこと言っても、意味がないと知りながら言ってしまった。何だか恥ずかしい。
「ねえ、あなたとは英語か中国語でしか話しをしてないけど、私、日本語が知りたいわ」
「へえ、日本語に興味があるんだ?」
「少しね。考えてみれば同じ漢字を使っているのよね」
「というよりか、日本が中国人から貰い受けたんだ」
「ねえ、日本語で我喜歓イ尓ってどう言うの?」
 雅夫は、紅玲の質問にどきっとした。一体どうしてそんなことを訊くんだとびっくりしながら、普通に応えた。
「ワタシハアナタガスキデス」
 紅玲が、復唱するように、同じ言葉を言う。だが、言いづらいようだ。
「もっと短い言い方があるよ。一言「スキ」と言えばいいんだ」
「スキ? それだけでいいの?」
「ああ、簡単だろう」
 一瞬、二人は見つめ合った。何だか、変な気分になってくる。
「やだ、私ったら、生徒に生徒の言葉を教えて貰うなんて。私が教える立場なのに。さっそく授業を始めましょう」
 気分は一転、通常通りとなった。雅夫はからかわれたような気分になった。彼女には、どうせ他の男がいるんだ。多分、中国人だろう。彼女のことなど、どうでもいい。
 その日の授業が終わり、雅夫は寮の部屋で一人じっくり考え込んだ。このまま、ここで中国語を習い続けるべきであろうか。当初は三週間で、それ以降、長期の学習をするのなら、一旦日本に戻り、再度、手続きをして一年間の語学留学をするつもりだったが、反日デモ以来、情勢は厳しい。日本人が中国に住むのはとても難しい状況だ。その上、彼女とのことがある。あっさりと振られても、想いを払いのけられず、お互い気まずくなっていくばかりだ。二週間ほど授業期間は残っている。使わなければもったいないが、このまま不自由な状態の上、王老師と顔を合わせ続けなければいけない。
 幸いにも、今回の反日デモのことを気にして、学院側は日本人学生に関しては、早期終了する者に対して、すでに支払った授業料や寮費の一部を返金すると申し出ている。里美は、帰国する決心をしたらしい。
 雅夫も心に決めた。日本に帰ろう。もう中国なんてどうでもいい。中国語の勉強もしなくていい。それよりも、すぐにでも、新しい仕事を探そう。今回のプランは失敗のようだ。
 雅夫は、事務局に帰国の意向を伝えた。それも急いで、明日の朝に発つということにした。航空会社にも電話して、明日午前の東京に戻る便を予約した。
 部屋に戻り、準備を整えた。王老師には、明日の朝、事務局が事情を伝えるという。雅夫は別れを伝えるのがつらかった。というよりか気まずかった。自分が恋心を抱き、それを彼女が振ったことが、全ての原因であると思われるのが気掛かりでならなかった。自分から直接言い出せなかったのだ。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:自作恋愛連載小説 - ジャンル:小説・文学

北京の恋 | 20:53:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。