■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インペリアル・ホテル 序章 祖父の日記を読む
歴史長編「白虹、日を貫けり」、恋愛短編「北京の恋」に続く海形将志の自作小説第3弾、タイムスリップ・ファンタジー、短編です。真実の愛を求めて現代から大正時代へ。

 二〇〇八年の夏も終わりに近付いている。北京オリンピックも終わった八月末。お祭りの後の静けさというか、わびしさというのが、特にオリンピックに夢中だったわけでない松原敬介の気持ちに同調するところがあった。辛く苦しく悔しい気持ちだ。
 松原敬介、三十六歳、職業は二級建築士である。大学の工学部を卒業後、建築事務所に入り住宅などの設計を手がけてきた。三年前、やっと独立して自分の事務所を構えられるようになった。
 注文も多く、かなりの収入を得ている。今年に入って、自分にとってとても大きなプロジェクトに挑むことになった。それは、結婚して家庭を持つこと、独身生活にピリオドを打つこと。そのために、すでに他界した両親から相続したが、かなり老巧化していた自宅を取り壊し、自らの設計で新しいモダンな住まいを建てることにした。土地は一家代々、明治時代から受け継ぐ場所だ。
 同時に行ったのは、その新しい家で共同生活を営むべき妻探しであった。当然、その後には子供を二、三人ほど作る予定だ。夢のスウィート・ホームである。
 そのために合コン、見合い、結婚相談所などを訪ね、お金を出して嫁探しをしまくった。収入も容姿も敬介は悪くない。何度か引き合いがあったが、最後に奈緒美という二十二歳のファッション・モデルを仕事とする美人女性を見つけ、ダイヤの婚約指輪を出して見事射止めた。
 彼女を気に入ったのは、美人だけだからでない。今時の女性には珍しい保守的な女性らしい感性があったからだ。敬介は、保守的な男だ。妻には家庭に入って夫を支えてもらう存在であって欲しいと願う。彼女は結婚したら仕事を辞め、家事に専念するという。
 しかし、奈緒美は、保守的と言うよりは、現金な女性であるということを、すぐに思い知らされた。婚約をしてからわずか一ヶ月後、奈緒美は婚約の解消を求めてきた。何でも、自分よりも金持ちの男を見つけたからだそうだ。相手は医者であり、とある大病院の御曹司だそうだ。そもそも資産家の上、大病院の医師、いずれは院長だ。収入は敬介よりはるかに多い。貰った指輪のダイヤも敬介が渡したものよりずっと大きかったらしい。
 敬介は、奈緒美を本気で愛していた。自分のよき妻になるという意味だけでなく、一人の女性として。だが、彼女が求めていたのは自分ではなく、自分に出来るだけ多くの贅沢をさせてくれる男性だったのだ。
 その程度の女だったといえば、それまでだが、それでもショックは大きく、心の傷も深かった。彼女への恋しさを振るいきれない。
 そんな悲しみに暮れていた時、自宅の新築のため古い物置から取り出した一家の思い出の品々から亡き祖父の日記を見つけた。十冊ほどあり、どれも年月が経っていたため、ぼろぼろで、最初に書かれたのは「大正十二年十月一日」であった。万年筆のインクで書かれた文字が並ぶ。そこには祖父の思わぬ歴史が書かれていた。

続きを読む >>
スポンサーサイト
帝国ホテル | 18:56:32 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。