■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
人生教訓小説 「夢は叶わない」 第2章
まずは第1章をお読みください。

数日後、朝早くに、とてもうるさい音で目を覚まさせられた。起きたといっても、意識がもうろうとした状態だ。何の音かと思うと、下の廊下で誰かがドアをどんどん叩く音。ミクの部屋のドアではない。真下のロックスター志望、マサルの部屋のドアだ。大屋が家賃を催促に来たのだろうか。しかし、大屋は、こんな風にドアをどんどん叩いたりしない。鍵を持っているので、勝手に開けて中に入るのだ。

ミクは、気になって廊下に出て下の階へ降りると、黒い服を着た怪しそうな禿頭の男が立っていた。やはり大屋ではなかった。目が合うとミクは、怖くなった。ヤクザなのだろうか。

「おい、あんた、マサルを探しているんかい?」
とマサルの部屋の隣に住む作家志望、スグルと呼ばれている中年男がドアを開け、やくざ風の男に話しかける。
「ああ、そうだが、この部屋の主は留守なのか」
と男はどぎつい声で反応する。
「ああ、留守だよ。昨夜、出ていったきり帰ってこないけどな。何でも数日間、留守にするって聞いたけど。とにかく、部屋の中にはいないから、どんどん叩いても誰も出てきやしねえよ」
とスグルは淡々と言った。
ヤクザ風の男は、それを聞くと何も言わず、アパートを去った。

「おい、詣でてきてもいいぞ、マサル」とスグルは言った。すると、マサルがスグルの部屋から出てきた。どうやら隠れていたらしい。
「まったく、窓から伝って俺の部屋に入って来やがって」とスグルがマサルをなじるように言う。
「すんません、俺、最近、借金取りに追われ放しで」とマサル。
「何だと、何に借金したんだ。エレキとか、趣味の悪い衣装にか」とスグル。
「どうしても、デビューしたくて自費でCDを制作したんだ。だけど、どこに持っていっても、断られて」とマサル。そして、マサルは、泣きそうな表情のまま、アパートを出ていった。

「まあ、これであいつも諦めるだろうな、ロックなんてふざけたことにうつつを抜かしたなれの果てというものだ」
スグルとミクは、近くの食堂で一緒に炒飯を食っていた。すでに午前11時を過ぎていたので一緒にお昼ご飯を食べることにしたのだ。
「スグルさんは、諦めないのですか、あなたもずっと作家を目指し続けて、まだ、何も成果を上げてないのでしょう」
ミクは、皮肉を込めて訊いた。マサルは嫌いだが、マサルに関して、この作家志望中年男が批判するのは理にかなわないと思ったからだ。





続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 00:35:01 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。