■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポジティブ・コーチングを考える小説 第7章
元近鉄バッファローズのコーチで97年NYメッツでもコーチとして活躍した立花龍司氏の著作「ポジティブ・コーチング」から発想を得た短編小説

まずは第1章から第6章をお読み下さい。


 山賀真太郎はその日、厨房で、後片付けをさせられていた。相変わらずの後片付けだ。鍋を洗ったり、床をモップで拭いたり、ゴミを捨てたりと。板前らしきことは全くなく相変わらずの雑用ばかりだ。
 今日は心なしか疲れていた。朝から食事を抜かれていたからだ。理由は、朝寝坊をしてしまい、厨房に来るのが二分遅れてしまったからだ。このような食事抜きの罰は、週に一度の割合で受けている。
 ガシャーン、と器が割れたような大きな音がした。真太郎は、音のしたところへ向かった。それは、大将の部屋だった。そこに二人の先輩がいた。
 見ると、床に陶器の器が砕け散っていた。真太郎は、砕け散った器に見覚えがあった。大将が重宝している瀬戸焼きの茶碗だ。何百万円もすると聞いたことがある。
「どうしたんです?」
「何でもねえよ。つい珍しくて見てたら、手が滑ってしまったんだ」
 二人の先輩は、うろたえていた。大将に知られれば殺されてしまう。その時、どんどんという力強い足音が近付いてきた。その足音とは、まさに大将の足音だった。二人の先輩は顔が真っ青になっていた。
「何やっているんだ、おまえら?」
 大将が部屋に入ってきた。即座に床に砕け散った瀬戸焼きの破片を見付けた。
「おまえらが、やったのか!」
 大将が、怒鳴り声を上げた。
「こいつがやったんです。真太郎がやったんです。こいつが茶碗を落とした音を聞いて俺たち何だろうと思いここに来たんです」
「何だと!」
 大将が真太郎をにらむ。
「違います。やっていません。おれはやっていません。割れる音がしてここに来たら・・・」
 大将が、真太郎の衿をつかみ引っ張った。どんどん引っ張られ、厨房まで連れていかれた。大将は相撲取りのように大柄で力が強く真太郎の体など楽々と引きずってしまう
 真太郎は、濡れ衣だと叫び続けたが、大将は聞く耳を持っていない。
 バシ、と真太郎は殴り飛ばされた。次に大将は、水道の蛇口につながったホースを手に取り、蛇口を回すと水を真太郎に吹きかけた。真太郎は、全身水びだしになった。
「このウスナロチビ! おまえなど出てけ!何も働けず役立たずのくせに、今までおいてもらったことだけでも感謝しろ。出ていって、死んでしまえ」
 大将が、そう言って怒鳴る傍ら、先輩たちが嘲笑う表情をして真太郎を見ている。
 大将は、自分よりもあんな奴らの言うことを信じている。そして、自分のことをずっとゴミのようにしか見ていなかった。今までずっと大将の店で辛抱してきたのは何だったのか! 真太郎は目から涙が溢れた。
 真太郎は、ふとそばに細長い刺身包丁があるのに気付いた。真太郎は、我を忘れた。
 包丁をさっと手に取ると、大将に向かって突進した。

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

スポーツ | 21:01:50 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。