■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インペリアル・ホテル 第13章 小夜子嬢を未来に誘う
タイムスリップ・ファンタジー、真実の愛を求めて現代から大正時代へ。

まずは序章から第12章をお読み下さい。


 翌日、敬介は小夜子嬢一家の邸宅にいた。その日は、明日の結納準備で大忙しの中であったが、小夜子嬢は、どうしても最後の仕事を仕上げたいということで、二人きりで応接室にいる時間を作ってくれた。遠乗りの後、乗馬倶楽部で話しをする予定だったが、西園寺の前では出来ない話をしたかった。なので、遠乗りの後、建築についての話しをするつもりであったのを、またもや「用事があるので失礼」と言うと、小夜子が「ならば明日、私の家にいらっしゃっていただけません。その方がゆっくりと話しができますわ」と返したので、それにうまいこと乗る形で二人きりになるチャンスを獲得した。
 小夜子嬢の住む朝倉邸は渋谷にあった。千坪以上はある敷地に建つ豪華な洋館だった。彼女の一家、朝倉家は、当主の朝倉子爵を筆頭にした華族一家だ。同じく華族の西園寺家と結ばれるというのは、当時としてはありふれたこと。特に西園寺家は華族の中でも超名門として知られているので、ある意味、玉の輿でもあるそうな。
 小夜子嬢は、ソファに座りノートと万年筆を持っていた。今日中に原稿を仕上げて、この日を最後の活動日にするという。女性記者としての最後の仕事に渾身でのぞんでいる。だが、明日には、この世からいなくなってしまう。結納の前に祖父と駆け落ちを企んでいるようだが、それもかなわず、行方知れずとなり、死んでしまうことに。いや、正式に死亡が確認されたわけではない。記録上、行方不明とある。ということは、もしかして、死なず別の世界へ移ったのかもしれない。そして、その「別の世界」へ敬介が連れ出せるかもしれない。敬介は是非とも、そうしたいと考えている。
 時間は一時間程度しかない。ならば、すぐにでも切り出して伝えないと。
「敬介さん、それではさっそく話しをしたいのですけど、改めてこの場でインタビューとして聞きます。未来の建築というものはどんなものになると思われますか。例えば、この帝都にも摩天楼のようなとても高いビルが林立するような光景が見られるのでしょうか」
 敬介は、これはしめたと思った。
「ええ、もちろん、確実ですよ。そうなるということの証拠を見せてやりましょう」
と敬介はポケットから携帯電話を取り出した。小夜子は、何なのか不思議そうに見つめる。敬介は携帯電話の画面をさっと目の前に見せ、画面上に動画を流した。



続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:仮想物語 - ジャンル:小説・文学

帝国ホテル | 21:39:38 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。