■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平和教訓小説「平和という名の付く船」 第6章 データボックス
平和をモットーに世界一周航海をする船が、自衛隊の護衛を受けることに。次々と迫り来るハプニング。その時、乗客たちは!?

まずは、第1章から第5章までお読み下さい。

タツミは緊張した面持ちで、操縦桿を握っていた。自衛隊の到着が間に合うか。とりあえず、その前にこの船をできるだけ自衛隊のいる位置に近付かせようと思った。お互いが接点となる方向へ舵を回す。護衛艦では間に合わないだろう。だが、ヘリなら何とかなるかもしれない。

海賊、いや、ただの海賊ではない、きっと国際的な窃盗密売組織に違いない。我が国の国宝を盗み、それをどこかの国に売り払おうとしているのだ。許されることではない。なぜか、かつての心が甦ってくる。国を守ろうとする気持ち。

どうしたらいいのだろう。敵の船が現れたら。この船では太刀打ちできない。武器はまともなのがない。軍艦ではないので、大砲とか機関砲があるわけではない。せいぜいできて体当たりぐらいだ。体当たり? 

そんなことをしていいのか。同じことを数年前に考えさせられた。それは、アデン湾ではなく、東シナ海であった。こんな旅客船ではなく、大砲と機関砲のある船で、操縦桿を握っていた。それも艦長が持ち場を離れたときに、やも得ず自分が操縦の一手を担っていたときに。日本国領土の三角島を自国の領土だと主張する隣国の活動家の上陸を阻止するため艦を操縦していた。上からの命令は「もめごとを起こさず、対処しろ」であった。

だが、相手の船は容赦しなかった。武器こそ持っていなかったが、モーターボートには10人ほど人が乗っていて、是が非でも島に上陸するつもりであった。何とか阻止しようと、接近したりして妨害しようとしたが、相手は、小回りのよさを活かしてかわし、突き進もうとする。

ついには、艦の手が届かないところまで離れ、そして、上陸阻止できる浅瀬前ぎりぎりのラインまで来ていた。どうしたらいいのか、海上自衛官航海士として決断しなければいけなかった。領土侵犯を許してはならない。国土を守るのが自分の務めだ。常にそういい聞かされていた。だから、突き進んだ。そして、モーターボートは・・・

あ、モーターボートが見えた。左前方向だ。あの時よりも大きめで装備がしっかりしている。予想通り単なる海賊ではない。乗っている連中はバズーカ砲を含め武器を持っている。かなり手強い。よし、それならば、あの時と同様に突き進むぞ。今度は迷いがない。速度を上げ、モーターボートに対し、船の左舷側面をぶつけようとした。それくらいしかこっちの対抗できる武器はない。だが、相手はさらりとかわす。そして、持っているバズーカ砲を自分のいる操縦室に向けて狙いをつける。

やばい、と思いタツミは身を伏せた。突然、ドカーン、という音が響き、窓ガラスが割れ、火花が散った。室内に火が広がった。タツミは消化器を出して、急いで火を消した。何とか消し去ったが、操縦室は機能停止、船は緊急停止状態になった。

これではかなわない。米兵から取り上げた機関銃を持って、甲板に向かった。使い方は、今でも覚えている。この際、こうやって戦うしかない。相手が甲板に乗り込む前か、乗り込んだとしても、船内に入る前に阻止するのだ。

甲板には、田之上もいた。同じく機関銃を持っている。モーターボートの奴らに機関銃を向ける。だが、相手側も機関銃を持っている。数段、パワーのある機関銃だ。そして、バズーカも。これでは、2人が撃ったとしても、すぐに撃ち返され蜂の巣にされてしまう。

と、その時、上空から轟音が。あ、ヘリコプターだ。それも日の丸がついている。やったぞ。モーターボートの連中もヘリコプターを見上げる。バズーカ砲を持つ男が、ヘリに狙いをつける。と、そのとたん、バババ、とヘリから機関砲が放たれる。一気に、モーターボートの連中は撃ち砕かれ、そして、ボートも同様に。一気に乗っている奴らを呑み込み海中に沈んでいった。

「やった、助かったわ」と背後で声がした。タツミが振り向くと、そこにはワールド・ピース副代表のヨシコがいた。彼女は、恐ろしく嬉しそうだ。目の前でボートに乗った連中が血飛沫をあげのたまう光景を見ていながら、それで助かったんだという思い出一杯のようだ。ホールでの命拾いの体験の反動か。9条護持、絶対平和主義者の面影が一挙に吹き飛んだ姿だ。

その後に、ミクが現れた。相変わらずのゴスロリ・スタイル。顔は憎しみで一杯だ。そして、「ひどい、人殺しだわ、自衛隊なんて悪魔だわ」と怒り心頭だ。あまりにも残酷な光景を見せられ衝撃を受けたようだ。そして、その後ろにゴンゾウが。
「全くそうだな、こりゃひどすぎるぜ。何もあんなにまでしなくてもよう」と平然と言う。

タツミと田之上は、彼らの様子に呆れてしまった。衛星電話で護衛艦に連絡を取った。もうすぐ、この船のいるところまで到達する見込みだと。

とりあえず一安心だ。船がこんな状態になってはツアーはここで中止だ。会社にもさぞ大きな損害が出よう。それは何とか保険で賄えるかもしれないが、自衛艦に、この船が助けられたという事実が世に広く知れ渡ることの方がはるかに大きな損失になる。この平和団体の存続意義が問われる結果に。

田之上が、タツミを倉庫室に誘う。一体どうしたのかというと、どうしても米兵たちのことで腑に落ちないことがあるので、もう一度、あのコンテナを確かめたいとのことだった。

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 21:01:05 | Trackback(0) | Comments(0)
「私を「スキーに連れてって」の時代に連れてって」 第3章 1989年3月 
バブルの時代が、本当に幸せな時代だったのかを問い直す小説。

まずは序章第2章をお読み下さい。

「ちょっと、大丈夫?」
という女性の声で涼子は、はっと目を覚ました。気を失っていたわけではないが、転げ落ちて、その衝撃でぼおっとしていたのだ。特に怪我もない。痛いところもない。片足にスキー板をつけたまま横たわっている状態だ。よし、と思い起きあがった。
 起きあがり、板をつけた片足を引きずりながらゆっくりと転げ落ちた坂を上った。ああ、死ぬかと思った、と涼子は無事な自分にほっとした。
 赤色の柵ネットのところに白いスキーウェアを着た女性が立っていた。涼子は、その女性を見上げた。はっとした。何とも見覚えがあるような、「お母さん」と声を上げようとしたが、喉元でそれをとめた。
 母の雪子に似ているが、涼子の知っている雪子よりずっと若々しく、髪の毛は肩の下まで伸びるほど長い。年齢的にいえば二十代前半だ。
「怪我はない? 大丈夫?」
とその母似の女性は言う。その女性は、胸元にネームプレートを着けていた。「志賀高原スキー場公認インストラクター 松本雪子」と書かれている。涼子は、はっとした。松本は母の旧姓だ。というか父との離婚後、その姓に戻っているが。単なる偶然か。
「大丈夫です」
と涼子はとりあえず答えた。
「そう、よかった。だけど、片方の板は、それにストックは?」
と松本雪子に言われ、
「それは、どこかに?」
と涼子は言いながら、辺りを見渡すが、転げ落ちたときに放したストック二本と外れた片方のスキー板は見当たらない。どこにも落ちてないのだ。
「ここで外しちゃったのよね? あなたが落ちたところを見た訳じゃないけど、そのはずよね?」
と松本雪子。
「ええ、そのはずです。だから、この辺にあるはずでは」
と涼子は改めて見渡すが、周囲十メートル四方に板やストックは全く見つからない。
「あら、あなたのつけているスキー板って、変な形ね。改造ものなの?」
と雪子が、涼子の板を見ながら言う。
 涼子は、えっと思った。いわゆるカービングスキーだ。そんなに新しいものでもないはず、インストラクターがそんなことに驚くとは不可思議だ。
 だが、雪子は初めて、それを見るように真剣に見つめる。涼子は、雪子の履いているスキー板を見た。その板は、映画「私をスキーに連れてって」で見たような先がとんがって、反り上がっているような形。現代では主流ではない板だ。インストラクターだから、そんな板を履くのか、と不思議に思った。
 すると、二人のいるところに、スノーモービルが近付いて来た。中年の男性が乗っていた。
「どうしたんだ?」
と男。
「ああ、キャプテン、この子が改造もののスキー板を履いていて、ストックと片方の板をなくしたようなんです」
 インストラクターたちのリーダーの男は、涼子のスキー板を見る。
「何だ、これ? これってもしかして、スノーボードとかいうのじゃないのか」
「スノーボードだと、もっと大きくて幅が広くて付け方も違うんでは」
と雪子が言うと
「うーん、だが、スノーボードに似て非なるもの。とはいえ、通常のスキー板ではない。とにかく、ここでは、こんな板は滑走禁止だ。悪いが、すぐに退場してまともなのに履き替えるかしてくれ」
とキャプテンは言った。
「そうね。分かった? あなたは規則違反の板をつけているわ。他のお客さんに迷惑よ」
 雪子は、涼子を少し睨んで言う。
「え、悪いんですけど、この板はホテルでレンタルしたものですよ」
と涼子は言い返す。
「ホテルでレンタル? え、そんなものをレンタルなんてしているはずないわ」
「いえ、しているんです。今朝、借りてきたばかりですよ」
と涼子。突然、ふっかけられた苦情に仰天し、むかっとした。
「変よ。どこのホテル?」
「この下の志賀高原温泉ホテルです」
「あら、私が今、滞在しているところよ。今は、そこのホテルのお客さんを主に指導しているの。あなたもお客さんってこと?」
と雪子が言うと
「そうだけど」
と涼子は答えた。
「ふうん、それらしくないわね」
と何とも意味深な言葉を雪子は口ずさむ。
「おい、とにかく、このまま滑って貰っては困る。とりあえず、麓に降りてくれ」
とキャプテン。
 腑に落ちない気分で涼子は、キャプテンの後ろに乗せられ、スノーモービルで下まで降ろされることになった。雪子はスキーで平行してさっと滑り降りる。
 涼子は、雪子の滑りを見て驚いた。楽々と上級者コースの急な傾斜角を降りていく。プロ並みの滑りだ。顔を見ると、母、雪子が若返ったような顔。それに背格好も似ている。涼子の知っている母は、病気でかなりやつれているが、若くて健康だったら、こんな外見だったと思われる姿だ。
 だけど、母のはずではない。旧姓と名前が同じだが、若返ってこんなところにまで来て、こんなにうまくスキーが滑れるはずがない。
 麓に着いた。とりあえず、周囲を見渡す。何だか様子が変だと思った。そんなに変わってないはずなのだが、何かが変わっているというような雰囲気が漂う。
 リフト乗り場を見ると、かなり多くの人が並んでいる。もう時間が経ったからなのだろうか。ふと、そのスキーヤーたちのスキー板を見ると、皆、雪子がつけているような旧式のスキー板をつけている。カービングスキーやスノーボーダーは見当たらない。
 変なの、ホテルの係りの人は、今はカービングスキーが主流だと言っていたのに、実際は違うじゃないか。
 志賀高原温泉ホテルの前にスノーモービルが着く。涼子は降りて、とりあえずスキー板を外した。雪子もスキー板を外す。
「さ、行きましょう。お客様」
とからかうような感じで涼子に言う。雪子についていくようにホテルに入る。


続きを読む >>

テーマ:幻想小説 - ジャンル:小説・文学

スキー | 19:00:38 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。