■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
翻訳者小説「風と共に去らないでくれ」 第2章 侯爵と映画を観る
映画は国家の危機を救えるか。

まずは第1章をお読み下さい。

東京に帰った達朗は、自分を字幕翻訳者として雇ってくれている洋画配給会社の社長にGONE WITH THE WINDのことについて話した。
「ああ、その映画なら去年だったかな。うちにも配給の話しがあってな、君の前の翻訳者にフィルムを見て貰ったんだよ。だけどな、彼の話によると、当ご時世では上映は無理だという結論に達したんだよ。君も見たのなら分かるだろうけど、どうせ検閲ではねられるに決まっている」
とあっさりと答えた。
やはりそうか。確かに、内容は戦争批判の側面が多い。自由の国で、まだ戦争をしていないアメリカだからこそ、作れた内容なのだ。ただ、この映画の原作となったマーガレット・ミッチェル著の同題名の小説は翻訳され、すでに日本で出版されているという。タイトルは「風と共に去りぬ」だ。その翻訳小説書籍もあった。ただ、映画版は原作から省かれていたり、変更されている箇所があるという。
「とは言ってもな、ただフィルムと台本ならまだ保存しているよ。どうせ上映は無理だから返そうと思ってはいたんだが、いろいろあって返しそこねてな」
それはいいと達朗は思った。
「お願いします。何とか上映してください。そうだ、知り合いに政府や軍関係者と深いつながりを持つ人がいます。この映画を彼らに見せれば、国家の危機を救えるかもしれません。最初の上映会に呼ぶように頼み込んでみます。そこで認められれれば、全国でも上映することもできます」
達朗は、必死で社長を抱き込んだ。しばらくして、社長は考え込んだ挙げ句。
「よし、君がそういうのならいいだろう。だけど、その前に、その知り合いとやらにお偉方に対し上映する手はずを整えてもらうんだぞ」
それが条件になったが、達朗は、必ずして貰えると確信した。

その人は、「侯爵」と呼んでいる人で、つまり華族のタイトルを持つ人。亡き父の友人でもあった人で、達朗が子供の時から親しくしている。侯爵もアメリカやイギリスに留学した経験があり、日本がアメリカなどの列強と戦争しても勝ち目はないことは十分承知している。

侯爵に電話をして、配給会社の映写室に来て映画を観て貰うように頼み込んだ。忙しい中、何とか4時間分の予定を開けて貰った。

映写室で、フィルムを回した。侯爵は葉巻を吸いながら達朗のそばに座り映画を観る。達朗と同様に字幕などなくとも、原語で台詞を理解できる。

映画が始まる。最初に勢いのあるテーマ曲が流れ、カラーフィルムで農場、綿花畑、庭園、豪邸の風景が映し出される。同時に出演者、撮影スタッフのクレジットも流される。テーマ曲とそれが終わると、農場で黒人奴隷が働く姿が映し出され、物語の背景となる時代の説明を字幕文で流す。

これが、南北戦争時代(1861ー65)のアメリカ南部を舞台にしていること。それは、古き良き時代で、今や風と共に過ぎ去ってしまった世界であるということ。

GONE WITH THE WIND とは「風と共に去ってしまった」世界を意味している。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 01:28:28 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。