■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第1章 ラテックス・アレルギー
アレルギーといったら何でしょう。分かりやすくいうと、体に外部の物質が入った時に、拒否反応を示す現象です。医学的にいうと免疫反応といわれています。

体には常に外部からの物質が入り込んでいますが、ある限度を超えると、身体が受けつけなくなり、そのシグナルとして、様々な苦痛を伴う現象が、襲ってくるのです。

「アレルゲン」と呼ばれる外部物質は、食べたり、体に身につけたり、空気と共に吸い込んだりするなどして、入ってきて、免疫反応を引き起こします。また、電磁波のような物質ではないものが、体に過敏な反応を起こすこともあります。

これから、お届けする軽小説集は、アレルギーをテーマにしています。日常に潜むアレルゲンによって、思わぬ生活や状況を強いられ、その経験を通して変化していく人々が主人公です。

さて、まずは、着るものが原因のアレルギーから、不思議な体験をする男が主人公です。軽小説スタイルで。





ジャック・シャルボノは、カナダはケベック州モントリオール生まれのモントリオール育ちのカナダ人男性である。そして、この地方に多くいるといわれるフランス系カナダ人、英語でフレンチ・カナディアンといわれる人々の一員であった。

幼い頃から、家庭ではフランス語を話した。両親と親戚は、皆、フレンチ・カナディアンだったからだ。だが、学校では英語を話した。友人には、英語を母国語とするイギリス系のカナダ人とフランス語を母国語とするフレンチ・カナディアンが半々であった。

したがって、彼にとっての母国語は、英語とフランス語なのである。いわゆるバイリンガルであったが、隣のオンタリオ州のトロント大学に入ってからは、さらに一言語が加わり三カ国語を話せるトリンガルとなった。その言語とは、ジャパニーズ、日本語である。

きっかけは、大学時代、知り合い恋に落ちた日本人女性の留学生、渡部百合子に出会ってからだ。彼女は、もちろん英語が話せたが、彼女と彼女の母国語で直接話しができるようになりたいという想いから、日本語を専攻科目として学ぶことにした。百合子の助けも借り、日本語をどんどんマスターしていき、ついには百合子にさえ「日本人以上に日本語が話せる」と言われるほど上達し、大学の日本語学科を主席で卒業。卒業後は、英語、フランス語、日本語の間の翻訳と通訳をトロントで行うことにした。そして、百合子は、大事な仕事のパートナーとなり、ついには、プライベートでもパートナーとなることになった。

結婚に際しては、百合子の父親の泰蔵が、飛行機で来て結婚を承諾し、こじんまりとした教会での少人数の結婚式に出席してくれた。百合子の母親は数年前に亡くなっており、泰蔵は一人っ子であった百合子にとっての唯一の肉親である。

百合子の故郷を訪ねようと思ったが、仕事が忙しいことと、飛行機恐怖症だったジャックは、日本を訪ねることはなかった。妻の故郷を訪ねたことがないなんて情けない。飛行機恐怖症ぐらい克服して日本に行くべきだと思っていた。何せ、せっかく日本語が話せるのに、妻か、カナダに住むその他の日本人相手にしか使ったことがないとは情けないと思った。

だが不思議なことに、妻の百合子がジャックに日本行きを薦めなかった。というのは、百合子の地元は日本の中でも、保守的な土地柄で、外国人で白人のジャックを地元の人々は歓迎しないだろうと言うのだ。自分がカナダ人と結婚したことを町の人がよく思っていないという知らせを父や地元の友人から電話や手紙で聞いたという。歓迎されない上、漁業が主要産業の田舎町だし訪ねたところで退屈だろうと語った。百合子自身、そんな土地柄を嫌って、カナダに留学、大学卒業後、移住を決意したほどだという。

まあ、それなら仕方ないと思っていたが、結婚三年後、突然、夫婦で日本を訪ねなければいけない事態になった。それは、百合子の父親が、体調を崩し入院、退院したものの仕事を休み静養するようになったという。近所のおばさんが、時折、様子を見に行ったりするのだが、やはり六十近くで、一人暮らしの身の上というのが影響して心が沈んでいる感じだから、一人娘の百合子が一緒にいてやって、元気になるようにしてやれないかと連絡が入った。

さすがの百合子も心配でならなくなり、それならば、ジャックも一緒に行こうという決心をした。翻訳の仕事は、日本に移ってからでも、インターネットに接続する環境さえあれば十分続けられるし、調べたところ、田舎町だが、その点は問題ないとのことだ。

ジャックは、十数時間のフライトを必死に耐え何とか日本は関西国際空港に辿り着いた。空港から、電車を乗り継ぎ、百合子の地元、あわい町に着いた。中国地方の日本海に面した海岸の漁師町だ。百合子の家は、漁港近くで、窓から広々とした日本海が眺められた。泰蔵は、久しぶりに百合子とジャックに出会えたことで、機嫌良く二人を迎えてくれた。
泰蔵は地元の漁師である。

とりあえずは、百合子が昔から使っていた部屋を割り当てられた。さっそく家族で水入らずという感じで、付き合うことにしたが、泰蔵がかなり弱っていることは、ジャックから見てもよく分かった。トロントでの結婚式の時に顔を合わした頃より、ずっと痩せて顔に精気がない。百合子と背丈は同じぐらいで小柄なのだが、それがもっと小さく見えた。歳は五十八歳、まだ現役引退には早いという。なので、元気を取り戻したら、是非とも、漁師に復帰したいというのだが、もっとそのためには静養しなければならないし、元気づけなければいけない。ジャックは義理とはいえ息子として、どうしたらいいのか思索した。何とか力になれないか。ジャックは泰蔵のことを「お父さん」と百合子同様に呼んで接した。

この町に着いてから一週間が過ぎた。予想していたことが起こっていた。それは、ジャックが「外人」とひそひそ呼ばれることであった。ひそひそとジャックのことを話しているのに、ジャックと顔を合わしても、積極的に挨拶をする者がいない。皆、よそよそしく礼をするくらいだ。彼らが何を話しているのか、聞いてみるのだが、彼らの言葉は同じ日本語でも、ジャックが大学時代から学んできたものとは随分違う、この地方特有の訛りと方言が混じっていて理解するのが難しい。分からない言葉があると百合子にいろいろと聞いてみて、徐々に理解するようにした。しかし、言葉が理解できても、保守的で閉鎖的な町のコミュニティに入るのは、ことさら難しい。ましてや自分は、背の高い白人のカナダ人だ。時には見た途端、驚いて遠ざかる輩にも出くわす。明らかによそ者、それも、ガイジンとして差別されている。

そして、ここに来て、もう一つ困ったことを体感することになった。それは来た時期が悪かったせいだともいえる。



続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

和装 | 17:02:37 | Trackback(0) | Comments(0)
翻訳者小説「風と共に去らないでくれ」 第5章 予感
映画で国家の危機を救えるか。

まずは第1章から第4章までお読み下さい。


この映画のどの部分が反国家的で戦意低下を招くというのだ、と問い質した。
まずは、アトランタで戦死者リストを街頭で配るシーン。

スカーレットとメラニーは、アシュレーの名前がないか気になったが、リストには見当たらずほっとする。しかし、知人には息子や兄弟を失った者が数多くいて、それをほっといてはおけない心優しいメラニー。兄を失った青年が、怒り狂って自分が志願して、北軍をやっつけると叫ぶ。それに対しメラニーが、これ以上、ご両親を悲しませることがあってはいけないわと、留める。
 
「国家総動員で聖戦を挑んでいる時代に、戦いを欲する青年を引き留めるような内容はふさわしくない」と小野田は檄を飛ばした。聖戦とは、中国大陸のことだ。すでにかなりの犠牲者が出ている。日本では兵士の多くが。中国では民間人の間にもだ。そして、そのことが日米の緊張を増幅させる結果を招いてさえいるのだ。

次に、病院で兵士の看病をする場面。看護婦をするメラニーとスカーレット。献身的な看護をするメラニーの元で思い出話をする傷ついた兵士達。
腐った足を切断しなければいけなくなった兵士がいて、必死で拒否する。そして、物資不足から麻酔投与なしで足を切る手術をすることになった。男は必死で「やめてくれ」と叫ぶ。スカーレットは、そんな光景に耐えられなくなり、病院を抜け出す。

病院のベッドが足りなくなり、路上に怪我人が放置され、包帯も薬品もない状態。

アトランタは、その間もひっきりなしに北軍からの砲撃を受ける。スカーレットは、アトランタを去り、故郷のタラに帰る決意をする。

火に包まれるアトランタをレットの助けを借り馬車で脱出する。抜け出した後、荒廃していく南部を尻目にレットはスカーレットにこう告げる。
「南部の最後を見ておけ、これを後世まで語り継ぐんだ」
それに対し「私たちをこんな目に合わせてひどい。レット、あなたは軍に入らなくてよかった」とスカーレット。

「こんな場面を見せられるか」と小野田。
「でも、これが、戦場の実態だろう」と達朗。
「今、国民は、恐れを持ってはいけない時だ、まるで戦争で傷つき負けて落ちぶれていくことを予感しているようで、けしからん」と小野田。
「予感が、その通りになったらと考えたことはないのか」
「何?」

続きを読む >>

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 23:45:53 | Trackback(0) | Comments(0)
翻訳者小説「風と共に去らないでくれ」 第4章 卑猥
映画で国家の危機を救えるか。

まずは第1章から第3章までお読み下さい。

内務省から来た検閲官は、名を小野田といった。眼鏡をかけ顔が細く、年齢は40ぐらいのようだ。なんだかいかつい。まあ、そんなものだと思った。今まで、何人かの検閲官と会ったことがあるが、みんなそんな風な奴らだった。もっとも、対応は社長がしていた。自分は、挨拶をしたり、時々、訳文の説明をするのに同席したぐらいだ。

今日から数日、この映画の検閲をするに当たって、ずっと同席をしてもいいということだ。社長も、いつも通り同席するはずだったが、何でも別れを持ちかけた妾が自殺未遂を起こしたため、急遽来れなくなり、達朗一人だけで対応してくれといわれた。

これは、かえって難しくなるかもしれない。社長は人当たりがよく交渉上手だから、自分が訳や編集のことで、検閲官ともめても、潤滑油のような役割を担ってくれると期待できたのだが、その潤滑油がない。思いっきり自分の主張ができる反面、相手を激怒させ全てをおじゃんにしてしまいかねない。

慎重さが大切だ。

まずは、この4時間近い映画が、前編と後編に分かれているので、最初に前編の原語の台本と訳文ノートをざっと読んで貰い、その後にフィルムを上映。区切りのいいところでは止めて、台本、ノートと見合わせて観賞して内容理解しながら流していく。その後、後編もノートを読んで上映とした。それで、その日は終わった。小野田は、ノートを読む際も、映画を観ている時も一切、表情を変えずに、何を考えているのか分からないという感じの態度だった。
小野田は英語を高等学校などで学んでいたので、それなりに理解ができるというので、原語の台本と訳文、映画の台詞を話している状況で、字幕なしでも、しっかり字幕を見た普通の観客と同様の立場で観賞ができて理解したと、明日、具体的な検閲指示をすると言って映写室を去った。

そして、翌日となった。

思った通り、かなりの削除指示があるとのことだ。まずは、なんといっても、ラブシーンだ。接吻、つまりキスシーンは全てカット。ま、それはこれまでの洋画でよくあったことなので予想できたが、しかし、困ることがある。

最初のキスシーンは、スカーレットが恋いこがれるアシュレーが婚約者のメラニーとキスをする場面。それは、スカーレットが窓越しでそんな二人の姿を眺めるところだ。その時、スカーレットはメラニーの鈍そうな兄チャールズから求婚を受けているところだった。当然、スカーレットは乗り気ではないが、アシュレーとメラニーのキスし合っている情景を見て、自分をふったアシュレーに対する腹いせから、チャールズの求婚を受けるのだ。

なので、カットするとその辺の事情が分からなくなる。しかしながら、キスしている場面はカットされても、アシュレーとメラニーが親しげに話す場面と、それを窓越しに眺めるスカーレットの悲しそうな表情で、その事情を読み取って貰えるだろうと期待した。

だが、もう一つ重要なキスシーンがある。

続きを読む >>

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 01:23:50 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。