■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
性を考える小説「セックス・ティーチャー」 第2章 元教え子
ある体育教師が元教え子からとんでもないことを頼まれる。それは男を驚愕の世界へと誘うことに。

 まずは第1章からお読み下さい。

 二人は学院近くの喫茶店にいた。中は空いていて、二人以外にはサラリーマン風の客が一人カウンターに座っているという程度であった。二人は隅の壁際のテーブルの席に座っていた。顔を合わすのは三年ぶりだ。山口夏美といったかな。以前、体育教師だった頃、受け持っていた二年生のクラスの一員だった。
 その学校は、私立K学院のあるK町から電車で三十分ほど離れたT町にあった県立T高校。同じN市にありながらK町とT町は山の手と下町のような違いがある。
 その意味で夏美はT町の生徒の典型であった。担任教師から聞いた話だと彼女は中学生の時に両親が離婚。その後、母親と弟で暮らしているのだが、経済的には厳しく、授業料や給食費をよく滞納していたと聞く。
 食事を抜いて授業に出ていたと分かる時もあったくらいだ。そんな時は、彼女に無理をさせないように篠塚は心掛けた。
 そして、授業が終わった後、彼女を食事に誘い、もちろんのことおごった。彼女以外の生徒にも、時々同じようなことをした。
 特に夏美には目をかけた。彼女は、体育では同学年女子の中ではトップクラスの運動神経であり篠塚は彼女に五を与えた。
 彼女自身、自分の運動神経を活かした職業に就きたいと語っていたのを覚えている。何でもダンサーになりたいと。確かにダンスには向いている運動神経をしていた。体が柔らかく百八十度の開脚が自由自在に出来た。どんなスポーツをさせても動きが機敏だった。そのうえ顔とスタイルが抜群ときている。
 そのせいもあってか、特に彼女には目をかけた。
 だが、あんなことがあってから、彼女とは顔を合わせられなくなった。しかし、それは彼女のせいではなく篠塚のせいである。だからこそ、篠塚は自ら去った。そうしなければならなかった。
 あれから三年、今の夏美は当時に比べると見違えるほど大人っぽく色っぽい女性に変身してしまっている。あの時でさえ美少女という言葉がぴったりであったが、それに輪をかけたように大人びた魅力が付加されている。今は化粧に少し茶色に染めた長い髪の毛、体にフィットしたワンピースのミニスカート、足にはハイヒールを履いている。完璧な大人の女性だ。あどけなさはすっかり消えている。
 さぞ、男にもてるのだろうと思える。篠塚も思わずじろじろと見つめてしまう。
 洋食屋で夕飯ということにした。
「久しぶりだな。元気にやっているか」
と俊雄は言った。気まずい面持ちのままではいけないと思い軽い会話をすることにした。
「ええ」
と夏美は笑顔で応える。もう先生と生徒という間柄ではないということはお互いの共通認識になったかのようだ。
「そういえばダンサーになりたいとか言っていたな。どうなんだ」
「しっかりやっているわ。先生のおかげかしら」
「俺のおかげ、どういうことかな。ダンスは体育の授業で教えるのは担当ではなかったと思ったけど」
 現にそうではなかったし、男子に対しても女子に対してもT高校ではダンスを教えるカリキュラムは体育の授業になかった。
「でも、先生のおかげ」
と微笑む夏美。実に可愛らしい笑顔だ。微笑む可愛らしさは当時のままだ。俊雄はほっとした。何と言っても、気掛かりでならなかった。大変な境遇で生きている健気な女子生徒である彼女が、その後、どうなったか気になるのは受け持った教師として当然である。
 俊雄は注文したコーヒーを飲み、言った。挨拶ではなく本題となることだ。
「頼みって何だ。俺にしか頼めないことって言っていたよな」
「ええ、そうなの」
「ほう」
「先生に私の出る舞台に出て貰いたいの」
「は? 舞台って、ダンスのか」
「ええ、そうよ」
と夏美は怪訝な表情をする。俊雄の反応を予想していたかのようだ。
「俺にはダンサーは無理だ。体育はやっているが、ダンスはあまり経験もないし得意でもない」
と俊雄。事実そうである。体育教師として研修としてフォークダンスとか社交ダンスの初歩的なことを習ったことはあるが、しっかりと身につけたわけではない。教えることもできなければ、自ら公に披露して踊ることさえもできない。それにダンスはスポーツというより舞踊であり芸術の分野と捉えている。
「舞台で私と踊るのではないの、絡み合って貰いたいの」
と夏美が思わぬことを言う。
「からみあう? 何のことだ? もしかして格闘技か」
 実のところ、格闘技も得意分野ではない。体育の研修として柔道、空手、合気道、レスリングなどを学習したことはあるが、それも教員として教える資格を取得するまでに至っていない。あくまで学校の基礎教育としての体育の教員資格だ。特化した種目は、テニスとスキーである。
「格闘技ではないの、ある種のパフォーマンス?」
「パフォーマンス? 芸ごとでもしろというのか」
 夏美の表情がなぜかかたくなった。
「先生、本番ショーって知っている?」


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

| 01:55:28 | Trackback(0) | Comments(0)
性を考える小説「セックス・ティーチャー」 第1章 カリスマ教祖
人間にとってセックスとはいかなるものかを問う小説。内容が内容なので18歳未満お断り。

 セックス教団「自然体」の大集会会場。大きなホールに千人近くの老若男女が集まっている。彼ら彼女らは、敬愛する教祖「ティーチャー」の登場を待ちわびている。そして、皆、生まれたままの姿である。まさに自然体なのである。
 
 その中の一人に、その教祖を長きに渡って知る男がいた。彼は教祖が、なぜ「ティーチャー」と呼ばれるのか、その所以を知っていた。物語は彼とティーチャーが初めて出会う二十数年前に遡る。男が、まだ若く敬愛するティーチャーが、その名の通り「先生」であった時だ。

 一九八五年 夏
 篠塚俊雄は、名門私立K学院高校の体育教員であった。年齢三七歳、身長 一八〇センチの長身に体重八五キロの筋肉質な引き締まった体格。精悍な顔付きをしていて、いかにも体育教師という風格だが、けっして強面ではない。むしろ二枚目といった方がいいだろう。日焼けしたような浅黒い肌で歳より若く見える。話し声には張りがあり、はつらつとした響きがする。授業で指導する時は、気さくで明るさを振る舞いながら接し、生徒は誰もが篠塚に会えるのを楽しみにした。時に厳しいこともするが、それは篠塚の親身さの表れであると受け止められるほど、嫌みっぽさは全く感じられず、かえって信頼を高めることの方が大きかった。
 篠塚は、子供の頃から運動神経万能であった。小学校の頃は水泳を、中学の時はバレーボールをした。高校時代、大学時代はテニスとスキーで体を鍛え、テニスとスキーで国体に出場した経験があるほど、どんなスポーツをやらせても、すぐに上達し活躍をした。
 なぜ、教師になったかというと、それは両親が教師だった影響が強く、大学は教師になるため教育学部に入った。当初は国語の教師を目指していたが、せっかくの運動能力を活かして体育教員の資格も取得することになり、結果、高校までの国語と体育・保健の教員免許を取得することになった。
 大学卒業後、最初の五年間程は、中学校の国語と体育の教師になったが、やってみると断然、体育教師向きであると分かり、その後、高校の体育・保健教師のみとして務めることにした。五年間ほど、ある公立高校の体育教員として赴任した。
 そこは、けっして環境のいいところではなかった。低所得層の家庭の子供たちが通い、家庭環境がひどいせいか、勉強はしない、授業はさぼる、学校のものを平気で汚したり壊したりする、教師へ暴力を振るったり、同級生をいじめたりする不良な生徒たちも多く、学校は生徒たちの生活指導に、かなり手こずらされていた。
 だが、むしろそのことが、篠塚にとっては能力を発揮する機会になった。篠塚の風貌は、それだけで生徒たちを惹きつけ、親身で時には厳しい指導により、元気づけられ、篠塚を中心に連帯の輪がどんどん広がっていく現象が巻き起こった。篠塚にはカリスマ性があった。そのカリスマ性をもって指導に当たり、生徒たちに、どんな不満があろうと、どんな困難があろうと目標を成し遂げることの大切さを教えていった。生徒たちは、いい方向へと変化していった。
 篠塚の存在で、学校の環境はみるみる良くなっていった。それは篠塚にとっても、喜びとなった。だが、ある出来事により、篠塚は、その高校を去り、私立K学院に移ることになった。その出来事とは、ある女子高生との間に起こったことだ。篠塚と彼女しか知り得ないことである。学校側には理由を告げず、篠塚は、惜しまれながら辞めた。知り合いの紹介で転勤したのが、私立K学院である。
 K学院は、中学校と高校のある男女共学の名門私立であり、毎年、国立や私立の名門大学への合格者を多数輩出する実績を持つ進学校であった。生徒の多くは、裕福な家庭の育ちで、何不自由なく育った生徒たちだ。家庭環境に恵まれているため、不良などは一人も見られない。前にいた学校とは、その点が大きく違っていた。
 だが、カリスマ性は大いに活かされた。学院は文武両道を信条に、学業だけでなく、運動にも力を入れたいと考えていた。篠塚のような教員が入ってくれれば、生徒の運動能力向上にも大いに役立つだろうと期待が寄せられた。篠塚は、体育担当と共に、学院の高校テニス部の顧問を任ぜられた。K学院の体育・保健教員、そしてテニス部顧問として赴任してから三年間の時が流れた。着実に実績を上げていた。篠塚は、学院では誰もが知る人気者の教師であり、篠塚の授業を受けられると聞くと誰もが心弾んだ。
 テニス部は篠塚が顧問になって以来、部員を倍に増やした。そのうえ、県大会で準優勝を飾るなど、これまでにない実績を上げるまでになった。実に順風満帆だが、そんな篠塚にも悩みはあった。
 それは、篠塚を知る多くの人々が不思議がる事柄とも関連する。篠塚は三七歳という年齢だが未だに独身である。誰もが不思議がった。彼ほどの男なら、もう結婚して子供がいてもいいはずだ。こんな二枚目で、オーラを放ったスポーツマンがもてないはずがない。現にもてている。女性教職員にとっても、女子生徒にとっても篠塚は憧れの的だ。学院内の女性は、学院長の野崎女史を含め篠塚を見る時は目を輝かせる。こんないい男、めったに会える者ではない。
 篠塚自身にとっても、それは悩みの種でもあった。どうして駄目なのか。篠塚は、自身の体の機能には問題がないと思っている。女性は好きだ。子供の頃からもてたので、これまで多くの女性と付き合ってきた。彼女たちに魅力を感じ、肉体的な関係を持ちたいと思うことも多々あった。しかし、それが、これまでできなかった。


続きを読む >>

テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

| 02:17:33 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。