■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第3章 太郎
高温多湿の日本に来てゴム・アレルギーにかかったカナダ人が体験する日本の伝統文化とは。

まずは第1章第2章を読んでください。

「いらっしゃい」という威勢のいい中年親父の声が発せられた。
中は、テーブルが3台ほどとカウンターのある狭いひなびた食堂だ。カウンター越しに、店主らしい大柄で太った中年親父が立っていた。
「お久しぶり、源さん」と百合子が声をかける。どうやら知り合いのようだ。
「おお、百合ちゃん、本当に久しぶりだ。何年ぶりだろうね、で、その人が、噂で聞いていたカナダ人の旦那さんかい」
「ええ、ジャックっていうの」
ジャックは、その源さんという人に、にっこりと微笑み「はじめまして、ジャックです」と挨拶した。
「ほう、さすが、百合ちゃんが選ぶだけあって、いい男だね」
百合子は、少し照れた顔をする。
「さあ、座って、百合ちゃんの旦那さん、ジャックさんも。今晩は、俺がおごるよ。丁度、いい魚が手に入ったんだ。百合ちゃんとの再会とジャックさんといういい旦那さんのお披露目を記念してご馳走してやるよ」
なーんだ、町の人はいい人じゃないか、とジャックは思った。百合子が言っていたほど、よそ者を嫌うというタイプではなさそうだ。ちゃんと接してみれば、打ち解けて貰えそうだ。
ジャックと百合子が席に座ると、源は酒の瓶とグラスのコップをテーブルに持っていき、酒をついでくれた。
「ねえ、太郎君はどうしてるの? 聞いたところによると、彼はイギリスに行ったとか」と百合子。
太郎? 初めて聞く名前だとジャックは、はっとした。誰だ?
「それがな、あいつ駄目な野郎で、結局、日本に舞い戻って来てしまっんだ。百合ちゃんのまねして留学しようと無理しちゃってよ。だが、あいつに外国暮らしなんてできっこなかったんだよ」
「じゃあ、ここに戻ってきているってこと」
そう言う百合子の口調と表情を見ると、何だかいわくがありそうだ。
「ああ、百合ちゃんが戻ってきたことも知ってるよ。だけどな、あいつ、恥ずかしくて会いたくないそうなんだ。何たって、百合ちゃんが、こんないい旦那を連れて帰ってきたんだもんな。会わす顔がねえよな」
その時、ガラーと戸が開く音がした。
「はら、噂をすればだ」と源が言った。
「太郎君、お久しぶり」と百合子が声をかけた。目の前には、百合子と同じ歳ぐらいの若い青年が立っている。いかにも地元の若者という感じのあどけない顔付きの男だ。その顔は源という男にそっくりだ。つまりは息子ということか。背は百合子と同じぐらいで低い方だ。だが、体格はがっしりとしている。
「久しぶり、百合子ちゃん」と太郎は返す。いかにも親しそうだ。太郎はジャックを見つめ、
「この人が百合子ちゃんの旦那さん」
「ええ、そうよ。ジャックというの」
太郎はかたい表情で見つめる。ジャックは、にっこりして「はじめまして」と一言。本来なら「お噂はかねがね」と言いたいところだが、全くの初耳の人物だ。なぜ、百合子は、この男のことを今まで話してくれなかったのか。その理由は、この男の表情と、この後に取る行動で読めた。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

和装 | 17:00:40 | Trackback(0) | Comments(0)
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第2章 褌と浴衣
高温多湿の日本に来てゴム・アレルギーにかかったカナダ人が体験する日本の伝統文化とは。

まずは第1章をお読み下さい。

身につけ方は実に簡単であった。白くて長い布きれを垂らすように紐が上両端に通っている。紐をへその下で結び、尻から垂れた布をまくり上げ、結んだところまで引き寄せ、紐の下をくぐらせ、それを、また紐の上に垂らした状態にする。だらりと長い布が股間の間に垂れた状態になる。
褌


なんでも、日本では、医療用に入院患者が長時間ベッドで寝そべる時、快適になるように身につけさせているという。だが、ガイジンのジャックにとっては、全くの未知の体験だ。

試しにつけてみたものの、なんとも不思議な下着だ。ゴムではなく、紐で腰を締め付けられる感覚。それは、ブリーフでもトランクスでも味わえない感覚だ。鏡で自分が褌を身につけた姿を見ると、びっくりであった。これは、カナダでは先住民が身につけているものに似ている。

ブリーフのようで、トランクスでもあり、どちらでもない機能がある。つまり、ブリーフのように大事なものを包み込むが、同時にトランクスのように隙間があるので、通気性がいい。高温多湿な日本ならではの下着なのだと思った。

百合子は、ジャックの褌姿をみて、大いに喜んだ。「とってもセクシーよ」と。泰蔵も、「おう、褌かい、にあっちょるぞ」と言ってくれた。だが、泰蔵は、こんな褌は着たことがないという。ジャックは、それを知って驚いた。なんでも、泰蔵の父親、百合子の祖父の世代以前なら普通に着ていたが、泰蔵の子供の頃から日本の下着の主流は、ブリーフかトランクスになっているという。つまりは、日本人が着物を着なくなったのと同様に、下着も洋服に合わせて変わったということだ。確かにそうだ。ズボンを上から履くと、褌には困ったことがある。それは、小便をするためチャックを開けて、一物を取り出そうとする時、布が邪魔してやりにくいのだ。長い布が、チャックの前でくるまってしまう。

「ねえ、だったら浴衣を着ない?」と百合子が薦めた。

続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

和装 | 20:54:03 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。