■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第5章 祭りの褌
高温多湿の日本に来てゴム・アレルギーにかかったカナダ人が体験する日本の伝統文化とは。

まずは第1章から第4章までお読み下さい。


ジャックは百合子と泰蔵に六尺褌を着て海岸に行き、太郎に出会ったこと、太郎に言われたことを伝えた。
「へえ、太郎がそんなことをね」と百合子。
「六尺か、わしも昔つけていたな。子供の頃は、海水浴は褌じゃったよ。褌ならば溺れていても、つかみやすく助けられるからな。それに、祭りでもな」と泰蔵。
「祭りって? 夏祭りのこと?」と百合子が不可思議そうな顔を。
「そうじゃぞ」
「うそ、祭りで褌なんて見たことないわ。下はハンダコという短パンをつけて、上は腹巻きと胸から上が裸になるんでしょう」
「おまえは覚えてないかもしれないが、おまえが物心つく前ぐらいは、祭りでは御輿を担ぐ男共は、全員、褌じゃったんだ。腹巻きのさらしは褌にくくりつけていた。その格好で、海渡りもしたんじゃあ」
「へえ、そうなの。初めて知ったわ」
ジャックは「夏祭りですか、今年もあるのですか?」と訊いた。
「ああ、そうじゃよ。確か、今年は順繰りでわしらの家が大将と幹事をすることに」
「え、そうなの?」と百合子。ジャックは興味津々になった。
「そうじゃぞ、しかし、褌をみんなしなくなって、面白くなくなったな。本来、祭りでは、御輿を担ぎ、男衆が海を渡り、無病息災、大漁を神様に願うことになっているのじゃ。祭りが始まった時代は、漁師は皆、褌をしていた。だからこそ、伝統にしたがって、褌を締めるものなんじゃが、時と共に恥ずかしがる若者が出てな。尻を丸出しにするのが恥ずかしいからだってな。昔は、誰も恥ずかしがらなかった。そもそも、ああいう格好をさせることに意義があるものだったんじゃ。男たちの体を見せて、女たちはそれで自分の好みの男を見つけだしたものじゃ。死んだ母ちゃんも、わしの尻を見て、わしと一緒になりたいとおもったと言ってくれた」
「へえ、そうだったの」と百合子が驚きの表情。ジャックも驚いた。

どうして、褌を日本の男は恥ずかしがるようになったのか。ジャックはネットで調べてみることにした。それで分かったことは、太郎が言ったように、日本人のライフスタイルの西洋化が原因の一つとして大きかったみたいだ。19世紀後半から、日本は欧米に見習った近代国家になるため、積極的に西洋文化を採り入れた。その結果、着物から洋服へと着るものを変えていった。そのため、前垂れのある男子の下着としての褌は、ズボンには合わずパンツに変わっていった。

水着としての褌は、西洋人からすると、海岸やプールで尻を丸出しにする格好は、野蛮で恥ずべき姿に映った。かつてオリンピックで日本人選手は練習では褌をしていたが、実際の競技では海パンに着替えたという。

また、工業化が進み既製品として海パンが安価で買え普及することで廃れていったという。かつては、庶民にとっては褌を着るしかなかった。その意味で身につけやすい海パンは普及しやすかった。確かに、トイレに行くたびに褌では外したりつけたりと大変だ。


今では、褌といえば、相撲取りがつける回しとして、そして、一部の祭事でのみ一種の見せ着として男が着用することになっているが、祭事ごとでは、褌は見られなくなってきているという。着ることが少なくなると共に、見ることも少なくなっているので、見せる側も見る側も恥ずかしいと感じるようになっているからだ。なので、褌に替わり、尻と太股を覆うハンダコや股引が主体となっているらしい。

だが、祭りというのは、ある種の伝統を引き継ぐものだ。それを変わりゆく時代にそぐわないからといって捨てていいものなのか。太郎が言っていたように、アイデンティティの問題でもある。日本人は、そんなことを平気でするのか。


翌日、太郎の父親の源が、訪ねてきた。なんでも来週開かれる夏祭りの幹事の引き継ぎをするために来たのだと。今年は順繰りで、二十数年ぶりに、泰蔵と百合子の家に、その役が来たんだという。というのは、源の家と泰蔵の家は、どちらも地元の漁師であり、地元の神社の氏子でもある。氏子の家は、毎年、順繰りで祭事の執り行いの役を担う。
それは、その家の当主とその長男、もしくは娘婿がする役割になっている。幹事になったからには、祭りの目玉イベントである御輿の海渡り担ぎで、御輿の担ぎ棒の先頭にいき掛け声をかけ一行を率いらなければならない。

だが、源は、ジャックに対して、こう言った。
「しかし、大丈夫かな。泰蔵さんは元気ないようだし、それにあんたは外人だからな」


続きを読む >>
スポンサーサイト
和装 | 14:16:32 | Trackback(0) | Comments(0)
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第4章 六尺褌
高温多湿の日本に来てゴム・アレルギーにかかったカナダ人が体験する日本の伝統文化とは。

まずは第1章から第3章までお読み下さい。


ジャックは海水浴がしたくなった。日本の夏は暑い。ただ暑いだけではなくカナダと違い、湿気が強いのだ。だから、汗だくだくとなる。部屋でクーラーをがんがんに入れて過ごすのもいいが、スポーツが好きなジャックにとっては、家の中でじっとしているのは我慢できない。翻訳の仕事が一通り終わり、どうしても外に出たくなった。

百合子は海水浴を薦めた。ジャックにとっては海水浴は生まれて初めての体験になる。なぜなら、ジャックが住んでいたモントリオールもトロントも海はない。湖や川はあるのだが、そこで泳ぐということはあまりしない。泳ぐといえばプールだ。

海岸の町に来たのだから、海水浴も悪くないと思った。日本人にとって海水浴は、高温多湿気候のむさ苦しさから逃れるためにあるように思える。

だが、問題があった。ラテックス・アレルギーだ。海水パンツを買って着てみたが、すぐにアレルギーの症状がウエスト辺りに出てきた。これでは駄目だ。ゴムのない海水浴着はないものか。となると、? だが、下着として身につけているは、海水浴に合うとは思えない。水の中に入るとゆるゆるだ。特に長い前垂れが波にさらわれやすい。

だが、ゴムの入った今の海水パンツを着る前に日本人は、どんなものを着て海水浴をしていたのか興味を持った。それ用のがあったのではないか。ネットで調べてみると、思った通りであった。同じでも種類は違うが「六尺」といわれるもの。長い布を股と腰に巻き付けるように身につけるらしい。身につけ方は、長細い布を股の間に通して、布をねじり細いロープのようにして背中の尻の割れ目の上辺りで曲げる。そして、またねじりながら、ウェストを一周して、尻の割れ目の上当たりに戻すと、そこで交差する形に結びつける。まるで、折り紙や風呂敷包みの技を応用したような身につけ方だ。



ジャックは、呉服屋に行き、六尺が欲しいと伝えると、呉服屋の店主は、ロール上に巻かれた長い黒布を取りだし3メートルほどで切って渡した。
「今時、こんなものを身につける人はいないけどね」と店主は言った。
ジャックは、なぜ日本の褌はこんな布きれ一枚でできているのかと訊くと、店主は、それは生地が貴重品であった時代の名残であると説明してくれた。着物と同様に長方形の生地を反物からまっすぐ切り取り、その形のまま使うのが、一番無駄のない使い方とされたからだ。着物は、そんな長方形の生地を組み合わせてあのような形となってるのだ。
生地を多く使ってるようで捨てる部分が残らないようにする使い方ともいえる。
昔の人ならではの知恵ともいえるか。

ネットで見つけた六尺褌の付け方を真似、つけてみた。四苦八苦の末、何とか身につけられた。パンツのように足首から上げて履くのと違い、布を自分の体に合わせ巻き付け、体から離れないように締め込むのは実に面倒な作業だ。自分の体に密着したつけ方が分かるのに30分を要した。

着てみると、明らかに海水パンツとは感覚が違う。尻がむき出しになった状態で、股から尻の割れ目に沿うように布がぴったりと張り付く。というか、布が尻の割れ目に食い込んだ形だ。それが何とも言えない感覚を与える。まさしく「締める」という感覚だ。不快といえば不快だ。

ああ、これは相撲取りの回しに似ている。相撲取りもこんな感覚で、相撲をとっているのか。だが、この格好で水の中に入るのである。どんな感覚なのか。

ジャックは、一人海岸の人の少ない場所へ行った。歩いて数分ほどで、静かで小さな浜辺を見つけた。晴れ渡った日、誰もいないところだ。どうして、そういうところに行ったかというと、尻を丸出しの状態で人目にさらされるのを避けたいからだ。この点、下着としての褌とは違う。おまけにジャックは外人だ。好奇の目に普通以上にさらされる身である。

百合子にも見られたくなかったので、彼女がいない間に、試すつもりで誰もいない海岸にやってきた。さあ、入るぞと波打ち際に近付くと、後ろから声をかけられた。それも英語だ。日本人の話す英語だ。
「そういうものって、あなたたちにとっては野蛮なウエアなのじゃない?」
振り向くと太郎がいた。


続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

和装 | 17:14:54 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。