■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
社会教訓小説2: ふれあい商店街 最終章 取り戻すべき失われしもの
失われた地域コミュニティが問いかけるものとは。

まずは第1章から第6章をお読み下さい。

地域コミュニティに貢献することを信条にかかげた個人商店主のみが販売されることが許されるプライベート・ブランド「ふれあい商店街」の発売日となった。そして、それは昭和商店街で最初のお披露目となった。同時に商店街も「昭和ふれあい商店街」と改名された。NPO「ふれあい商店街」もここに拠点を置く。地元の人々はもちろんのこと、メディアの取材も多数訪れ大盛況だった。

価格は、大手のスーパーなどに比べ割高であるが、安心と安全、そして、地域に密着した存在であるアットホームをキャッチフレーズに、多くの人々が興味を示している。この昭和ふれあい商店街だけでなく、全国に展開する予定もしっかり立てている。

安くて品ぞろえが豊富であればいいという考えでは駄目だということに多くの消費者が気付き始めた。特にウォーリーマートの商品の様々なスキャンダルは、多くの消費者に衝撃を与えた。利益を追求するあまり、まがいものばかりが売られていたということだ。顔のない生産者の商品を顔のない販売者が売る。消費者は、生産者と販売者にとっては顔のない存在。互いに気にかけない者同士だ。その結果が、商品の安全性に対しての関心さえも薄めてしまった。

気がつくと、信用できる商品も販売者も存在しなくなってしまった気がする。町には、誰とも知らない人々ばかりが集い、味気ない空間になっている。それがチェーン店やフランチャイズ店の進出により、全国に広がったのだ。

ならば、かつてあった人々が何気なくふれあえる商店街をとり戻そうではないか。だけど、ただのセンチメンタリズムに浸っては駄目だ。大手チェーンにはつくれない付加価値がなければ、取り戻すことなどできない。それが、プライベート・ブランドだ。相手に対抗する手段として、相手が使う技を逆手に利用したのだ。だが、こちらは彼らとは違う目的で使う。彼らとははっきりとした違いを見せるための目的だ。

真知子は、商店街の通りで人々に声をかけたり、パンフレットを配ったりとある種のキャンペーン・ガールに扮した。反応は上々だ。商品もどんどん売れている。これをただのブームに終わらせてはいけないと思った。この商店街も、一つ間違えば、あの岡村屋のように、と思うと見を引き締めないとと思った。とりあえず、一難は去った感じだ。予定されていたウォーリーマートの新店舗建設が中止になってほっとした。数ヶ月前の自分なら、全く逆の立場だった。それもこれも、あの岡村屋の話を聞いたからだ。あんな悲劇を起こしてまで、利益を追求しなければいけないものだろうか。ほんの些細な目先の利益を。

気がつけば、手にした利益以上の損失を被ることにもなるというのに。

真知子は、一休みをするため、事務所に戻った。座って冷たいお茶を飲みながらテレビでお昼のニュースを見た。それは、真知子にとってはかつての大ボス岡村社長の辞任会見であった。就任して数か月であったが、責任は逃れられないと判断したためだという。会見で岡村が自らの辞任について話を始めた。生中継だ。

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 15:06:22 | Trackback(0) | Comments(0)
社会教訓小説2: ふれあい商店街 第6章 パパママ・ストア・ブランド
失われた地域コミュニティが問いかけるものとは。

まずは第1章から第5章をお読み下さい。

集会の後、真知子は、町内会の役員の方々、フィールドマンと話し合い、自らのプランを説明、フィールドマンから、それを元にした助言も受け、対抗プランを構築していった。

その翌日、真知子は会社に辞表を提出した。プランの実行に専念するためだ。そして、真知子は、そのプランを実行に移すため、元同僚にコンタクトを取った。商品開発部の元生産発注担当であった成瀬氏である。

成瀬氏は、真知子より十以上年上の男であり、体育会系のがっちりとしたタイプの人だった。企画された商品の生産委託先を選定し、価格の交渉を任されていた。利益を上げるためには、生産コストはできるだけ下げなければならない。委託先の工場にかけ合い、最低限まで受注価格を引き下げるように迫るのはかなりの重圧で、時に委託先業者と利益率を気にする上層部との間で板挟みになることもしばしばだった。ついには、重圧に耐えきれず転職をすることになった。今は、サラリーマンを辞め、自営でビジネスコンサルタント会社を運営している。

成瀬は真知子の退職を聞いて驚いた。その理由も話した。
「なるほどね。まあ、そんなものだろう。大手チェーンといえば、そういう仕組みなんだ。君も僕も、そんな仕組みの中に取り込まれていたというわけさ。だけど、どうして、僕に会いに来たのだ?」
「成瀬さんが必要なの。退職後の新しい事業展開で。骨格はできていて、関わる人たちからの合意はとりつけているわ。問題は、実行におけるサポートが欲しいの」
「新しい事業って?」
「商店街などの個人商店のためのプライベート・ブランドをつくるの。生産された商品は、大手チェーンではなく、個人で経営する零細な店のみに流通させる仕組みよ」
「え、そんなバカな。そんなこと出来っこない。したとしてもコストで大手にはかなわないぞ」
「コストで勝負するなんて考えていないわ。価格は高くてもかまわないの。売りは、安心、安全、アットホームよ」
「なんだ、そりゃあ?」と成瀬は驚く。
真知子は、内容を詳しく説明した。

続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 18:06:21 | Trackback(0) | Comments(0)
Translated Novel: "Let's Fundoshi" Chapter 2
A Candadin man experiences FUNDOSHI, Japanese traditional male underwear, swimming suit and custume for festival.

Read Chapter 1 first.

It was very easy to put on. Long white rectangular cloth with strap both side top. Connecting the strap from both ends in front and Hanging white rectangular cloth behind and bring the cloth to fronside and hang on the strap.

In Japan it was used for patients who had to stay on bed for a long period of time. That made them comfortable. For Jaqcues it was totally different experience.
He put it on and found it very mysterious underwear. Not using rubbers only straps tightens his waist. It was something one could never feel with briefs or boxers pants. When he looked himself in a mirror it was shocking to him. He looked like Native man in Canada.

It was not briefs nor boxer's pants. It has function that never shares with others. It could hold his balls like briefs but filter the air like boxer's pants. It was indeed the underwear for Japan's hot and humid climate.
Yuriko was so glad to see him and said to him "You are very sexy." Taizo as well and said "you look nice in fundoshi."

Yuriko then recommend him to wear yukata. A summer version of Japanese kimono. That was interesting, he thought. He came over to Japan so he should try that.

Yuriko went out to shop yukata suitable to Jacques. He put on one. Yukata was like one mant cloth folding whole body from neck to feet. The cloth was tighted by obi. He knew it long before by photographs. But when he wears it, it was totally different feeling. It made him walk hard. It was like wearing skirt. But unlike western cloth, air filtering worked in such hot and humid climate. Fundoshi in fact worked best under Yukata. Cloth hanged on straps was as was so it was a underwear for kimono or yukata.
fundoshikimono.jpg

Yuriko and Jacques in yukata walked on the street. People passed on stared at them curiously. That was what they expected so they never minded. They walked along the seaside and viewed the ocean view of Sea of Japan. With the smell of ocean, it was a great view for Jacques who grew up in Montreal. He was glad to be there and hoped Taizo regain health. But he was not welcome person so after Taizo recovered, he would return to Montreal.

As the two walked on the seaside, they found so much time has passed. It was nearly dawn. They walked so much. They thought about having dinner somewhere rather coming back home to cook. Taizo could have dinner for himself by daily delivery. Yuriko phoned him and told him the two would have dinner outside. Taizo said to her "Don't worry and enjoy dinner with Jacques-san."

Jacques found a billboard of a restaurant. The billboard says "Dining Place, Bar, Nihon Danji (Japanese Traditional Man).
Jacques said to Yuriko. "Let's go inside."
"Should we?" Yuriko looked uncomfortable.
"What's wrong? I am very hungry." Yuriko unwillingly said "OK." Jacques wondered why she reacted that way. The two entered the restaurant named Nihon Danji.

Continued to Chapter 3

English novels | 15:42:21 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。