■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポジティブ・コーチングを考える小説 第8章
元近鉄バッファローズのコーチで97年NYメッツでもコーチとして活躍した立花龍司氏の著作「ポジティブ・コーチング」から発想を得た短編小説

まずは第1章から第7章をお読み下さい。

 俊秀は、今このうえなく幸せだった。アメリカに来て実によかったと思っている。あの時、あのまま日本にいたら今頃どうなっていただろうと考えるときがある。今や、アメリカ大リーグのコーチであり、美しきアメリカ人妻ジュディーの夫であり、二人の娘、四才エミリーと一才のナオミの父である。一家四人でニューヨーク郊外の白い庭付きの家に住んでいる。
 妻ジュディーとは、十五年前に知合い結婚した。ジュディーは日系アメリカ人で高校教師である。十五年前、俊秀が高校生にサッカーの指導をするため彼女の高校に来た時に知り合った。ジュディーは日本語が話せるため、俊秀はきやすく付きあえた。友人同士から、次第に結婚を約束するまでの仲になった。
 もちろんのこと、こんな人生を歩めるようになったのも、すべて三十年以上の付き合いがある無二の親友、遠藤誠、アメリカではマック・エンドー呼ばれている男のおかげである。アメリカに渡った後、遠藤は同じニューヨークの高校を卒業後、ニューヨーク市立大学に入学、その後、ボストンのハーバード大学大学院に進んだ。さすが優等生の遠藤が歩む道だった。
 今や彼は、日本人であることを捨て、アメリカ国籍を取得している。彼は、今ニューヨーク市立大学の国際関係学部で教授職に就いている。博士号も持つ優秀な学者だ。その道では、一際知られた大人物だ。国際関係学部とは、世界的な視野でみる政治、経済、文化の比較論を学ぶ学問だ。
 遠藤の性格は、三十年も経つというのに何一つ変わっていない。相変わらず、自己主張が強く、言いたい放題のことを言いまくっている。だからこそ、大学教授の地位までつけたというもの。アメリカを愛し、アメリカ人になることを選んだ。その方が彼にとってよかったのである。彼は、決して日本の社会に馴染めるタイプではなかった。俊秀は、長年アメリカで暮らし、アメリカ人の女性と結婚して永住権を手にしても、日本人である自分を忘れてはいない。だが、遠藤にとってはアメリカこそが、彼の存在を確かなものにする場所であったのだ。自分を見いだす場所を追い求めるため、日本人であることを捨て切った。
 俊秀は、遠藤のアメリカ人になった選択は正しいものだったと思っている。そこまでの決心をした遠藤を、人間として尊敬している。遠藤は、あの時、俊秀が守った長髪スタイルを今でも続けている。二人の友情は、まさに永遠のものだ。
 今日は、その遠藤が結婚をすることになった。四十代後半まで独身を貫いてきた遠藤がついに結婚である。もちろんのこと、友人として結婚式に招待されている。式はニューヨーク市内の高級ホテルで開かれる予定だ。妻のジュディーは実家の両親に子供たちを預け、すでに行っている。俊秀もこれからホテル内の教会で合流する予定だ。今朝、妻の運転するワゴン車で一緒に行くつもりだったが、仕事で急に呼び出しがかかり、やも得ず、遅れて行くことになった。用事は急であったが、すぐに処理できるものだったので、すぐに戻った。しかし、また急いで家を出なければならない。このままでは式の始まる時間に遅れそうだ。
 俊秀は、スーツ姿で身を固めると電話でタクシーを呼んだ。というのも、彼の愛車フォード・ムスタングの調子がおかしいのだ。エンジンが、途中でがたごと音を鳴らし、急にスピードが落ちてくる。今朝は、なんとか家と職場のトレーニングキャンプの間を往復できたが、これからマンハッタンの市街までを運転するのは不安でならない。金はかかるが、タクシーで行くことにした。
ピンポーン、とインターホンの音が鳴った。
 タクシーが来たなと思い、俊秀は玄関のドアを開けた。目の前に立っていたのは、およそタクシーの運転手には見えない男だった。小柄なアジア人の中年男。よく見ると、日本人ぽいが。
『はい、君がタクシードライバーかい?』
 俊秀は、英語で話しかけた。男の背後の道路を見たが、タクシーらしい車は一台も止まっていない。いつもなら黄色い大きな車がエンジン音を鳴らしたまま止まっているのだが。「中田、久しぶりだな。覚えているかい、俺だよ。山賀だ」
 突然、中田が日本人であることが分かっているかのような日本語が放たれた。小柄な中年男が発した言葉だった。
 俊秀は、一瞬どぎまぎした。いったい何のことを言っているのか。だが、しばらくして山賀という名前、そして、目の前にいる男の顔を見つめ、はっと昔の記憶がよみがえってきた。
「山賀、おまえなのか。中学校の時、一緒だった。料亭に見習い修業に行った。おう、久しぶりだな。おまえ何でここにいるんだ。アメリカには観光で来たのか。そうだ、今や一人前の板前なんだろう?」
 俊秀は、聞きたいことで一杯だった。三十年前、俊秀のアメリカ行きが急に決まり、お互い連絡をすることさえできなくなった。アメリカに着いてからも、俊秀の新しい環境に混乱続きで日本にいた山賀のことなど考える暇もなかった。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:まったり小話 - ジャンル:小説・文学

スポーツ | 21:49:40 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。