■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ヨーソロ 三笠」 最終章 坊主頭
平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。筆者の実体験に基づく奇想天外な物語。もちろん、フィクション。

まずは第1章から第14章までお読み下さい。

 源太は、はっと目を覚ました。携帯電話を片手に自分が今、目にしているのは楽隊の演奏だ。艦尾の甲板上である。そして、艦が止まっている状態、いや固定している状態であることに気付いた。そして、それは源太にとっては三ヶ月以上も前に目にした光景だったことも。
 そうだ、今は二〇〇八年五月末日の横須賀の三笠公園にいる。源太は携帯電話をポケットにしまった。手で頭を触った。髪の毛がふさふさに生えている。三ヶ月間、ずっと坊主頭だったのがふさふさで長く伸ばした状態に戻っている。着ている制服には血などは全くついていない。
 源太は、ずっと夢を見ていて、それから覚めた状態であるのに気付いた。だけど、それは立ったままで、ほんの数秒のことだ。たった数秒のことが三ヶ月以上に感じられた。不思議な感覚だ。あれは時空の旅だったのか。だけど、夢だとしても、とてもリアルな夢を見た気分だ。
 楽隊の演奏が終わり、日本海海戦記念式典は終了。一同解散となった。源太は自分の荷物を取りに甲板下の着替えをした部屋に行った。制服を脱ぎ、元着ていた服に着替えるが、パンツ一丁になった時、源太はあるものが気になった。テーブルに置かれたかつての水兵が着用していたという白い褌だ。なぜか今着ているパンツの着心地がいいものとは思えない。これの方が着心地がよさそうだ。せっかくだから着替えようと思い、パンツを脱ぎ、白褌の下着に着替えた。パンツはバッグの中へ。
褌

 ああ、この感触だ。体が覚えている。どういうことだ、まさに着なれた下着という感覚だ。
 源太は記念艦を降り公園に出た。自衛隊員勧誘のテントに向かった。多神に会うためだ。制服と水兵の帽子を返さなければならない。だが、テントに田上はいなかった。その場にいた勧誘の隊員に「多神さんはどこに?」と訊くと、
「ああ、多神さんは急に用事があって基地の方に行ってしまいましたけど」という答えが返ってきた。仕方ないので、制服と水兵帽はその隊員に渡し、源太は原子力空母配備反対運動の活動事務所へ向かうことにした。その前に、携帯で電話を入れようと思った。源太は携帯電話の電源を入れた。そして、電話をした。出た相手は、平和団体の女性だ。名前は玲奈という。彼女は、源太の彼女、友達以上に親しい関係の女性である。画家というアーチストで世界中を回って平和運動をしている活動家で、大学時代から知り合い、そんな深い関係になった。
「玲奈さん、源太だよ。これから事務所に向かおうと思っているんだけど」
「いや、もう直接、会場のヴェルニー公園に向かって。すでにみんなも向かって準備をしているから」
と玲奈の返事。
「そう、分かった。向かうよ」と源太。と、突然、通話が切れた。携帯電話の電源が切れたのだ。あれ、と源太は思った。今朝、フルに充電した状態で持って行ったはずなのに。フルに充電すれば丸二、三日はもつのだが、どうしたのだ。まあ、大したことではないと思い、源太はヴェルニー公園へと向かった。
 

続きを読む >>
スポンサーサイト
三笠 | 22:18:07 | Trackback(0) | Comments(0)
「ヨーソロ、三笠」 第13章 覚悟の乗艦
平和運動家の青年が、戦艦三笠に乗り込み、真の平和主義に目覚める。筆者の実体験に基づく奇想天外な物語。もちろん、フィクション。

まずは第1章から第12章までお読み下さい。


 艦上での朝礼の時、砲員長である多神は源太が整列の中にいたのを発見して驚いた。同時に、艦橋から水兵の列を眺めていた東堂長官も驚きを隠せなかった。
 朝礼が終わると、多神が話しかけようとしたが、士官の男が源太に近付き、長官室に行くように命じた。源太は、多神に一礼して長官室へと向かった。
 長官室で東堂は、やや怒りの表情をして、
「おはんはいったいどげんつもりでおんのか。本物の戦闘となったら、おはんなど耐えきれんぞ」
と怒鳴って言った。
「長官、陸に戻っても意味がないと思ったのです。お分かりのように、この時代には僕は何のつてもありません。長官のお知り合いの方が世話をしてくれるのでしょうけど、どうせこの時代で自分がまともに生き続けられるとは思えません。これでも二十世紀の歴史については知っています。それに僕はこの艦にいながらこの時代に来てしまいました。そして、それにそれなりの意味があるのだと思うのです。逆を返せば、元の時代に帰りたいとしたらこの艦にいなければならないと。この艦にいて一縷の望みに賭けたいのです。もしかしたらそれが神様から課せられた使命かもしれません」
 源太は緊張しながらも、自分の決意を語った。軍隊的にいえば少し身勝手な行動を取ったのかも知れない。だが、自分は特殊な立場である。
 源太の言葉を聞いて東堂の表情が緩んだ。
「ほう、おはんのいうことはもっともなように聞こえる。確かにじゃ、おはんが陸に戻っても、この時代を生き続けるのは大変じゃろ。しかし、覚悟は出来るおるのじゃな。おはんも知っておるじゃろうが、この艦にもかなりの砲弾が飛んでくる。一つ間違えば、死ぬことになる。それにこの艦にいる限り、戦闘員として訓練で習ったように敵艦に砲弾を撃ち込まなければならん。戦争は嫌だと言っとっただろう。おはんには、その覚悟ができておるか?」
「この艦に居続ける限り、どんな命令にでも従います。規律を乱すことをするつもりはありませんし死ぬことも承知済みです。お願いですからいさせてください。どんなことでもしますので」
 源太は深く頭を下げて言った。
「よかろう。ただし、この艦の軍楽隊員に課しているように負傷兵の手当や運搬、甲板の整備や消火活動を主にしてもらう。ただ分かっておるように、いざ砲員が足りなくなった時は、交代要員として砲撃をしなければならんぞ」
「はい」と源太。
「それから、これはずっとおはんが持っていなさい」と東堂は言い源太の携帯電話を差し出した。電源を切った状態だ。
「おはんはこれを使っている時に、この艦で時空を超えたのだから、これが必要になる時が来るかもしれん」
と言いながら源太に手渡した。
「ありがとうございます」
「ところでだが、この際、聞いておきたいことがある。おはんの話を聞いて思ったのだが、この戦争が終わった後に、いったい日本で何が起こった。第二次世界大戦とか言っておったな。もしかしてそれがおはんの、その平和主義といかいうのと関連があるのではないか」
 東堂のぎょろ目をした表情を見て源太は、思い切って話すことにした。話してはいけないことかもしれないが。
「この戦争の後、二つの世界大戦があり、日本はどちらにも宣戦します。一つ目はヨーロッパでの戦争に協力する形で、中国大陸でします。日本は勝った側について戦争が終わります。問題はその後です。貴方がお亡くなりになる後の話ですが、日本は中国大陸で戦争を始め、そして、ヨーロッパ諸国で起こった大戦に関わる形で世界大戦に加わります。そして、この戦争では日本は大敗するのです。多くの犠牲者を国の内外で出してしまい、それにより日本は二度と戦争をしない国となる道を歩むことになるのです」
 源太は淡々と語った。東堂は無表情に聞いていたが、しばらく沈黙の間をおいた後、
「なるほど、おはんがあんなことを言っていたのも頷ける。負けたからこそ、そんな考え方になるのじゃろう。おはんの国では、軍隊はどうなったのじゃ」
「軍隊は新しい憲法によって廃止され、代わりに自衛隊という名の自衛を目的とした軍隊を持つことになります。ただ、それは軍隊ではないので、武器は持っても戦闘はしないことになっております」
「何? 武器があるのに戦闘はしてはならぬというのか。それはおかしな話だな」
「二度と間違った戦争を起こさないためにも、軍隊としての活動は制限しようという考え方です」
「ほう、実に奇妙じゃが、それは戦争に負けると勝った国が課してくる要求じゃな。この艦は記念艦になっているということじゃが、おはんはいったいどうしてこの艦に来たのじゃ。戦争は嫌だと言っとたではないか」
「単なる偶然です。道に迷って辿り着いたのです。本当は別のところに行くはずでした」
「別のところ?」

続きを読む >>

テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

三笠 | 20:16:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。