■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
KIMONOを着よう! 第4章 芸者とはアーチスト
日本の民族衣装、着物を通して学ぶ、伝統と文化の重さ。

まずは第1章から第3章をお読み下さい。

季節は冬へと移り変わった。浅草を案内してくれないかというガイドの要望が来た。一郎は、長襦袢、長着、羽織を身につけ、足袋を履き、それに合う草履を履き、しっかりとした着物姿になった。だが、それだけだと肌寒い。襟や裾から空気が入ってくるので、洋服と違い密閉性が低いのだ。昔の人は、着物で冬を過ごしたかと思うと、辛抱強かったのではないかと思えるほどだ。

清美さんと真美さんも来る予定になっている。浅草の雷門前で午後1時に待ち合わせることに。天気は冬晴れ。
asakusa2.jpg


彼女たちは先に来ていた。驚いたのは、二人とも着物姿なのである。真美さんの着物姿に驚いた。何とかわいらしい。赤をベースにした花柄で、髪の毛も結いあげかんざしをつけている。帯も、花柄の文様で、赤い紐の草履。まるで日本人形だ。今まで見たのとは、全く違う印象を受ける。対称的に清美さんは、緑色の地をベースに、ところどころに文様があるデザイン、派手さを控えた分、上品でシックに決めた着物姿だ。中年女性らしい魅力を醸し出している。両者は対象をなす女の魅力を醸し出している。

一郎は二人の着物美人に挟まれる形で、雷門の前でゲストを待ち合わせることに。まさに両手に花。通りすがりの人々の注目の的となった。浅草寺を背景に、着物を着た男女の姿は実に絵になる。写真を撮る人までいた。

しばらくしてゲストらしい人々が。何でも、事前のメールでのやり取りだとオーストラリアから来た人々で、申し込んだのは日本の大学に留学のため2年前から東京に住んでいるニコールという女子学生。彼女の友人がスキーのため日本に来たので、スキーリゾートに行く途中、東京に立ち寄り観光を楽しもうということになったのだ。

ニコールは金髪で眼鏡をかけた真面目そうな感じがする女の子。同じ年ぐらいの男女5人を連れてきた。
「こんにちは」とニコールが上手な日本語で話しかける。
「こんにちは」と清美が日本語で返す。真美も一郎も挨拶した。他のゲストも、にこにこしながら挨拶をする。一人、背が高くすました顔をした女性だけそっけない挨拶をする。名はジョアンナという。
「私たち、とってもエキサイトしているの。それにこんなきれいな着物のガイドさんたちに連れて行ってもらえるなんてラッキーだわ」
ニコールがそう言い、ジョアンナ以外は実に楽しそうだ。
さっそく、雷門から解説。浅草寺の歴史を簡単に解説。門にぶら下がっている大提灯が重さ700キロあること、台風が来る時は畳むことなどを話す。

次に門をくぐり仲見世を渡る。相変わらず人でごったがえしている。清美さんがゲストの男性と一緒に話しこんでいた。一郎と真美は少し離れて、一行を先導するように歩いた。真美が歩きながら一郎に話しかけた。
「この着物、清美さんから貸してもらったの。清美さんが若いころに着ていたものだって。着付けも教えてもらった」
「似合っていますよ。とてもきれいですよ」
「そう、嬉しいわ。でも、生まれて初めての体験。驚くわね。動きにくいのもそうだけど、しっかり締めつけられて、背筋がピンとならないといけないから、猫背ができないの。姿勢がよくなりそう」
とにこにこと話す。初体験をとても喜んでいるようだ。
 一郎は、そのそばでオーストラリアの女性二人が英語でするおしゃべりにも耳を傾けた。ニコールとジョアンナだ。ジョアンナが不機嫌そうな口調でニコールに対して言う。
「分かっているわよね。私はスキーのために日本に来たの。明日はニセコに飛ぶのだから、あそこでオーストラリア人だけの施設でスキーバケーションをするの。日本なんて興味ないわ。クジラを殺す残酷な人々の国よ。あなたのように大学に留学してまで日本に親しもうなんて気がしれないわ」
「ジョアンナ、それでも、せっかく来たのだから、その嫌いな日本を知っておく必要もあるのじゃない。スキーだけではない日本を楽しむべきよ。高いお金を出して、長いフライトで来たのだし」
とニコール。
ニコールの言うとおりだと思った。高いお金を出して長いフライトに耐えてわざわざ日本にまで来てくれた外国の人をおもてなしするのが一郎をはじめとするガイドの使命だ。そのためにも着物を着ている。彼らに異国情緒を楽しんでもらうためだ。

宝藏門、本堂へと案内する。そして、五重塔。五重の塔と共に、世界一の高さを誇るタワー、スカイツリーも眺められるので紹介。新旧時代の塔比較ということで実に面白い眺めである。ゲストは大感動だ。ジョアンナを除いて。

asakusa1.jpg

さて、次に浅草寺の近くにある外国人向けの文化紹介施設「日本文化センター」に一行を連れていくにした。

続きを読む >>
スポンサーサイト
和装 | 20:55:33 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。