■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本昔話的小説: 雪のように白い肌の女 第6章 ゲストリスト
雪山で出会った雪女のような女と約束したこととは。

まずは第1章から第5章までお読みください。

パーティーのドレスコードとして、男はタキシードということだったが、そんなものを亮は持っていなかった。だが、さすがファッション雑誌である。在庫の中にたくさんあって、その中の一つを借りることにした。

秘書もすっかりおめかしして、地味だが、胸のはだけたイブニング・ドレスを着ている。だが、彼女はデスクでアルバムのようなものに目を通している。パーティー会場にこれから向かうというのに、忙しそうな様子だ。亮は声をかけた。
「どうしたんだい? そろそろ行く時間じゃ?」
「うーん、だけど、その前にゲストリストにしっかりと目を通していないと、何度もみているんだけど、招待客全員のことを私は覚えないといけないの。主催者の編集長のそばで、ゲストを迎えるたびに私がささやいておしえないといけないの。今回は初めて招待する客も多いし、大変。顔と名前は全部、覚えていないと」
「でも、時間だよ」
「そうね」と彼女はアルバムを閉じ、亮と一緒にエレベーターへ向かった。

エレベーターの中で、亮は「よかったら、そのゲストリスト見せてくれないかな。僕もRUNWAYの一員だし、ゲストがどんな人だか知っていないといけない」と秘書にいうと、
「いいわよ。ちょっとだけよ。私は車の中でも、見直さないといけないから」といい、亮に渡す。開くと、ゲストと思われる人々の写真が貼られ、その横に名前、経歴などの情報が書き込まれていた。亮は、さらさらとページをめくり眺めた。

1階についてエレベーターを降り、玄関ホールを抜け、待っていた車の後部座席に秘書と一緒に乗り込むと、亮はアルバムを彼女に返した。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 00:27:33 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。