■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本昔話的小説: 雪のように白い肌の女 第4章 ニューヨークへ
雪山で出会った雪女のような女と約束したこととは。

まずは第1章から第3章をお読みください。

玄関口には、身につけていたレンタルのスキー板、ブーツ、ストックが二人分置かれていた。民宿の中は静かだった。他の客は出払っている。
「すみませーん」と亮は声を上げた。しばらしくして、民宿の旦那が現れた。
「やあ、もうお帰り、お昼にもなっていないのに」と。今日はチェックアウトの日である。ただ、スキーは夕方までして、民宿にスキー用具を返して、帰途に着く予定だった。荷物は今朝、民宿のフロントに預けた。
「はあ、まあ。ただ、ちょっと訊きたいのですが。僕たちをここに連れてきた人たちがどんな人達だったか分かります?」
という亮の質問に旦那は「はあ」という反応だった。つまり、何も見ていないということが分かる。
「いえ、どうでもいいんです。これからチェックアウトします。スキー用具は玄関口に置いていますから」と亮は言って、チェックアウトの手続きをして、二人は荷物を取り、駅に向かうことにした。

 伊代は駅に向かうバスの中で亮に言った。
「私、雪崩が来てから後どうなったか、全然覚えていない。あなたもそうなんでしょう。でも、誰かが私たち二人を運んで連れてきたはずよ」
「ああ、そのはずだな。僕たちに何も言わず、きっと雪崩で意識を失った後に助け出されて、そのまま運びだされたのだろう。スキー板に民宿の名前が書いてある。それで、そこの客だと思い、運んでいってくれたのだろう」
「レスキュー隊の人かしら? だとしたら、普通、病院に連れて行くわ」
「そうだな、実に不気味だ。親切でしたのか、何か特別な理由があってしたのか」
と言い亮は考えあぐねた。特に財布などが盗られた訳でもない。何事もなかったかのように、ことが済んでしまっている。
 亮は、雪女のことを考えた。あれは夢だったのか。もし夢でないとしたら、自分たちを救い、民宿まで運んでいったのは雪女ということになる。そんなバカな。雪女など存在するのか。お伽話でしかないものの存在を真面目に信じろというのか。だが、あの雪女が言った通り、自分は助かっている。伊代もだ。
 亮は考えあぐねた。
 そして、バスが信濃大町駅に着いた時、一つの決心をした。
 バスを降りた。駅に入った。十分後に急行が発車すると時刻表示が出ている。その後には各駅の電車が来る予定だ。
 亮は伊代の顔を見つめ言った。
「伊代、大事な話がある。僕は急行列車には乗らない。君だけが乗ってくれ」
「え、どうして、何か予定があるの」
「いや、そうじゃないんだ。僕たちはここでお別れだ」
「お別れ、どういうこと? 東京まで一緒の電車に乗ってもいいでしょう」
「そういう意味じゃない。今後、会わないようにしようという意味だ。つまり、付き合いをやめようと言っているんだ」


「え、うそ、何を言っているの?」
「実をいうと、僕はそのためにこの旅行に君を誘ったんだ。君との関係を終わらせるために。僕たちは、もう一緒にいられない」
「何よ、突然。私の何が問題だというの? 一体どうしちゃったの」
「どうも、こうもないんだ。僕たちは会わない。二度と会ってはいけないんだ。互いのためにそうしようと思っている」
 伊代は呆然とした表情になった。しばらくして急行列車がプラットホームに着いた。すると、伊代はむっとした表情になり「分かったわ。さようなら」と言って切符を買い改札を抜け、急行列車に入っていった。
 亮は、その伊代の姿を見ながら、目から涙をこぼした。ぼろぼろと流れた。だが、こうするしかないと自分に言い聞かせた。

 その後、駅近くを放浪とした。時間がどれだけ経ったのか気にしないまま、たまたま目に入った喫茶店に立ち寄り、コーヒーを数杯飲んだ。そこでもぼおっとしていたが、気が付くと窓から夕焼けが見えた。
 帰ろうと決めた。駅に行き切符を買い、新宿行きの列車に乗り込んだ。

 列車が新宿駅は、夜の九時だった。駅を出たところで携帯電話が鳴った。受けると「ミスター松本ですか?」と英語で中年女性の声。「イエス、スピーキング」と返すと「こちらはニューヨークのエリアス・クラーク社のエミリー・ハサウェイです。あなたを翻訳者の紹介サイトより見つけました。あなたのプロフィールは私どもの求めている人材にぴったりあっています。是非とも、お会いできないでしょうか。ニューヨークから私は用があり東京に来ております。只今、新宿京王プラザホテルに滞在しております。明日には帰る予定です。ですので、すぐにホテルの方に来ていただけますか。身なりなど気になさらずに結構ですから」
 翻訳者紹介サイトは、亮が翻訳の仕事の依頼を一般から受けるため登録しているサイトだ。経歴、対応言語、得意分野を記入してサイトに一般公開すると、それに対応する仕事を依頼したい業者が連絡をするという方式だ。亮が仕事を獲得する手段として使っている一つだ。
 だが、実に変なタイミングだ。というか、よすぎるタイミングだ。まあ、今夜は予定がないし、ホテルは駅から
歩いて数分程度のところ。まあ、構わないだろう。
 ホテルに着くと、ロビーで茶髪のアメリカ人らしい中年女性が近付いてきた。亮のことがすぐに分かったらしい。写真はサイトに載せていないはずだが、おそらく、数分後にホテルに入ってきたというタイミングから自分 
だと分かったのだと思った。
「お待ちしておりましたわ」と女性は名刺を差し出す。エリアス・クラーク社 グローバル企画マネージャー エミリー・ハサウェイと書かれている。
「初めまして」と亮。
 二人はロビーの椅子に対面する形で座った。
「さっそくですが、私どもはあなたにニューヨークの本社に来て働いて欲しいのです」と女性は切り出した。仕事の内容とはこういうものだ。エリアス・クラーク社はニューヨークに拠点を置く大手出版社だが、業務のグローバルな展開をするため日本人の翻訳者が必要になったというのだ。日本語から英語、その逆、それ以外に、ロシア語やドイツ語から英語、また日本語などである。
 翻訳だけなら、ネットを使って東京にいながら出来るのではと訊くと、社内の機密情報を扱うこともあるため社内で仕事をしてもらう必要があり、社外へ情報を漏らさないようにするため、業務に携わる者は皆、オフィス内で仕事をするようになっているという。また、時には通訳や同行取材なども依頼することがあるという。
 だけど、なぜ自分が。確かにそれ相応の技能はあるが、自分以外にも同様の技能を持つ者はニューヨークでも探せるのではないかと訊くと、ここ最近、ずっと日本語と英語を含めた多言語翻訳のできる人材を探しているが、思ったほど、いい人材に出会えていないという。東京まで来てリクルートする必要が生じたのだという。
 そして、ハサウェイは報酬と待遇を提示した。週五日勤務で年一ヶ月ほどの有給休暇、各種保険が着き、年俸は三十万ドル、日本円で三千万円近く。
 信じられない。なぜ、たかがか翻訳者にそんな報酬を払うのだ。ハサウェイは、それほどまでに亮のような人材を切望しているからだと説明する。特にニューヨークまで来て住んでもらうのだから、そのくらいは提供しないと割に合わないと考えたという。
 しかし、よすぎる条件だ。話がうますぎるような感じもする。だが、亮はしばらく考えて決心した。
「OK。受けましょう」
 亮は思った。東京を離れてニューヨークで暮らす。これで伊代のことを忘れられるだろう。

第5章へつづく
スポンサーサイト
軽小説 | 15:51:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。