■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポジティブ・コーチングを考える小説 第4章
元近鉄バッファローズのコーチで97年NYメッツでもコーチとして活躍した立花龍司氏の著作「ポジティブ・コーチング」から発想を得た短編小説

まずは第1章から第3章をお読み下さい。


 試合結果を聞いたのは、次の日だった。K高校は、九回表の攻撃で得点を上げられず〇対一で負け、甲子園の出場権をまたしても逃した。そして、エースピッチャーが、マウンド上でぎっくり腰を起こし、バッターに子供が投げるようなゆるい球を与え得点を取られたという醜態が、負けをただの負けでなく、不名誉の負けというものにしてしまった。

 俊秀は、椎間板ヘルニアと診断された。これは、背骨の輪切り上に別れた骨と骨をつなぐ椎間板と呼ばれる支えが腰の辺りでずれを起こし、背骨の神経を圧迫、激しい痛みを起こすというものだ。腰痛といってもヘルニアに関しては俊秀ぐらいの年令でなるのも珍しいケースではないらしい。原因はいろいろと考えられる。思い荷物を持ったことや、普段の悪い姿勢。もちろんのこと、俊秀のようなスポーツ選手が、激しい運動を積み重ねた末に腰を悪くするケースもあるという。腰は体の中心だ。体にかかる負担をもっとも敏感に受けるところでもある。
 俊秀は、三週間の入院を言い渡された。その間、ずっとベッドに寝かされ、腰には、牽引器という重りをつなげたベルトを巻き付けられた。重りが、ベッドのついたてにぶらさがりベルトで巻かれた腰を引っ張り、椎間板の状態を矯正するのだ。
 その間に、一学期が終わり夏休みに入った。夏の甲子園大会も始まった。K高校を敗ったT学園は、一回戦で敗退を喫した。県ではトップの野球部だが全国レベルでは決して強いとは言えないのだ。毎年良くても二回戦止まりだ。そのことが、俊秀にとって屈辱的でならなかった。自分のチームを敗った相手が、その程度の実力だということである。負けた甲斐もないというもの。そのうえ、あんな恥ずかしい姿を露わにして負けてしまったのだ。
 退院後、俊秀には様々な試練がやってきた。まずは、野球部を辞めさせられたこと。野球選手が腰を駄目にしては全てがおしまいだからだ。全くの役立たずとしてしか見られなくなった。監督には、普段の健康管理の怠慢が、あんな恥ずかしい事態を招いたと罵られた。
 父親も俊秀に冷たく当たった。「不様な姿を大勢の人々に見せつけたおまえを息子に持って恥ずかしい」と言い放った。源太郎は、最近自分の同期の者が部長に昇格し出世を追い越された悔やみから機嫌が悪く、俊秀は、そのとばっちりを受けた形だったが、父親の言葉には深く傷ついた。
 担任の蒲田と校長は俊秀の家を訪ね告げた。これからは、野球のことは忘れ勉強に専念しなさいと。もう、特別扱いはしないのだと。まるで手の平を返したような態度を見せつけた。一緒に戦ったた部員たちは、町で顔を合わせても、話しかけず、わざと俊秀を無視した。


 二学期になった。俊秀は、憂欝な心持ちでK高校に通った。腰の痛みは、かなり体から引いていた。だが、まだしつこく残っている。下駄箱にいき、上履きにかえようとした。その時、つい手を放し下駄箱から取り外した上履きを床に落としてしまった。拾い上げようと腰を曲げる。う、体中に痛みが込み上げる。それならと、膝を曲げて体を落として床の上に転がった上履きを取ることにした。
「取ってあげるよ。元高校球児殿」
と声をかけられ、代わりに拾いあげられた上履きが俊秀に渡された。
「遠藤!」
 遠藤が、目の前で微笑んでいる。何となく小馬鹿にしたような表情で俊秀を見ている。上履きを拾い上げてくれた礼などいう必要はないと俊秀は思った。
「まったくすばらしい活躍だったようだね。もっとも、僕は試合、見に行かなかったから。残念だったな。高校野球なんて日本管理主義の象徴のような儀式じゃないか。バカ臭くて見にいく気がしなかった自分が悔やまれるよ」
「うるせえ、人をバカにしやがって」
「僕は、誉めているんだよ。こんな体面ばかり重んじるこの学校に、思いっきり泥を塗ってくれて! そろそろ似合ってきてるじゃん。この新しい髪型も」
 遠藤が言っているのは、俊秀が甲子園大会以来ずっと伸ばしてきた髪型のことだ。一か月以上もの間、伸びに伸び、頭の形が分からなくなるほどまでになって、他の生徒と何ら変わりない。
「おまえに比べりゃ、坊主と変わりないさ」
 俊秀は皮肉ぼく言ってやった。遠藤の髪の毛は、まさに長髪と呼ぶにふさわしいスタイルになっていた。髪の毛は肩より下がり、これでは女子でも校則違反の髪型だ。遠藤は、新学年に入って一度も散髪に行ってない状態だ。
 始業式が運動場で始まった。
 校長先生の挨拶から始まる。毎年、二学期の始業式の挨拶には、夏の甲子園の話題を持ち出すのだが、傷には触れないようにするためだろうか、今回は全くその話がでなかった。
 そして、始業式は一通り終わった。突然、蒲田が演壇に立ち、拡声メガホンを手に持ち生徒たちに話しかけた。
「二年、全員、運動場に残れ! 今から頭髪と服装検査を行なう」
 一年と三年は、運動場から去り二年だけになった。それぞれのクラスの担任教師が、生徒一人一人を入念にチェックしている。
 蒲田は、一人の生徒の前で立ち止まって言った。
「おまえ、髪切って来なかったな。夏休みが終わる前に切って来いと言っただろう。こんな女みたいに髪の毛伸ばしやがって。どういうつもりだ!」
 遠藤は、聞こえない振りをしてむすっと黙っている。蒲田はそれを反抗の態度と受け取った。
「今まで甘い顔してきたが、もう許さんぞ。校則というのが、どんなものか教えてやる」 蒲田は、持っていたカバンの中からあるものを取り出した。バリカンだ。電池で動くバリカンでスイッチを入れるとギーという不快な騒音がした。長い時間をかけてのばした髪をいとも簡単に削ぎ取ってしまう機械だ。
「おい、こいつを押さえろ」
と蒲田が言うと、そばにいた生徒二人が命令通り遠藤の両腕を押さえ、動けないようにした。
 ギーと鳴るバリカンが、遠藤に近付いてくる。遠藤を押さえている生徒たちは、何だか面白がっているようだった。見ている他の生徒も同じようだ。何人かの生徒が、こそこそと喋った。
「バカな奴だな。学校に刃向かったりして。こんなことになることは分かっていただろうに」
 俊秀は、遠藤の差し迫った様子を目にして思った。いい気味だ! 俺をさんざんバカにしやがって。あの気取り屋にも、少しは嫌な思いを味あわせてやらなければならない。
 さすがの遠藤も、バリカンを前に顔が引きつっていた。
「丸坊主にしてやるぞ」
 蒲田の顔は、まるで人が苦しんでいるのを楽しんでいるような表情だ。まるで、人に恥をかかせることに使命感を抱いているつもりでいるみたいだ。遠藤の表情はともかく、蒲田の表情には、気持ちの悪いものを感じる。夏休み、腰の痛みで悩んでいる中、家に来て、人を見下すように見つめた表情そのものだ。
 こいつにとって、生徒は遊び道具か。突然、怒りがこみ上がってきた。
 なぜか俊秀は蒲田と遠藤のいるところに足を動かしていた。何かが胸につまってくるような思いがそうさせた。
 遠藤の前髪にバリカンが走った。サッと、垂れ下っていた前髪の一部が地面に落ちた。遠藤の目に涙がこぼれる。
 すると突然、ガシーン、という音と共にバリカンが地面に落ちた。蒲田が地面に転がりバリカンを手に放したのだ。周囲に緊張が走った。
 俊秀が、右手に拳を作ったまま、地面に平伏す蒲田のそばに立っていた。俊秀が、蒲田を殴ったのだ。だが、俊秀は自分が何をやってしまったのか分かっていなかった。怒りで興奮して判断力を失った状態であった。

第5章へつづく。
スポンサーサイト

テーマ:下手な短編小説ですが・・・。 - ジャンル:小説・文学

スポーツ | 23:40:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。