■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ポジティブ・コーチングを考える小説 第6章
元近鉄バッファローズのコーチで97年NYメッツでもコーチとして活躍した立花龍司氏の著作「ポジティブ・コーチング」から発想を得た短編小説

まずは第1章から第5章をお読み下さい。


 遠藤医師は説明を続けた。俊秀が、日課としてやってきた兎飛び、足を真直ぐにして上体を持ち上げる腹筋運動、腰にロープを巻いてタイヤを引っ張る運動、これらは筋力増強にはあまり役に立っておらず、むしろ、無理な体勢により体の重心となる腰に余計な負担をかけることとになっていた。結果、ヘルニアを引き起こす原因ともなったのだ。
 また、毎日連続して休むことなく筋肉トレーニングをやってきたことにも問題があった。筋肉とは、ある程度休ませなければ筋力増強にはつながらないからだ。筋肉は一度運動を経験すると筋肉を構成する筋肉繊維が痛めつけられ、トレーニング前よりパワーを失うが、それが元の状態へと回復する時に以前より筋肉を構成する筋肉繊維が太くなりパワーを増強させる仕組みになっている。いわゆる「超回復」だ。適度に運動すれば、それに対応して適度に体を休ませなければいけない。ひたすら筋肉を痛めつけてしまったため、腰を中心とした体全体を支える力を弱めてしまう結果となったことが考えられる。そのうえ、試合となればエース投手の俊秀は連日登板で筋肉を使い続ける。
 俊秀は、休んでは体がなまってしまうと思い込んでいた。つらいが、筋肉を常に動かし続けなければいけないと今まで信じ込んでいた。俊秀に限らず、野球部の監督、部員、皆が信じてきたことだったのだ。兎飛び、足を真直ぐ伸ばして上体を持ち上げる腹筋、タイヤ引き、これら毎日休まずこなしてきた筋力トレーニングのメニューが、裏目に出てしまったことは悔やんでも悔やみきれない。
 さらに、俊秀の神話を覆すことを遠藤医師は話した。


俊秀が投球の速度アップのために行なってきた懸垂、腕立て伏せのトレーニングが実質的な効果を全く与えてなかったことである。現に高校入学以来、俊秀の投球速度は何ら変わっていない。遠藤医師は、ピッチャーにとって重要な肩関節周辺にあるアウターマッスルとインナーマッスルについて説明した。アウターマッスルは外側の三角筋などの筋肉である。インナーマッスルは外側のアウターマッスルに覆いかぶされた場所にある細かい筋肉郡によって構成されている筋肉だ。ピッチャーがボールを投げるときには、当然のことながら肩の筋肉が重要になってくる。その中でもピッチングで重要な役割を果たすのは、インナーマッスルなのである。
 アウターマッスルは腕立て伏せや懸垂などのウエイトトレーニングによって鍛えられるのだが、インナーマッスルの鍛え方は違う。 インナーマッスルは、軽いダンベルを持ち上げたり、チュービングと呼ばれるゴム糸に手の指をくくりつけ引っ張ったり戻したりする運動によって増強される。一見それは、軽い運動で遊びごとのように楽であるが、実際的効果は、それによって生まれる。インナーマッスル、アウターマッスル、そんな言葉さえ俊秀は初めて聞いた。
「それにもう一つ言いたいことがある。君ぐらいの年頃、十代後半ぐらいに一日六時間ものトレーニングをさせているのは問題があったね。まだ、君たちの体は未完成で成長課程にある。無理な運動は、体を壊し一生涯残る後遺症を生む可能性だってあるんだ」
 遠藤医師が言うには、日本にはアメリカのようなスポーツ医学たるものが完成されてないという。トレーニングのやり方も相変わらず、つらいことを我慢すれば強くなるという根性主義に徹している。スポーツを科学的な目で分析するという考えにまだ至ってない。
「なあ、俊秀くん。誠と一緒にアメリカに行ってくれないか。誠も君のようなすばらしい友達がついていれば心強いと思う。君は、自らを犠牲にしてまで誠を助けてくれた。誠には、この病院を継いでもらいたいという私なりの願いがあったが、彼には彼の人生がある。自分の生き方を自分なりに通せる強さを持っていることを思い知らされたよ。それもこれも、君のような友達に出会えたからだと思うんだ」
 俊秀は、誉められてかえって、変な気分であった。
「でも、俺の親父とお袋がどう言うか。それにアメリカまで行くとなると金が無いといけないですし」
「ご両親とは、ゆっくり話し合うべきだと思う。大事な息子さんを遠い国に送るんだから不安であって当然だろう。お金のことは心配しなくていい。私が、奨学金を出そう。君の将来におおいに賭けてみたい。将来大人物になれば、その時にお金は返してもらえばいい。君なら必ずなれると私は確信しているよ」
 俊秀は、遠藤医師の熱意のこもった言葉に圧倒された。
 家に帰って、そのことを両親に話した。俊秀の父、源太郎は猛反対だった。
「おまえのような駄目な奴が、アメリカまで行っても大したことはできん。失敗して日本に帰ってくるのが目に見えとるぞ」
 母さんは、涙を流して言った。
「俊秀、行かないで。母さんも、父さんも寂しくなるわ」
 俊秀は、人生の一大決心をした。

第7章へつづく。
スポンサーサイト

テーマ:誰かに伝えたくなる、話。(*´ー`) - ジャンル:小説・文学

スポーツ | 22:17:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。