■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
対決小説「御用学者vs.市民科学者」 プロローグ
2011年3月

 東北地方を強い地震が襲った。大地震のあとには、想定外の大きさの津波が襲い、広範囲に渡っての被害が報告されている。地震列島の日本では、地震は年中行事といっていい。だが、この地震はいつものとは違った。それは、地震の後に大津波が襲ったことと、その津波の直撃を受けた海岸沿いの建造物の中に原子力発電所があったことだ。

 テレビでは、どのチャンネルも、地震と津波の被害についての報道を流し続けている。地震発生から半日ほどの時間が流れ、海岸沿いの町の崩壊した建物や火災の中継映像が続々と流れている。同時に、被害状況を報告して対策を発表する所轄官庁の記者会見映像も続々流れる。その中で、経済産業省の原子力保安院の会見映像が流れた。
 内容は、現在、福島県の東日本電力浜通り原発で異常放射能が検出されたこと。地震で外部電源が切れた上に津波により非常用電源も被害を受け、現在、懸命の復旧作業に当たっているとのことであった。

 テレビは報道スタジオの映像に戻った。番組は、二人の原発に関するエキスパートを参加させている。国の原子力委員会の委員長を務めたことのある東都大学原子力工学博士の寺田惣一氏と市民の立場から原子力に関する情報を長年に渡り発信してきた男、高嶺義雄である。二人は同年齢で、東都大学出身の同期生である。かつては同じ研究室にいたことがある。
 二人の真ん中に座るキャスターは、寺田の方を向いて話した。
「寺田さん、この状況をどう分析すべきでしょうか?」
 寺田は、ほがらかな表情で言った。
「問題ないでしょう。只今、電源喪失という事態ですが、原子炉は無事に停止したわけですから問題ございません。今は冷却過程に移ったわけです。その冷却も電源が復旧すれば順調に進みます。余計な心配をされる必要はございません」
 その寺田を睨みつけるように見つめる高嶺。キャスターは高嶺の方に顔を向けて話す。
「高嶺さんは、どう見られていますか?」
 高嶺は、寺田とは正反対に、深刻な表情をして眉間に皺をよせ言う。
「テレビをご覧の皆様で浜通り原発周辺にお住みの方、いや、原発から周囲50キロ圏内にお住まいの皆さま、原発は大変危険な状態にあります。ただちにできるだけ遠くへ避難して下さい」
 その言葉にキャスターは凍りついた表情になった。キャスターだけでなく、寺田博士もである。寺田は、高嶺とh初めて出会った過去の記憶を想い起した。高嶺も寺田と初めて出会った時のことを思い出していた。それは、もう三十年以上も昔のことだ。あれからなぜ二人は別々の道を辿ることになったのか。



 続きは、様々なリサーチをした上で書かせていただきます。原発のこと、原子力政策のこと、原発事故のこと、原子力村のこと等など。みっちりリサーチしたうえで続きを書かせていただきます。
スポンサーサイト


原発 | 19:24:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。