■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第4章 六尺褌
高温多湿の日本に来てゴム・アレルギーにかかったカナダ人が体験する日本の伝統文化とは。

まずは第1章から第3章までお読み下さい。


ジャックは海水浴がしたくなった。日本の夏は暑い。ただ暑いだけではなくカナダと違い、湿気が強いのだ。だから、汗だくだくとなる。部屋でクーラーをがんがんに入れて過ごすのもいいが、スポーツが好きなジャックにとっては、家の中でじっとしているのは我慢できない。翻訳の仕事が一通り終わり、どうしても外に出たくなった。

百合子は海水浴を薦めた。ジャックにとっては海水浴は生まれて初めての体験になる。なぜなら、ジャックが住んでいたモントリオールもトロントも海はない。湖や川はあるのだが、そこで泳ぐということはあまりしない。泳ぐといえばプールだ。

海岸の町に来たのだから、海水浴も悪くないと思った。日本人にとって海水浴は、高温多湿気候のむさ苦しさから逃れるためにあるように思える。

だが、問題があった。ラテックス・アレルギーだ。海水パンツを買って着てみたが、すぐにアレルギーの症状がウエスト辺りに出てきた。これでは駄目だ。ゴムのない海水浴着はないものか。となると、? だが、下着として身につけているは、海水浴に合うとは思えない。水の中に入るとゆるゆるだ。特に長い前垂れが波にさらわれやすい。

だが、ゴムの入った今の海水パンツを着る前に日本人は、どんなものを着て海水浴をしていたのか興味を持った。それ用のがあったのではないか。ネットで調べてみると、思った通りであった。同じでも種類は違うが「六尺」といわれるもの。長い布を股と腰に巻き付けるように身につけるらしい。身につけ方は、長細い布を股の間に通して、布をねじり細いロープのようにして背中の尻の割れ目の上辺りで曲げる。そして、またねじりながら、ウェストを一周して、尻の割れ目の上当たりに戻すと、そこで交差する形に結びつける。まるで、折り紙や風呂敷包みの技を応用したような身につけ方だ。



ジャックは、呉服屋に行き、六尺が欲しいと伝えると、呉服屋の店主は、ロール上に巻かれた長い黒布を取りだし3メートルほどで切って渡した。
「今時、こんなものを身につける人はいないけどね」と店主は言った。
ジャックは、なぜ日本の褌はこんな布きれ一枚でできているのかと訊くと、店主は、それは生地が貴重品であった時代の名残であると説明してくれた。着物と同様に長方形の生地を反物からまっすぐ切り取り、その形のまま使うのが、一番無駄のない使い方とされたからだ。着物は、そんな長方形の生地を組み合わせてあのような形となってるのだ。
生地を多く使ってるようで捨てる部分が残らないようにする使い方ともいえる。
昔の人ならではの知恵ともいえるか。

ネットで見つけた六尺褌の付け方を真似、つけてみた。四苦八苦の末、何とか身につけられた。パンツのように足首から上げて履くのと違い、布を自分の体に合わせ巻き付け、体から離れないように締め込むのは実に面倒な作業だ。自分の体に密着したつけ方が分かるのに30分を要した。

着てみると、明らかに海水パンツとは感覚が違う。尻がむき出しになった状態で、股から尻の割れ目に沿うように布がぴったりと張り付く。というか、布が尻の割れ目に食い込んだ形だ。それが何とも言えない感覚を与える。まさしく「締める」という感覚だ。不快といえば不快だ。

ああ、これは相撲取りの回しに似ている。相撲取りもこんな感覚で、相撲をとっているのか。だが、この格好で水の中に入るのである。どんな感覚なのか。

ジャックは、一人海岸の人の少ない場所へ行った。歩いて数分ほどで、静かで小さな浜辺を見つけた。晴れ渡った日、誰もいないところだ。どうして、そういうところに行ったかというと、尻を丸出しの状態で人目にさらされるのを避けたいからだ。この点、下着としての褌とは違う。おまけにジャックは外人だ。好奇の目に普通以上にさらされる身である。

百合子にも見られたくなかったので、彼女がいない間に、試すつもりで誰もいない海岸にやってきた。さあ、入るぞと波打ち際に近付くと、後ろから声をかけられた。それも英語だ。日本人の話す英語だ。
「そういうものって、あなたたちにとっては野蛮なウエアなのじゃない?」
振り向くと太郎がいた。


続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

和装 | 17:14:54 | Trackback(0) | Comments(0)
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第3章 太郎
高温多湿の日本に来てゴム・アレルギーにかかったカナダ人が体験する日本の伝統文化とは。

まずは第1章第2章を読んでください。

「いらっしゃい」という威勢のいい中年親父の声が発せられた。
中は、テーブルが3台ほどとカウンターのある狭いひなびた食堂だ。カウンター越しに、店主らしい大柄で太った中年親父が立っていた。
「お久しぶり、源さん」と百合子が声をかける。どうやら知り合いのようだ。
「おお、百合ちゃん、本当に久しぶりだ。何年ぶりだろうね、で、その人が、噂で聞いていたカナダ人の旦那さんかい」
「ええ、ジャックっていうの」
ジャックは、その源さんという人に、にっこりと微笑み「はじめまして、ジャックです」と挨拶した。
「ほう、さすが、百合ちゃんが選ぶだけあって、いい男だね」
百合子は、少し照れた顔をする。
「さあ、座って、百合ちゃんの旦那さん、ジャックさんも。今晩は、俺がおごるよ。丁度、いい魚が手に入ったんだ。百合ちゃんとの再会とジャックさんといういい旦那さんのお披露目を記念してご馳走してやるよ」
なーんだ、町の人はいい人じゃないか、とジャックは思った。百合子が言っていたほど、よそ者を嫌うというタイプではなさそうだ。ちゃんと接してみれば、打ち解けて貰えそうだ。
ジャックと百合子が席に座ると、源は酒の瓶とグラスのコップをテーブルに持っていき、酒をついでくれた。
「ねえ、太郎君はどうしてるの? 聞いたところによると、彼はイギリスに行ったとか」と百合子。
太郎? 初めて聞く名前だとジャックは、はっとした。誰だ?
「それがな、あいつ駄目な野郎で、結局、日本に舞い戻って来てしまっんだ。百合ちゃんのまねして留学しようと無理しちゃってよ。だが、あいつに外国暮らしなんてできっこなかったんだよ」
「じゃあ、ここに戻ってきているってこと」
そう言う百合子の口調と表情を見ると、何だかいわくがありそうだ。
「ああ、百合ちゃんが戻ってきたことも知ってるよ。だけどな、あいつ、恥ずかしくて会いたくないそうなんだ。何たって、百合ちゃんが、こんないい旦那を連れて帰ってきたんだもんな。会わす顔がねえよな」
その時、ガラーと戸が開く音がした。
「はら、噂をすればだ」と源が言った。
「太郎君、お久しぶり」と百合子が声をかけた。目の前には、百合子と同じ歳ぐらいの若い青年が立っている。いかにも地元の若者という感じのあどけない顔付きの男だ。その顔は源という男にそっくりだ。つまりは息子ということか。背は百合子と同じぐらいで低い方だ。だが、体格はがっしりとしている。
「久しぶり、百合子ちゃん」と太郎は返す。いかにも親しそうだ。太郎はジャックを見つめ、
「この人が百合子ちゃんの旦那さん」
「ええ、そうよ。ジャックというの」
太郎はかたい表情で見つめる。ジャックは、にっこりして「はじめまして」と一言。本来なら「お噂はかねがね」と言いたいところだが、全くの初耳の人物だ。なぜ、百合子は、この男のことを今まで話してくれなかったのか。その理由は、この男の表情と、この後に取る行動で読めた。


続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

和装 | 17:00:40 | Trackback(0) | Comments(0)
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第2章 褌と浴衣
高温多湿の日本に来てゴム・アレルギーにかかったカナダ人が体験する日本の伝統文化とは。

まずは第1章をお読み下さい。

身につけ方は実に簡単であった。白くて長い布きれを垂らすように紐が上両端に通っている。紐をへその下で結び、尻から垂れた布をまくり上げ、結んだところまで引き寄せ、紐の下をくぐらせ、それを、また紐の上に垂らした状態にする。だらりと長い布が股間の間に垂れた状態になる。
褌


なんでも、日本では、医療用に入院患者が長時間ベッドで寝そべる時、快適になるように身につけさせているという。だが、ガイジンのジャックにとっては、全くの未知の体験だ。

試しにつけてみたものの、なんとも不思議な下着だ。ゴムではなく、紐で腰を締め付けられる感覚。それは、ブリーフでもトランクスでも味わえない感覚だ。鏡で自分が褌を身につけた姿を見ると、びっくりであった。これは、カナダでは先住民が身につけているものに似ている。

ブリーフのようで、トランクスでもあり、どちらでもない機能がある。つまり、ブリーフのように大事なものを包み込むが、同時にトランクスのように隙間があるので、通気性がいい。高温多湿な日本ならではの下着なのだと思った。

百合子は、ジャックの褌姿をみて、大いに喜んだ。「とってもセクシーよ」と。泰蔵も、「おう、褌かい、にあっちょるぞ」と言ってくれた。だが、泰蔵は、こんな褌は着たことがないという。ジャックは、それを知って驚いた。なんでも、泰蔵の父親、百合子の祖父の世代以前なら普通に着ていたが、泰蔵の子供の頃から日本の下着の主流は、ブリーフかトランクスになっているという。つまりは、日本人が着物を着なくなったのと同様に、下着も洋服に合わせて変わったということだ。確かにそうだ。ズボンを上から履くと、褌には困ったことがある。それは、小便をするためチャックを開けて、一物を取り出そうとする時、布が邪魔してやりにくいのだ。長い布が、チャックの前でくるまってしまう。

「ねえ、だったら浴衣を着ない?」と百合子が薦めた。

続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

和装 | 20:54:03 | Trackback(0) | Comments(0)
アレルギー小説「日本男児をやめられない」 第1章 ラテックス・アレルギー
アレルギーといったら何でしょう。分かりやすくいうと、体に外部の物質が入った時に、拒否反応を示す現象です。医学的にいうと免疫反応といわれています。

体には常に外部からの物質が入り込んでいますが、ある限度を超えると、身体が受けつけなくなり、そのシグナルとして、様々な苦痛を伴う現象が、襲ってくるのです。

「アレルゲン」と呼ばれる外部物質は、食べたり、体に身につけたり、空気と共に吸い込んだりするなどして、入ってきて、免疫反応を引き起こします。また、電磁波のような物質ではないものが、体に過敏な反応を起こすこともあります。

これから、お届けする軽小説集は、アレルギーをテーマにしています。日常に潜むアレルゲンによって、思わぬ生活や状況を強いられ、その経験を通して変化していく人々が主人公です。

さて、まずは、着るものが原因のアレルギーから、不思議な体験をする男が主人公です。軽小説スタイルで。





ジャック・シャルボノは、カナダはケベック州モントリオール生まれのモントリオール育ちのカナダ人男性である。そして、この地方に多くいるといわれるフランス系カナダ人、英語でフレンチ・カナディアンといわれる人々の一員であった。

幼い頃から、家庭ではフランス語を話した。両親と親戚は、皆、フレンチ・カナディアンだったからだ。だが、学校では英語を話した。友人には、英語を母国語とするイギリス系のカナダ人とフランス語を母国語とするフレンチ・カナディアンが半々であった。

したがって、彼にとっての母国語は、英語とフランス語なのである。いわゆるバイリンガルであったが、隣のオンタリオ州のトロント大学に入ってからは、さらに一言語が加わり三カ国語を話せるトリンガルとなった。その言語とは、ジャパニーズ、日本語である。

きっかけは、大学時代、知り合い恋に落ちた日本人女性の留学生、渡部百合子に出会ってからだ。彼女は、もちろん英語が話せたが、彼女と彼女の母国語で直接話しができるようになりたいという想いから、日本語を専攻科目として学ぶことにした。百合子の助けも借り、日本語をどんどんマスターしていき、ついには百合子にさえ「日本人以上に日本語が話せる」と言われるほど上達し、大学の日本語学科を主席で卒業。卒業後は、英語、フランス語、日本語の間の翻訳と通訳をトロントで行うことにした。そして、百合子は、大事な仕事のパートナーとなり、ついには、プライベートでもパートナーとなることになった。

結婚に際しては、百合子の父親の泰蔵が、飛行機で来て結婚を承諾し、こじんまりとした教会での少人数の結婚式に出席してくれた。百合子の母親は数年前に亡くなっており、泰蔵は一人っ子であった百合子にとっての唯一の肉親である。

百合子の故郷を訪ねようと思ったが、仕事が忙しいことと、飛行機恐怖症だったジャックは、日本を訪ねることはなかった。妻の故郷を訪ねたことがないなんて情けない。飛行機恐怖症ぐらい克服して日本に行くべきだと思っていた。何せ、せっかく日本語が話せるのに、妻か、カナダに住むその他の日本人相手にしか使ったことがないとは情けないと思った。

だが不思議なことに、妻の百合子がジャックに日本行きを薦めなかった。というのは、百合子の地元は日本の中でも、保守的な土地柄で、外国人で白人のジャックを地元の人々は歓迎しないだろうと言うのだ。自分がカナダ人と結婚したことを町の人がよく思っていないという知らせを父や地元の友人から電話や手紙で聞いたという。歓迎されない上、漁業が主要産業の田舎町だし訪ねたところで退屈だろうと語った。百合子自身、そんな土地柄を嫌って、カナダに留学、大学卒業後、移住を決意したほどだという。

まあ、それなら仕方ないと思っていたが、結婚三年後、突然、夫婦で日本を訪ねなければいけない事態になった。それは、百合子の父親が、体調を崩し入院、退院したものの仕事を休み静養するようになったという。近所のおばさんが、時折、様子を見に行ったりするのだが、やはり六十近くで、一人暮らしの身の上というのが影響して心が沈んでいる感じだから、一人娘の百合子が一緒にいてやって、元気になるようにしてやれないかと連絡が入った。

さすがの百合子も心配でならなくなり、それならば、ジャックも一緒に行こうという決心をした。翻訳の仕事は、日本に移ってからでも、インターネットに接続する環境さえあれば十分続けられるし、調べたところ、田舎町だが、その点は問題ないとのことだ。

ジャックは、十数時間のフライトを必死に耐え何とか日本は関西国際空港に辿り着いた。空港から、電車を乗り継ぎ、百合子の地元、あわい町に着いた。中国地方の日本海に面した海岸の漁師町だ。百合子の家は、漁港近くで、窓から広々とした日本海が眺められた。泰蔵は、久しぶりに百合子とジャックに出会えたことで、機嫌良く二人を迎えてくれた。
泰蔵は地元の漁師である。

とりあえずは、百合子が昔から使っていた部屋を割り当てられた。さっそく家族で水入らずという感じで、付き合うことにしたが、泰蔵がかなり弱っていることは、ジャックから見てもよく分かった。トロントでの結婚式の時に顔を合わした頃より、ずっと痩せて顔に精気がない。百合子と背丈は同じぐらいで小柄なのだが、それがもっと小さく見えた。歳は五十八歳、まだ現役引退には早いという。なので、元気を取り戻したら、是非とも、漁師に復帰したいというのだが、もっとそのためには静養しなければならないし、元気づけなければいけない。ジャックは義理とはいえ息子として、どうしたらいいのか思索した。何とか力になれないか。ジャックは泰蔵のことを「お父さん」と百合子同様に呼んで接した。

この町に着いてから一週間が過ぎた。予想していたことが起こっていた。それは、ジャックが「外人」とひそひそ呼ばれることであった。ひそひそとジャックのことを話しているのに、ジャックと顔を合わしても、積極的に挨拶をする者がいない。皆、よそよそしく礼をするくらいだ。彼らが何を話しているのか、聞いてみるのだが、彼らの言葉は同じ日本語でも、ジャックが大学時代から学んできたものとは随分違う、この地方特有の訛りと方言が混じっていて理解するのが難しい。分からない言葉があると百合子にいろいろと聞いてみて、徐々に理解するようにした。しかし、言葉が理解できても、保守的で閉鎖的な町のコミュニティに入るのは、ことさら難しい。ましてや自分は、背の高い白人のカナダ人だ。時には見た途端、驚いて遠ざかる輩にも出くわす。明らかによそ者、それも、ガイジンとして差別されている。

そして、ここに来て、もう一つ困ったことを体感することになった。それは来た時期が悪かったせいだともいえる。



続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

和装 | 17:02:37 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。