■プロフィール

海形将志

Author:海形将志
40代、独身、東京在住。仕事は翻訳業。米留学経験有り。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本昔話的小説: 雪のように白い肌の女 第2章 プロポーズ大作戦
雪山で出会った雪女のような女と約束したこととは。

まずは第1章をお読みください。

「ここから何分ぐらいで着くの?」と伊代がきく。亮は「去年は44分と30秒だったかな。順調にいけば、そのくらいさ」
「随分、正確に覚えているのね。いつものことだけど」と伊代。亮は、ははと笑った。
この日、駅前からスキー場に着くまでの時間は、昨年に比べ長めで45分と35秒だった。バスを降りると、そこは駅前と比べ、はるかに多い量の雪が積もった場所だった。この日は、空がどんより曇っている。晴れていれば鹿島槍ヶ岳の絶景を目の当たりにできるのだが、この日は駄目らしい。スキー場の玄関には「本日、火祭り開催」と幟が立ててあった。
だが、これから、最初に行くのはスキー場ではない。近くで予約を取った民宿である。亮が毎年、使っているところで名前は囲炉裏荘という。藁ぶき屋根の古民家風の建物で、玄関口のそばに客が集まれる囲炉裏のある土間と畳部屋があるのが特徴だ。
中に入る。「すみません、2名で予約していた松本です」と亮が声をかける。すぐに、頭の禿げた初老の旦那が現われ「どうも、お待ちしておりました」と挨拶した。
二人は、和室に案内された。こぎれいな六畳部屋にテーブルと腰かけが二つ。テレビが一台置いてあった。とはいえ、荷物を置いてすぐにゲレンデに出発である。ただ、伊代は民宿からスキーウエア、ゴーグル、ヘルメット、スキー板、ブーツ、ストックを借りることになっている。事前に身長、靴のサイズなどは伝えていたので、すでに用意されていた。亮は、自分のスキーセットを持ってきている。
伊代が準備ができて、さっそく、ゲレンデへ。
「うああ、歩きにくい」と不満げな口調。生まれて初めてのスキーだから無理もない。
ゲレンデで二人分、二日分のリフト券を買った。
まずは初級者コースのリフトに乗り、降りてゲレンデに向かうと伊代の滑りの練習を始めた。
伊代は、何度もこけながらも、1時間もすると滑られるようになった。フリーの記者として飛び回っており体力は抜群にある。沖縄で高校生をやっていた時までは、サーフィンやマラソンで体を鍛えていたので運動神経はいい方である。
だが、長年、スキーを毎年のように滑っている亮と比較するとまだまだである。亮の滑りについていくのは大変で、亮は伊代に合わせるため滑りのレベルを落とした。このスキー旅行は伊代のためにあるのだ。亮は伊代と一緒に滑られることを何よりも幸福だと思った。
そうだ、そして今夜は、そのことにけりをつけるのだ。今夜の火祭りで、プロポーズをするのだ。思いっきりロマンチックなムードの中で。そのために来たのだから。

日が暮れ、夕食時が済み、当たりが真っ暗となり、ゲレンデで火祭りが始まった。昼まで滑っていたスキー及びボードの客は、板を外し、ゲレンデで始まるイベントの見学者となった。照明を落とし真っ暗になったゲレンデに突如として現われたのは、松明の光の列である。松明を持ったスキーヤーやボーダーが、ゆっくりとくカーブを描きながら降りてくる。まるで火のシュプールを描いているようだ。
「すてきね。きれいだわ」と伊代。
これから、大きな藁を束ねてつくった柱を燃やし、キャンプファイアのように天高く火を吹き上げながら燃やすイベント、そして、打ち上げ花火もとりおこなわれる。
亮は、伊代の嬉しそうな表情を見ながら、いつ結婚について言いだそうかタイミングを見極めようとしていた。一番、ロマンチックなムードになった時が狙い目だ。ところが、その夜、タイミングをつかめなかった。というのは、客が多く話し声がうるさく、そのうえ、イベントを盛り立てるためか、BGMもとても大きな音量だったため
二人だけの会話をまともにできるような状態ではなかったのだ。大声を叫ばなければ何を言っているか分からない。まるでクラブにいるような状態だった。昨年まで亮が参加した火祭りは、もっと静かだったのだが、今回は、どうも騒がしくなるようなスタイルに変更したらしい。それはそれで楽しかったのだが、プロポーズをするのには空振りだった。

火祭りは終わり、二人は民宿へと戻った。

続きを読む >>

テーマ:自作連載小説(SF,ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 16:07:38 | Trackback(0) | Comments(0)
日本昔話的小説: 雪のように白い肌の女 第1章 スキー旅行
これからお届けするのは、私がスキーをするために行った長野県信濃大町駅から、帰る列車の中で旅行を振り返りながら考え付いた小説です。軽小説スタイルでお届けいたします。

松本亮は、久々の休暇となり、とてもリラックスした気分であった。亮は、フリーランスの翻訳者だ。主に技術系の翻訳を請け負っている。言語は英語が主だが、ドイツ語、フランス語、ロシア語もできる。数年前までは翻訳会社に勤務していたものの、自分で仕事を直接請け負い、直接報酬を受け、自由に時間の使えるフリーの立場で仕事をした方が、より高い報酬が得られ、マイペースな過ごし方ができると考えたからだ。翻訳は亮にはもってこいの技能であった。元から外国映画が好きだったことから、語学に親しめ、学生時代、何度か語学留学もした。それ以外に語学にとって都合のいいある特殊な能力が亮にはあった。そのことは亮だけの秘密であるが。

歳は31。東京の新宿のオフィスを兼ねた自宅に住んでいる。独り身であるが、それが仕事と同様に何よりも自由できままなスタイルであると考えていた。ところが、最近、その考え方を変える出来事があった。ある女性に出会ったことからだ。名前は伊代という。歳は31歳。同い年なのに小柄で幼顔なため、子供っぽい感じを受けるが、それでもフリーの記者として活躍している。1年前、取材原稿の翻訳を依頼されたことがきっかけで知り合った。

プライベートでつきあい始め、伊代の見かけによらない気丈さを知り、次第に惹かれていった。彼女も自分に惹かれていっている感じがした。もっとも、亮は奥手で、昨今言われる草食系男子の典型だ。彼女との付き合いは、男女の付き合いであるとはいえ、言葉を交わす程度がほとんどだ。まだ、手をつないだことさえない。

それでも、亮は自覚している。伊代が好きだ。そして、彼女に結婚を申し込みたい。そのことを前提に、これからつきあっていきたいと彼女に伝えたい。今や、そんな時期が来たと考え、思い切って彼女を旅行に誘うことにした。今まで、何度もデートをしたことはあるが、泊の旅行は初めてだ。なので、断られないか心配であったが、彼女は誘われたことをとても喜んだ。

旅行先は、亮が冬になったら必ずスキーに行く長野県は鹿島槍スキー場だ。信州大町にあり、スキー場からは日本百名山の一つに数えられる鹿島槍ヶ岳が眺められる。けっして大きなスキー場ではないが、コースがバリエーションに富み、数日ぐらいスキーを楽しめる場所だ。

伊代にとってスキーは生まれて初めての体験だという。彼女は南国の沖縄出身で、東京に移り住んだのは高校を卒業してフリーの記者になり福岡や大阪など西日本を転々とした後、数年前からだ。中学生の頃から、スキーを始めた亮と違い雪国というのには全く馴染みがない。特に寒いところは苦手だという。

そんな彼女でも、スキー旅行を承知してくれた。亮と一緒に旅行にいけることをそれほどまでに喜んでくれているという意味ではないかと思った。

二人は、新宿から特急あずさに乗り、信州大町駅まで行った。そこから、バスで45分ほどのところに鹿島槍スキー場がある。シーズンの度に必ず行く。他にも新潟県のかぐら、岩手県の雫石、群馬県の丸沼、北海道のニセコなどに行くが、ここは毎シーズン、必ず逃さず行くところ。初めて、中学生の時、家族旅行で行って以来、毎冬、訪れている。なぜだか逃さずいくところだ。

列車の旅は3時間に及んだ。朝7時からなので、乗り込むと眠りこけてしまった。というのも、前日まで1週間、連続で緊張しっぱなしの日々だったからだ。というのも、1週間前、とある独立行政法人の職員が亮の住まい兼オフィスを訪ね、とても高額な報酬を提示して仕事を依頼してきた。とても難解な技術文書、それも大量で通常なら1カ月を要する量の文書の翻訳を亮に依頼してきた。言語は英語、ドイツ語、フランス語だ。亮は、これでも通常の数倍のスピードで翻訳ができる男だ。それを売り物に、数多くの企業や政府機関から短期の大量注文をこなしてきた。

だが、今回受けたものは、これまでに比べ、かなり難度が高く、分量も1週間という期間では間に合わないほどであった。断るべきかと思ったが、とてもつもなく高額な報酬である。即金で払うという。1週間で1年間遊んで暮らせるほどの報酬がゲットできるとあれば断る理由がない。ただ、機密性の高い内容であるので、依頼する法人の事務所でするよう命じられた。場所は同じ新宿にあるので承知した。そんなことは珍しいことではない。仕事は警備員が外に常時張り付くオフィスビルの一室であった。朝から夜遅くまで缶詰状態である。休憩さえろくに取れない。それほどまでに難解で量が多く、期限切れを迫られる作業なのだ。

だが、何とかこなし終えた。終わって無事、納品したが、もちろんのこと、内容は一切、外部に漏らさないこと。これは、どんな依頼人に対しても当たり前のポリシー。

何であれ、仕事を終え大金を得た。次の仕事も控えているが、それを始めるまで数日ほどの休みが取れる。なので、伊代を誘い旅に出ることにしたのだ。彼女にプロポーズするための。

「ねえ、着いたわよ」という伊代の声に起こされた。

続きを読む >>

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 13:45:20 | Trackback(0) | Comments(0)
軽小説とは
この小説ブログに「軽小説」というカテゴリーがありますが、軽小説とはどのようなものをそういうのでしょう。普通の小説とはどう違うのでしょうか。

読んでいただくと分かるのですが、その名の通り文体が軽快になっており、中学生ぐらいでもすらすら読めるようになっています。だが、その分、普通の小説と比べ、描写が濃密さに欠け、詳細な情報は割愛するので、物足りない感じをうけます。もちろん、短編が主です。シンプルなのでそうなってしまいます。

その他、特徴を分かりやすく箇条書きすると、

(1)現実性に欠ける物語の設定。名前、地名がシンプルで、人物像や舞台となる場所が空想の世界らしくあやふやになっている。言い方をかえると、漫画チック。

(2)即興で書き始めることが多いため、リサーチが綿密でない。テレビやネットで拾い上げたり、そこいらで聞いた程度の知識をまとめた程度の説明しかない。後で調べると間違っていることも。

(3)ストーリー展開が強引で説得力がないかも。すぐに状況が変化し、すぐに物語が展開する。

(4)地文より、登場人物の会話が中心的。

速い話、感覚的に書いたものだから、ある意味、詩を書いたりするのと似たような感覚。感受性が物語をつくる素になっています。

ただ、いい点は、普段、分厚く文字の多い本を読むのが苦手な人にとっては読みやすく、また、そうでない人でも携帯電話で小説を読みたい、それも短時間で読んで楽しみたい人にはもってこいかもしれません。

ですので、このブログ内の軽小説は、そんな気分で読んで下さい。

軽小説 | 16:38:01 | Trackback(0) | Comments(0)
社会教訓小説2: ふれあい商店街 最終章 取り戻すべき失われしもの
失われた地域コミュニティが問いかけるものとは。

まずは第1章から第6章をお読み下さい。

地域コミュニティに貢献することを信条にかかげた個人商店主のみが販売されることが許されるプライベート・ブランド「ふれあい商店街」の発売日となった。そして、それは昭和商店街で最初のお披露目となった。同時に商店街も「昭和ふれあい商店街」と改名された。NPO「ふれあい商店街」もここに拠点を置く。地元の人々はもちろんのこと、メディアの取材も多数訪れ大盛況だった。

価格は、大手のスーパーなどに比べ割高であるが、安心と安全、そして、地域に密着した存在であるアットホームをキャッチフレーズに、多くの人々が興味を示している。この昭和ふれあい商店街だけでなく、全国に展開する予定もしっかり立てている。

安くて品ぞろえが豊富であればいいという考えでは駄目だということに多くの消費者が気付き始めた。特にウォーリーマートの商品の様々なスキャンダルは、多くの消費者に衝撃を与えた。利益を追求するあまり、まがいものばかりが売られていたということだ。顔のない生産者の商品を顔のない販売者が売る。消費者は、生産者と販売者にとっては顔のない存在。互いに気にかけない者同士だ。その結果が、商品の安全性に対しての関心さえも薄めてしまった。

気がつくと、信用できる商品も販売者も存在しなくなってしまった気がする。町には、誰とも知らない人々ばかりが集い、味気ない空間になっている。それがチェーン店やフランチャイズ店の進出により、全国に広がったのだ。

ならば、かつてあった人々が何気なくふれあえる商店街をとり戻そうではないか。だけど、ただのセンチメンタリズムに浸っては駄目だ。大手チェーンにはつくれない付加価値がなければ、取り戻すことなどできない。それが、プライベート・ブランドだ。相手に対抗する手段として、相手が使う技を逆手に利用したのだ。だが、こちらは彼らとは違う目的で使う。彼らとははっきりとした違いを見せるための目的だ。

真知子は、商店街の通りで人々に声をかけたり、パンフレットを配ったりとある種のキャンペーン・ガールに扮した。反応は上々だ。商品もどんどん売れている。これをただのブームに終わらせてはいけないと思った。この商店街も、一つ間違えば、あの岡村屋のように、と思うと見を引き締めないとと思った。とりあえず、一難は去った感じだ。予定されていたウォーリーマートの新店舗建設が中止になってほっとした。数ヶ月前の自分なら、全く逆の立場だった。それもこれも、あの岡村屋の話を聞いたからだ。あんな悲劇を起こしてまで、利益を追求しなければいけないものだろうか。ほんの些細な目先の利益を。

気がつけば、手にした利益以上の損失を被ることにもなるというのに。

真知子は、一休みをするため、事務所に戻った。座って冷たいお茶を飲みながらテレビでお昼のニュースを見た。それは、真知子にとってはかつての大ボス岡村社長の辞任会見であった。就任して数か月であったが、責任は逃れられないと判断したためだという。会見で岡村が自らの辞任について話を始めた。生中継だ。

続きを読む >>

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 15:06:22 | Trackback(0) | Comments(0)
社会教訓小説2: ふれあい商店街 第6章 パパママ・ストア・ブランド
失われた地域コミュニティが問いかけるものとは。

まずは第1章から第5章をお読み下さい。

集会の後、真知子は、町内会の役員の方々、フィールドマンと話し合い、自らのプランを説明、フィールドマンから、それを元にした助言も受け、対抗プランを構築していった。

その翌日、真知子は会社に辞表を提出した。プランの実行に専念するためだ。そして、真知子は、そのプランを実行に移すため、元同僚にコンタクトを取った。商品開発部の元生産発注担当であった成瀬氏である。

成瀬氏は、真知子より十以上年上の男であり、体育会系のがっちりとしたタイプの人だった。企画された商品の生産委託先を選定し、価格の交渉を任されていた。利益を上げるためには、生産コストはできるだけ下げなければならない。委託先の工場にかけ合い、最低限まで受注価格を引き下げるように迫るのはかなりの重圧で、時に委託先業者と利益率を気にする上層部との間で板挟みになることもしばしばだった。ついには、重圧に耐えきれず転職をすることになった。今は、サラリーマンを辞め、自営でビジネスコンサルタント会社を運営している。

成瀬は真知子の退職を聞いて驚いた。その理由も話した。
「なるほどね。まあ、そんなものだろう。大手チェーンといえば、そういう仕組みなんだ。君も僕も、そんな仕組みの中に取り込まれていたというわけさ。だけど、どうして、僕に会いに来たのだ?」
「成瀬さんが必要なの。退職後の新しい事業展開で。骨格はできていて、関わる人たちからの合意はとりつけているわ。問題は、実行におけるサポートが欲しいの」
「新しい事業って?」
「商店街などの個人商店のためのプライベート・ブランドをつくるの。生産された商品は、大手チェーンではなく、個人で経営する零細な店のみに流通させる仕組みよ」
「え、そんなバカな。そんなこと出来っこない。したとしてもコストで大手にはかなわないぞ」
「コストで勝負するなんて考えていないわ。価格は高くてもかまわないの。売りは、安心、安全、アットホームよ」
「なんだ、そりゃあ?」と成瀬は驚く。
真知子は、内容を詳しく説明した。

続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

軽小説 | 18:06:21 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。